スペイン語よりも英語が重要?スペイン留学で同時学習のメリットは?

Sponsored Link

突然ですが、この記事のタイトルに惹かれて読んでみようかなと思った方は、こんなことを考えているのではないでしょうか??

 

現在スペイン留学を考えているが、スペイン語の他にも英語を勉強した方がいいのか、でもスペインで2つの言語を勉強するのは現実的なのか?

 

留学の予定はないけど読んでみたいと思われた方(ありがとうございます^^)、スペイン語と英語を同時に勉強するメリットについても説明していますので、よかったら引き続き読んでみてください。

 

スペインへ留学して気づいた事

私は日本の某外国語大学でスペイン語学科に在籍していました。大分昔のことになりますが、私が大学2年生の時に学部の仲間と話をした時のことを今でもよく覚えています。

 

大学の休み期間中にスペインや南米を旅行したり、語学研修に参加した時の経験について話をしていました。

 

楽しい話題で始まったのですが、最後はちょっとみんな考え込んでしまいました。

 

というのも、留学先で出会った欧米の学生はみんな英語ができるのに自分はうまく会話することができなかったとか、たまたま知り合った日本人は英語ができる上に企業から派遣されて、会社のお金でスペイン語を勉強していたという話になったからです。

 

自分たちはトータル4年かけてスペイン語を勉強しても、結局就職活動や社会人として活躍する時に本当に必要とされるのは英語の方だ。大学ではスペイン語でなく、経済などを選択するべきだったかなぁと話しました。

 

その後、私もスペインに留学してみて英語の重要さを痛感しました。

 

今日は、スペイン留学時にスペイン語と英語の同時学習はした方がいいのか、そして同時学習することのメリットは何かについて考えてみました。

 

Sponsored Link

 

スペイン留学時にスペイン語と英語を同時に勉強した方がいいの?

同時に勉強したほうがいいの?といっても実際にそんなに簡単ではないと思います。スペイン語に集中してブラッシュアップしないと、どっちつかずの状況になるのではと心配される方もいるでしょう。

 

私もそう思っていましたし、その考えるのは自然だと思います。

 

留学してまずスペインの生活習慣やスペイン語でコミュニケーションできないと始まりませんから最初はスペイン語に集中するべきだと思います。

 

しかし、スペイン語のコースで一緒になるのはあなたと同じ外国人の学生であり、スペイン語の授業を離れると英語に触れる機会が増えるかもしれません。

 

「私が話したいのはスペイン語なの!」と思うかもしれませんが、英語圏の学生はもちろん、オランダや北欧の学生は本当に英語が上手です。日本で英語を習う環境を考えたら無料で英会話をするチャンスとも取れます。

 

スペイン語文法の勉強で頭が痛い・・という時のちょっとした気分転換になるかもしれません。

 

「私はスペインにいるのだからスペイン語で話したい。」という学生もいます。こういう友達ができると本当にいいですよね。

 

日本語で書かれたスペイン語の文法書にプラスして、英語の文法書も必要になったら使おうかなという気持ちであまり分厚くないのを1冊持っていかれてはどうでしょうか?

 

スペインにも英会話スクールはありますから、現地について英語を勉強しようかなと思った時点で困ることはありません。英語を勉強しにくるスペイン人との出会いのきっかけにもなります。

 

スペイン語と英語を同時に学ぶメリットとは?

1つの単語で、2か国語の語彙を同時に増やせる?

インド・ヨーロッパ語族の中でも、グループが異なるスペイン語と英語では文法など多くの違いがあります。

 

スペイン語は名刺に男性と女性名詞があったり、動詞は主語によって活用される数が英語よりも多いので文法だけで見るとスペイン語の方が難しいと感じるでしょう。
単語に関しては、生活レベルで使う単語で一部、そして専門用語など難しいレベルの単語ほど似ているものが多くなります。そういう意味では、1つの言語で覚えた単語がもう片方の言語の単語と一緒や似ていることで理解しやすくなります。

 

発音が違ってもテキストで出てきたときに、意味を想像しやすくなるというメリットがあります。

 

リスニングでのメリットは?

 

 

発音が違うと言いましたが、それでも単語が似ているのでどちらの言語をリスニングする上で単語をキャッチしやすくなります。日本語だけしか知らない場合と比べたら、この点のメリットは非常に大きいと思います。

 

あと、スペイン語の発音を知っておくとスペイン語圏の人が話す英語も聞き取りやすくなります。

 

スペインで英語のレッスンを受けたことがありますが、スペイン人がYouを「ジュー」と発音するのを聞いて最初はちょっと衝撃を受けました。^^

 

スペイン語の発音のついて知識があればそういった癖というかアクセントも理解しやすいですよね。

 

最後に

島国の私たちとは違い、ヨーロッパに住む人たちは周辺の国の外国語に触れる環境に慣れています。日本を出て海外(特にここではスペイン)で生活するのですから、そういった状況に対応できるようにすると自分の考え方や視野が広がるひとつのきっかけになるかなと思います。

 

今回は、スペイン語を勉強する学生の方を特に想定して書きました。

 

英語もスペイン語もある程度の知識をお持ちの皆さんならスペイン留学時に2つの言語を学習することは不可能ではありません。片方の言語の知識がまるっきりゼロの人よりも同時学習することのメリットは大きいのではないかと考えます。

 

昔に比べると、海外へ留学する学生が減っていると聞きます。だからこそ、スペインへ留学しようと思っている方には、留学でできるだけたくさんのことを吸収して豊かな経験をしてもらいたいなと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。今回の記事がお役に立てれば嬉しいです。

Sponsored Link

もっとスペインの情報を知りたい方は、今すぐ『いいね』!

コメントを残す