スペイン巡礼ルート「イギリス人の道」は楽しい?率直な感想やアドバイスは?

スポンサーリンク

この記事では、スペイン巡礼のイギリス人の道を実際に歩いた日本人女性のケースを紹介します。

 

フランス在住のヒロミさんは、スペイン巡礼を検討中に当ブログで紹介したイギリス人の道を知り、巡礼に必要な持ち物について問い合わせを送ってくれました。

 

イギリス人の道を無事終了した彼女に、「初めてのスペイン巡礼の準備やカミーノを歩いて感じた事を教えて欲しい」とお願いすると、快く引き受けて下さったのでインタビュー形式で内容を共有いたします。

 

いつかカミーノを歩きたい、イギリス人の道に興味があるという方は是非参考にして下さい!

スポンサーリンク

カミーノを歩こうと思った理由は?

四国出身の知合いからお遍路さんの話を聞き、昔から巡礼に興味がありました。

 

その後、病気を経験して私自身の人生観が変わったのも影響していると思います。

 

仕事が理由で2週間以上の巡礼は難しいけど、短いカミーノを歩き切って体力的に自信をつけたい気持ちがありました。

 

カミーノの準備は大変?

ルートの選択、出発点までの交通手段、道具、体力的な準備と巡礼前の準備もそれなりに必要なんだと感じました。

 

準備が大変というより、準備のために知るべきテーマが色々あります。

 

日々、準備のために動く時の自分の気持ちを日記のように残せるのでカミーノはブログにしやすい材料だなとも思いました。

 

短期間の巡礼で使った持ち物は?

初めての巡礼だったので、一から揃えました。

 

ブログで紹介していたデカトロンへ行ったら、靴に関して店員さんが物凄く丁寧に対応してくれました。

 

実際に使ってみて「本当にこれ便利・必要!」と思ったのは、耳栓とビーチサンダルでした。

 

いびきのうるさい人がいて眠れなかった仲間が結構いたのですが、耳栓を持っていた私は大丈夫でしたし、

 

日中歩いた足を開放したり、履いたままアルベルゲのシャワーが浴びれるビーチサンダルは本当に活躍しました。

逆にあまり使わなかったのものは?

私はサングラスは使いませんでしたが、春や夏の日差しが強い日は必要だろうなと思います。

 

寝袋は、お店でいいものを買おうとするとどうしても重さが1~1.5㎏の物になります。

 

時期や場所によって暖房機能の優れた寝袋が必要だと思いますが、10月中旬にガリシアでカミーノを歩いた経験では

 

薄手の寝袋でちょっと寒いなと思った時にフリースを着増して寝て全く問題ありませんでした。

 

寝袋は必要だけど、かさばらないよう小さくて軽いものを選ぶのがいいかなというのが私の感想です。

 

足のケアは?

ブログの記事にも書いてありましたが、足のケアは大事だと実感しました。

 

アルベルゲで足のテーピングをしている子の靴下をみたら、普段はく靴下を使っていました。

 

靴下も登山用のものを用意したり、ワセリンを足に塗って事前にケアするのも重要だと思います。

 

次は準備編に続いて、イギリス人の道:実践編についても聞いてみました。

 

コルーニャ市の印象は?

世界遺産のヘラクレスの塔以外にも見所があり、旧市街の感じもよかったので2泊ぐらいしてゆっくり見たいなと思いました。

 

巡礼を始める前に、ヘラクレスの塔から半島の海岸沿い遊歩道をぐるっと回りました。

 

マリーナ大通りのガレリアスはやっぱり素敵でした。

 

コルーニャ市内の道案内はわかりやすい?

ブログの記事を見て歩いたので、そんなに迷うことはなかったですが、マネロス通りに入る辺りなど戸惑うポイントはありました。

 

地元の人も助けてくれましたが、あの情報がなかったらひどい時間ロスをしていたと思います。

 

標識が少ないのでたまに出てくると『この道で正しいよ。そのまま進め!』とすごい励まされている感じがしました。

 

ブログに書いてあったように、サンティアゴ教会を過ぎてから標識の状況が改善されている印象を受けました。

 

フェロールから歩いてきた他の巡礼者とも、市街地(コルーニャとフェロール)の標識が難しい点で意見が一致しました。

 

彼らはカミーノの標識をリスペクトしたくても、最終的に次の村へ行く道を自分たちで歩いたようです。

 

Sergude(セルグデ)にある公共のアルベルゲで働く男性と夜にバルで一緒に話たのですが、

 

イギリス人の道はやっぱり迷子になる人が多いと教えてくれました。

 

『カミーノのアプリもあるけど、イギリス人の道までフォローしてないんじゃないかな?』というのが彼の意見でした。

 

スポンサーリンク

巡礼中の食事で印象に残ったことは?

