観光

サンティアゴ・デ・コンポステーラ大学の歴史遺産ツアーとは?

更新日:

サンティアゴ・デ・コンポステーラ大学Universidad de Santiago de Compostela、以下USCと表示)は、500年以上の歴史があるスペインで最も古い大学のひとつです。

 

USCでは、大学が所有する貴重な歴史文化遺産に触れながら大学の歴史を学べるツアーがあります。

 

これまで日本人の学生グループと一緒に何度もこのツアーに参加しましたが、毎回新しい発見や学びがあって退屈しません。サンティアゴ・デ・コンポステーラ大学に留学する学生はもちろん、観光客でも楽しめる内容になっていると私は思います。

 

ツアーのルートはもちろん、内容の一部を紹介いたします。

 

Colegio de Fonseca

サンティアゴ大聖堂の正門前から歩いて1~2分の場所にColexio de Fonseca(フォンセカ学校)があります。

 

1495年にロペ・ゴメス・デ・マルソア(Lope Gómez de Marzoa)が、貧しい若者を対象に開いた文法学校で、ここが大学の起源となります。当時、学生はこの建物の2階で下宿生活を送りながら勉強していました。

 

大学の歴史遺産ツアーの開始地点もここになります。

 

学長室棟

オブラドイロ広場を囲む4つの建築物のひとつがUSCの学長や副学長達のオフィスがあるRectorado(レクトラード)と呼ばれる建物です。

 

地理・歴史学部

サンティアゴ・デ・コンポステーラ大学は、市内になる北・南キャンパスの他に旧市街の各地に学部があります。そのひとつの地理・歴史学部を訪れます。

 

大学の行事により、ツアーのルート内容に変更することがあります。フォンセカ学校から直接地理・歴史学部へ向かうこともあります。

 

大学の設立者は誰?

USCの設立にかかわった人物はこちらです。

 

  1. ロペ・ゴメス・デ・マルソア(Lope Gómez de Marzoa)
  2. ディエゴ・デ・ムロス(Diego de Muros)
  3. アルフォンソ・テルセロ・デ・フォンセカ(Alfonso III de Fonseca)

 

 

ディエゴ・デ・ムロスは、1504年にマルソアが文法学校を開いた文法学校を高等教育として法律や文法などを教える許可を当時のローマ教皇からもらいます。

 

そして、USCが大学として発展する要の人物となったのがアルフォンソ・テルセロ・デ・フォンセカです。

 

USC創設者

 

大学の校章に設立者3人の家紋が表示されています。校章の下の部分で左のヤシの木のような形がマルソアを、真ん中の小さい十字架はムロスを、右の5つ星はフォンセカを表しています。

 

サンティアゴの旧市街を歩いていると、5つ星の家紋がついている建物を目にします。それは大学所有の建物である(だった)ことを意味します。

 

校章上部のお城とライオンはスペインを、中央はガリシア州政府を表しています。

 

大学の「アメリカ図書館」とは?

USCアメリカ図書館

 

大学が所有する大変貴重な歴史・文化遺産を保管している「アメリカ図書館」(Biblioteca América)があります。

 

サンティアゴ・デ・コンポステーラ出身のグメルシンド・ブスト(Gumersindo Busto)が、移民した土地で財を築き、自分の故郷であるガリシアにラテンアメリカの文化を紹介したいと建てた図書館です。

グメルシンドと同じようにラテンアメリカへ移民したガリシア人教会や政治家など多くの人が、アメリカ大陸の文化や経済、社会などに関する書籍を寄贈しました。

 

アメリカに関する書籍を扱っているので、アメリカ図書館と呼ばれています。

 

図書館内に保管されている書籍の数は6,000ですが、本だけではなく各国から寄贈された旗やメダルなど貴重なものが保管されています。

 

アメリカ図書館が保管する最も貴重な書物とは?

本

 

アメリカと関係はありませんが、この図書館はサンティアゴ・デ・コンポステーラで最も古い大変貴重な本を保管しています。

 

11世紀にフェルナンド1世が王妃からプレゼントされた教会のプライベートスペースでお祈りするときに使った「Libro de Horas de Fernando I de León」です。

 

オリジナルは大学にある別の場所でしっかりと保存し、ツアーではサイズや色はもちろん、虫に食われた場所などオリジナルの状態と全く同じのファクシミリ(複製)を見せてくれます。

 

この複製は、大学の500周年にあたる1995年に作られました。翌年の1996年に価値を調べたところ、50万ペセタ(約3,000€)の価値があると判断されました。

 

学長室建物入り口とスペイン巡礼の関係は?

学長室棟入り口

 

学長室棟入り口を飾る彫刻のアーチは、大聖堂北の門の前にあった最初の巡礼者病院の一部でした。増加する巡礼者を収容しきれなくなり、病院を壊した時に、現在の学長室棟の正面部分にリサイクルしたのです。

建物の装飾部分を他の場所に再利用するのは珍しいことではありません。大聖堂でもそういった部分が沢山あります。

 

学長室棟の向かいには、15世紀にカトリック両王の命で建てられた巡礼者病院で現在はパラドールのオスタル・ドス・レイス・カトリコスがあります。

 

新旧の巡礼者病院が形を変えながらも向いあっていると考えると興味深いですね。

 

地理・歴史学部の見どころは?

USC地理学部図書館

 

旧市街内にある歴史・地理学部では・・・

  • 大学の大事な行事やコンサートなどに使用されるスペース「パラニンフォ」
  • 18世紀に作られた図書館
  • サンティアゴ・デ・コンポステーラ市内を一望できる屋上

と3箇所を見学します。

 

ハリーポッターの世界を想像させる図書館は、これまで一般の人でも入ることができましたが、増加する観光客の訪問により、2017年11月15日から図書館へのアクセスは学生と大学関係者のみとなりました。

 

一般の場合でも図書館の見学が可能なのは大学の遺産ツアーの参加した場合のみです。

 

図書館の見学を終えると、ツアーの最終ポイントとして学部の屋上へ登ります。大聖堂の屋根よりも高い学部屋上からサンティアゴ・デ・コンポステーラの街を360度一望できます。

 

ツアーの時間、料金、そして予約方法は?

  • 所要時間は、約1時間30分です。
  • ツアーは、平日の月曜日~金曜日まで12:00と16:30に1日2回。
  • 料金は、大人1名7€ですが、大学生や高齢者の方は割引価格で5€、12歳以下の子供は無料です。
  • ツアーの言語は、スペイン語・英語・イタリア語(スペイン語以外での言語を希望する場合、少なくとも2・3日前にvisitas.patrimonio@usc.esまでメールをして問合せ・予約が必要。)

 

 

さいごに

英語でもツアーについていく自信がないという方もいると思いますが、このツアーでないと見れない貴重な遺産や大学スペースを見学できますので、ツアーの大体の流れとポイントは紹介しているこの記事を読んでから参加するといいと思います。

 

ヨーロッパの歴史ある大学の中を覗いてみたいという方は是非参加してみて下さい。

 

サンティアゴ・デ・コンポステーラ大学留学情報まとめはこちら。
サンティアゴ・デ・コンポステーラ大学留学(語学コース・学部・大学院)情報まとめ!

サンティアゴ・デ・コンポステーラの観光まとめ情報はこちらです。
【2017年9月更新】サンティアゴ・デ・コンポステーラの観光情報まとめ!大聖堂の最新情報も!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

おすすめ記事と広告

-観光
-, , , , , , ,

Copyright© オトラスペイン , 2019 All Rights Reserved.