スペインと日本の食生活の違いは?観光や留学生活で役立つアドバイスとは?

Sponsored Link

今回は、スペインの観光や留学生活で知っておきたいスペインの食生活についてお話しします。

郷に入っては郷に従えではないですが、事前知識があるとスペインでの生活に適応しやすくなると思います。

スペインの食事時間とは?どんなものを食べるの?

朝食

スペインの朝食の時間帯は7~9時ぐらいまでです。他のヨーロッパ諸国や日本ともさほど変わらないと思います。

 

コーヒーにクッキーやパンといった軽い朝食をとります。

 

オレンジジュースを朝食で飲む習慣もあります。家庭でオレンジを絞って飲んだり、スペインのバルでは絞りたてのオレンジジュース、コーヒーとパンの朝食メニューを用意しているところが多いです。

 

昼食

スペインの1日の主食はお昼です。しかし、昼食の時間に注意です!

 

14時30分~15時にお昼ご飯を食べ始めます。

 

14時過ぎに仕事から帰宅し、ごはんの準備して、15時のお昼のニュースを見ながらご飯を食べるという感じです。

 

自宅から仕事場が遠い人もたくさんいますので、お昼は外で食べるスペイン人もいます。ただ、食事の時間帯は15時頃と思ってください。

 

1日の主食である昼食にスペイン人はどんなものを食べているの?

ごはんやお味噌汁におかずがいっぺんに食卓に並ぶ日本とは違い、第1のお皿(プリメール・プラート: Primer plato)、第2のお皿(セグンド・プラート: Segundo Plato)、デザート、食後のコーヒーやお茶といった流れで食べます。

 

sandwich-1203216_1280

 

平日は仕事が忙しいとかお昼に時間のない人は、1品料理を選ぶ人やボカディージョといってフランスパンにハムやチーズ等を挟んだサンドイッチみたいなものを食べる人もいます。

 

週末に家族そろって食べるときは、おしゃべりしながら、プリメール・プラートから食後のコーヒーまで順々に食べていくと時間は2時間ぐらいアッという間にかかってしまいます。

 

プリメール・プラートには、スープ・サラダに野菜料理が、セグンド・プラートではお肉かお魚の主菜料理が食べられます。

 

 

そしてデザートですね。日本では、ご飯を食べてお茶を飲んだらもう満足という人が多いかもしれませんが、スペイン人は甘いものを食べないとご飯が終わった気がしないのかデザートを食べてしめたい!という人が多いです。

 

多くのバールやレストランではこの時間に通常の定番メニューのほかに、本日のメニューと訳せるMenú del día(メニュー・デル・ディア)をサービスします。

 

夜になると値段が高くて行けないお店でも、お昼のランチでそんなにお金をかけずに料理を楽しむことができますので、ぜひ利用するといいでしょう。

 

スペイン観光で、レストランに入る時間はどうする?

世界中でも、この時間帯にお昼を食べるのはスペインぐらいではないでしょうか?

 

「そんなに遅くまで待てないし、15時前にレストランに入れないの?」という方、

 

観光地のレストランでは、外国人観光客の食事時間を理解していますので、12~13時に入っても対応はしてもらえます。

 

しかし、場所によっては台所の準備ができていないから無理と言われる可能性がないわけではありません。

 

留学でスペインに生活する人は、どう対応したらいい?

スペイン語コースの午前の授業が終わるのは14時。スペインに着いた頃は、最後の授業までお腹がもとずに大変!という日本人学生が結構います。

 

スペイン人だって朝食から15時のお昼まで持ちこたえるのは大変です。彼らは朝の11時ぐらいにコーヒー休憩をとり、そこで小腹がすいたら菓子パンやミニサンドイッチのようなものを一緒に食べています。

 

事前に自分の好きなお菓子を用意しておくなど、11時の休憩時に一度エネルギーチャージをして、残りの授業に臨みましょう。

 

夕食

ヨーロッパの他の国では夜20時以降に夕食をとる人ってあまりいないかもしれませんが、スペインでは夕食は21時以降が普通です。レストランでのディナーを22時に予約ってことも珍しいことではありません。

 

夕食は昼食よりも軽めにサラダを食べたり、ハムやチーズをつまみながらパンとワインという場合もあります。

 

スペインでは、1日の食事の回数が5回って本当?

Sponsored Link

朝・昼・晩の3食に、11時の間食と17時頃の日本でいうおやつの時間を足してスペインでは1日5回食事をとると聞いたことある人はいませんか?

 

間違ってはいませんが、スペイン人みんなが1日5回食べているわけではありません。

 

毎日、このように1日5回食事をしているのは誰かなと考えてすぐに思いついたのは子供達ですね。

 

スペインの小学校では、午前中に昼食前のメリエンダ(おかし・間食)の時間があります。そのため、親はフルーツやサンドイッチなどを子供に持たせます。お昼を食べて、16~17時くらいにおやつを食べて、晩御飯を食べます。

 

日本人の方ならお昼ご飯にしっかり食べたら、17時頃もしくは夜になってもお腹がすかないと感じるでしょう。

 

軽めとはいえ夕食も遅いため、スペインの朝食が軽めというのもここまで読むと理解していただけるかなと思います。

 

mackerel-1747657_1280

 

日本は1日の主食が夕食でもその時間帯が早いため、朝からしっかりごはんにお味噌汁や魚といった朝食が食べれます。

 

日本からスペインへ行って、食事の時間に困惑される方がいらっしゃると思いますが、日本へ行ったスペイン人がなかなか慣れないのは日本の伝統的な朝食です。

 

どんなに日本食が好きでも、朝から魚を食べる気にはなれないそうですよ。^^

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

Sponsored Link

もっとスペインの情報を知りたい方は、今すぐ『いいね』!

コメントを残す