フランスの感覚でクロワッサンを注文したら、砂糖でコーティングされていて食べた瞬間に甘くてビックリしました。(笑)

 

Sigüeiro(シグエイロ)で地元の人に教えてもらったレストランEl Cortes(エル・コルテス)が一番美味しかったです。

 

到着した日の昼食・夕食と翌朝の朝食と3食同じ場所でとりました。

 

トリップアドバイザーで後から調べたら評価も良かったです。

 

アルベルゲからもすぐの場所なので、イギリス人の道を歩く方は是非ここへ行ってみて下さい!

 

今回のカミーノで他の巡礼者との交流は?

(Hospital de Brumaのアルベルゲ)

 

実は、初日に泊まったアルベルゲの宿泊者は私を入れてたったの3人でした。

 

『この後もこんな感じなの?』と思いましたが、オスピタル・デ・ブルマ(Hospital de Bruma)のアルベルゲで

 

フェロールから歩いてきた巡礼者たちと合流できました。

 

「コンポステーラ(証明書)出ないのにコルーニャから歩いているの?」ってすぐに言われたので、やっぱりコンポステーラ欲しい人が多いんだなって思いました。

 

スウェーデン人、スペイン人、カナダ人の男性、マッサージの上手なガリシア人の女性やイタリア人の夫婦など、2日目からは他の巡礼者との交流が多くなりました。

 

みんな親切だけど、ベタベタしすぎない関係がよかったです。

 

あと、カミーノを歩いた人がみんな言うように英語の勉強にもなりました!

 

イギリス人の道を歩いた感想は?

コルーニャから海の景色、その後はガリシアの田舎の景色と短距離で海と山両方の景色が楽しめて良かったです。

 

クレデンシャルに押すスタンプですが、スタンプ欄を無視してど真ん中に押しちゃう観光オフィスのスタッフやバーでもスタンプをなかなかもらえなくてイギリス人の道では、スタンプの意識が低いのかなって少し思いました。

 

カミーノの経験が豊富なスペイン人の男性も同じことを言っていて、薬局でスタンプを押してもらっていました。

 

歩く前と後でカミーノに対する意見は変わった?

カミーノの歩き方の印象が変わりました。

 

歩く前はなんとなく本流というかフランス人の道をある程度歩いた方がいいのかなと思ってました。

 

今回知り合った巡礼大ベテランのカナダ人男性は、フェロールから歩き始めて途中コルーニャにいる友達に会い、

 

数日滞在した後に、再び友達の家の近くからイギリス人の道を再開しました。

 

彼はクレデンシャルすら持っていませんでした。

 

自分の持っている時間の中で無理しないで好きなように歩けばいいんだって教わった気がしました。

 

またカミーノを歩きたい?

今回巡礼で知り合った仲間からプリミティーボの道をすごく勧められました。

 

実際にプリミティーボの道を歩くかはまだわかりませんが、次回はもう少し距離を伸ばして100km歩いてコンポステーラをもらいたいなと思います。

 

さいごに

ヒロミさんがインタビューの中で触れていたクレデンシャルに押すスタンプの件ですが、

 

私はサンティアゴから急にスタンプを押せる場所が減った印象を受けたので、下記2点コメントを追加します。

  • コルーニャ市内では、サンティアゴ教会と市内の観光オフィスでスタンプを確実にもらいましょう。
  • サンティアゴのオブラドイロ広場にある大学の学長棟とパラドールの受付けでもスタンプを押してくれます。

 

サンティアゴ大学とパラドールのスタンプは後でいい思い出になると思いますので是非!

これからスペイン巡礼をしたい女性へ

女性でひとりでスペイン巡礼をしたいけど、不安もあるなら

スペイン巡礼を女一人で歩くのは危険?対策やカミーノを楽しむコツは?

巡礼の経験者やこれから歩く人と巡礼情報を共有したいなら

【スペイン巡礼】サリアへの行き方は?準備に役立つグループは?

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

サンティアゴ・デ・コンポステーラ在住の40代2児のママ。3歳の娘と日々格闘中。スペインの観光や留学生活、サンティアゴ巡礼路に関する情報を発信します。スペイン旅行の悩みに記事内で回答します。問合せ
詳しいプロフィールはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

コメントを残す