留学中にスペイン語と英語の同時学習は無理?上達には巡礼がおすすめ!

スポンサーリンク

スペイン留学(特に1年の長期留学)を考えている方の中で・・・

  • スペイン語以外にやっぱり英語を勉強した方がいい?
  • スペイン留学中に2つの言語を勉強するのは現実的?

と思っている人はいますか?

 

初めてスペインで語学留学をした時に、欧米人の学生のように英語が話せなくて悔しいをしたことがあります。

 

スペイン語を学びに行って何度も英語の重要さを感じたので、留学中にスペイン語と英語の両方勉強するのは無理かな?と考えている人の気持ちはとても分かります。

 

同時学習のメリットや現地で英語を上達するのに私が個人的に強くおすすめしたい巡礼についてその理由を説明しますので参考にして下さい。


もちろん可能ですが、スペイン語も英語もレベルがあまり高くないという場合は、まずスペイン語に集中すべきかと思います。

交換留学で大学の学部で勉強している学生のケースを見て思ったのですが、留学初期は現地の生活習慣の違いやスペイン語がまず分からなくてかなりのストレスになります。

スペイン留学は辛いし楽しくない?大学や語学授業の乗り越え方!

 

どっちつかずの状況になりもっと自分がつらくなる可能性があるので、最初はスペイン語に集中すべきだと思います。

 

現地の生活に慣れ、スペイン語も理解できるようになってきて気持ちの余裕ができてきたと思った時に始めても遅くないです。

 

スペイン語と英語の同時学習は大変?

スポンサーリンク

スペイン語と英語は、インド・ヨーロッパ語族の中でもグループが異なるので、文法など多くの違いがあります。

 

スペイン語の単語は物や考えだろうが全て男性・女性名詞にわかれ、単語を修飾する形容詞や冠詞も性を一致しなくてはいけません。主語による動詞の活用も英語よりずっと複雑に感じます。

 

単語の発音も異なりますが、“ción” で終わる単語のほとんどは英語で“tion”だったり、アクセントや発音が異なるだけでスペルは全く一緒の単語がいくつもあります。

Emoción→Emotion、Inspiración→Inspiration、Contaminación→Contamination, etc.

 

スペイン語辞書で単語を調べると、英語の単語も表記している場合があります。最初は少しずつ「この単語は英語もスペルが一緒だ。」とか「これは全然違う。」とかいう感じで見ていけばいったらどうでしょうか?

 

各自の語学レベルによりますが、先ほど言ったようにもしどちらの言語のレベルもそれほどないのであれば、現地でいきなりスペイン語と英語の授業に出席するよりも自分にストレスのない範囲から少しずつやっていくのがいいかと思います。

 

スペイン語と英語を同時に勉強するメリットは?

英語とスペイン語の単語では発音が違っても綴りがほとんど、または全く一緒の単語が多くあります。

 

スペイン語と英語の勉強をすることで、テキストを読むときに、常にわからない単語を辞書で調べずに、だんだんと意味を想像しやすくなるというメリットが出てくると思います。

 

単語が一緒でも発音が違うので聞き取りや会話にはどうなのかと思いますが、単語が似ているのでどちらの言語をリスニングする上で単語をキャッチしやすくなると思います。

 

日本語だけしか知らない場合と比べたら、この点のメリットは非常に大きいと思います。

 

あと、スペイン語の発音を知ってるとスペイン語圏の人が話す英語のクセも理解できます。スペイン人と初めて英語のレッスンを受けた時に、スペイン人がYouを「ジュー」と発音するのを聞いて最初はちょっと衝撃を受けましたが、どこの国でもこういった特徴がありますね。

 

スペインで英語の上達に巡礼をすすめる理由は?

 

英会話のレッスンやカフェテリアやバルで行われているインテルカンビオ(交換授業)で英語を話す機会もありますが、私がスペイン留学中に英語の上達法としてスペイン巡礼(カミーノ・デ・サンティアゴ

 

スペイン国内に複数のルートがあるカミーノ・デ・サンティアゴは、スペイン人だけでなく非常に多くの外国人が歩いていてます。

 

スペイン人巡礼者と知り合えば、スペイン語を大いに活用できますし、巡礼者の国籍が色々あると、巡礼者同士の間の共通言語は英語になります。

英語が母国語、または堪能な巡礼者もいれば、映画があまり話せない人ももちろん歩いていますが、カミーノを歩いている巡礼者同士で仲良くなると、些細なことから人生論まで幅広く話す時間と機会ができます。

 

一生懸命彼らの話を理解したいと英語を聞き取ろうとしたり、英語で自分の思っていることも伝えようとするので、英語に限らず外国語上達法としてもとてもいい環境にあると私は思っています。

サンティアゴへ来る留学生で帰国前にカミーノをする人がこれまでにいましたが、もし2週間ぐらい巡礼に時間が取れると、自分と向き合う時間ができたり、新たな友達を作るきっかけになったりして留学のいい思い出になるでしょう。

大学の試験が終わった後、5月末から6月ぐらいから歩き始めると、スペイン人よりも外国人巡礼者の方が多いので英語を使う機会は増えると思います。

まとめ

言語の勉強は、「言葉ができないとこの状況を解決できない。」とか「もっと自分の考えていることを伝えたい。」という環境に置くと伸びると思うので、スペインで時間の自由がある留学生にはぜひカミーノを歩いてもらいたいなと思いました。

 

スペイン巡礼については、こんな記事を書いていますのでよかったら参考にして下さい。

スペイン巡礼を題材にした映画7本とは?「星の旅人たち」の内容は現実に起こるの?続編はいつ?

スペインのサンティアゴ巡礼の歴史やルート紹介に大聖堂の最新情報をまとめ!

スペイン巡礼を女一人で歩くのは危険?対策やカミーノを楽しむコツは?

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。
スポンサーリンク

もっとスペインの情報を知りたい方は、今すぐ『いいね』!

コメントを残す