スペイン留学で英語と同時学習は無理?おすすめは巡礼!?

スポンサーリンク

スペイン長期留学を希望する方でこんな風に考えている人はいませんか?

 

  • スペイン語の他にやっぱり英語も勉強した方がいい?
  • 留学中に2つの言語の同時学習って可能なの?
  • スペインで2つの言語を使える環境ってある?

 

初めてスペインに語学留学した時、欧米人の学生のように英語が話せなくて悔しい思いをしたことがあります。

 

スペインに来て英語の重要さを実感したので、就職活動を控える大学生で英語も上達したいと思う方の気持ちは分かります。

 

留学中にスペイン語と英語の同時学習は現実的に可能か、同時学習のメリットについてお話します。

 

ブログタイトルにもある英語とスペイン語の同時学習に巡礼をおすすめする理由も紹介しますので、最後までお読み下さい。

スポンサーリンク

スペインでスペイン語と英語の同時学習は可能?


もちろん可能です。

 

しかし・・・

 

留学生活の開始時点でスペイン語も英語もあまり出来ないという場合は、まずスペイン語に集中すべきです。

 

  • スペイン語が分からないし、話せない。
  • 日本と違うスペインの生活習慣に慣れない。

 

こういった理由から留学初期にかなりのストレスを感じる長期留学生が多いからです。

>>>関連記事: スペインと日本の食生活の違いは?観光や留学生活でのアドバイスは?

>>>関連記事: スペイン留学は辛いし楽しくない?大学や語学授業の乗り越え方!

 

そんな時に英語を勉強しても、上達するどころかスペイン語も英語もどっちつかずになり自分の首を絞めかねません。

 

最初はスペイン語に集中し、現地での生活やスペイン語にも慣れてきたと自分の中で余裕ができてから始めても遅くないと私は思いますよ。

 

スペイン語と英語は似てるの?

スペイン語と英語は、インド・ヨーロッパ語族の中でもグループが異なりますので、文法など多くの違いがあります。

 

細かい違いをあげてもきりがないので、主な違いを見てみます。

大きく違う点は?

英語の名詞がほとんど中世であるのに対し、スペイン語は物や考えなど生物以外のものも全て男性・女性と区別します。

 

名詞を修飾する形容詞や冠詞も名詞の性に一致させないといけません。

 

主語や時制による動詞の活用も英語よりも複雑です。

 

似ている点は?

アクセントや発音が異なっても、語彙が似ているので単語を見ただけで意味が推測できる単語というのが結構あります。

 

2つだけ例を挙げてみます。

スペイン語の-ciónは英語の-tion

また、“ción” で終わる単語のほとんどは英語で“tion”の単語があります。

emoción – emotion

inspiración – inspiration

contaminación – contamination

スペイン語の-dadは英語の-ity

actividad – activity

autoridad – authority

capacidad – capacity

 

上に紹介した単語は意味は一緒ですが、単語の終わり方が言語によって少しだけ違います。

 

スペイン語辞書で単語を調べると、英語の単語も表記している場合があります。

 

最初は「この単語は英語とスペルが似ている。」とか「これは全然違う。」という感じでもいいので少しずつ二か国語で意識する方向から初めてみるのどうでしょうか。

 

スポンサーリンク

スペイン語と英語を同時学習のメリットは?

スペイン語と英語の単語を把握していくと、テキストを読む時に常にわからない単語を辞書で調べずに、だんだんと単語の意味を想像できるようになります。

 

リスニングする上で単語をキャッチしやすくなったり、とにかく単語を言うことで自分の意志を伝えるキッカケが作れます。

 

日本語だけしか知らない場合と比べたら、このメリットは大きいですよ。

 

さらに、スペイン語の発音を理解しているとスペイン語圏の人が話す英語のクセも理解できます。

 

スペイン人と初めて英語のレッスンを受けた時に、スペイン人がYouを「ジュー」と発音するのを聞いて最初はちょっと衝撃を受けましたが、日本人も含めどこの国でもこういった特徴がありますね。

 

スペイン語と英語の同時学習に巡礼?

スペイン滞在中に英語で話す機会を作ろうとしたら、

  • 英会話のレッスンを受ける。
  • カフェテリアやバルで行われるインテルカンビオ(交換授業)に参加する。

といったことができますが、

 

 

私が強くおすすめするのがスペイン巡礼(Camino de Santiagoカミーノ・デ・サンティアゴ)す。

 

サンティアゴ・デ・コンポステーラを目指す複数の巡礼ルートがあり、スペイン人はもちろん多くの外国人が歩いています。

>>>関連記事: スペインのサンティアゴ巡礼の歴史やルート紹介に大聖堂の最新情報をまとめ!

 

スペイン人巡礼者とはスペイン語で会話できますが、国籍が異なる巡礼者間の共通言語は英語です。

 

英語が母国語の人や英語が堪能な外国人巡礼者もいますが、英語があまり話せない人も沢山歩いています。

 

知り合った巡礼者と歩きながら些細なことからちょっと深い人生論まで話すチャンスもでき、巡礼者の交流が強くなります。

仲良くなった巡礼仲間のことをもっと知りたいし、自分の思っていることも伝えたい。

コミュニケーションしたいという強い思いが生まれる環境は、英語に限らず外国語上達法の大事なポイントだと私は思います。

 

巡礼なんて興味ないと思っていたけど、なんか少し興味がわいてきませんか?

 

実際にどう歩いたらいいのかについて実用的な情報を次に紹介します。

 

巡礼を歩く時期や準備の仕方は?

大学留学の場合、第二セメスターの試験が終る5月中旬~後半以降に時間が取れると思います。

 

この時期は、スペイン人より外国人巡礼者の方が多いので英語を使う機会が多くなると思います。

 

一方、スペインの連休や夏(7~8月)を選ぶとスペイン人の巡礼者が増えます。

 

2週間ぐらい巡礼路を歩くと、自分と向き合う時間ができたりより巡礼の体験から感じることが多くなるのでお勧めですが、1週間以内の短期巡礼を歩いた人でもいまだに当時の巡礼仲間とつながっている人もいます。

短期間の巡礼から始めたい場合は?

とりあえず1週間ぐらいの巡礼体験をしてみたいと思った方には、次の記事がお役に立つと思います。

>>>関連記事: 最短でスペイン巡礼証明書が出る各ルートの出発点は?移動方法は?

>>>関連記事: 短期間のカミーノ(サンティアゴ巡礼)で必要な持ち物は?

 

言語の勉強は、「言葉ができないとこの状況を解決できない。」とか「もっと自分の思いを伝えたい。」という環境に身を置くと伸びます。

 

言葉以上に学ぶこともあると思いますので、何か感じた人は是非トライしてみて下さい。

 

まとめ

  • スペイン留学中の2か国語学習は可能だが、最初はスペイン語に集中した方がよい場合がある。
  • スペイン語と英語では文法など多くの違いはあるが、似た単語も多い。
  • 単語でお互いの言語のボキャブラリーを増やしていくと、テキストの読解やリスニングにも役立つ。
  • スペインで両方の言語を話すキッカケにスペイン巡礼がおすすめ。

 

スペイン巡礼については、こんな記事を書いていますのでよかったら参考にして下さい。

>>>関連記事: スペイン巡礼が題材の映画7本とは?2018年の最新おすすめ番組は?

>>>関連記事: スペイン巡礼を女一人で歩くのは危険?対策やカミーノを楽しむコツは?

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。
スポンサーリンク

コメントを残す