スペインと日本の食生活の違いは?観光や留学生活でのアドバイスは?

スポンサーリンク

この記事では、ペインの食生活について紹介します。

 

「食べ物は変わっても食事の時間ってそんなに変わらないでしょう?」と思ったあなたは、この記事を読めば考え方が変わりますよ。

 

この記事を読めば、観光で現地のレストランに入る時間やオーダーの仕方など、事前に知っておくと役立つ情報が分かります。

 

最後には、スペイン人が日本の食生活で慣れない点についてもお話しますので是非最後までお読みください。

スポンサーリンク

スペインの食事時間は?どんなものを食べるの?

朝食は?

 

スペインの朝食の時間帯は7~9時ぐらいですので、日本や他のヨーロッパ諸国とさほど変わりません。

 

日本ではご飯やお味噌汁など朝食をしっかりとる方も多いですが、スペインではコーヒーにクッキーやパンと軽めの朝食です。

 

オレンジジュースを朝食で飲む習慣もありますので、家庭でオレンジを絞って飲みますし、絞りたてのオレンジジュースにコーヒーとパンの朝食メニューを用意しているバルも多いです。

 

昼食は?

スペインの1日の主食はお昼ですが、昼食の時間に注意です!

 

14時~15時にお昼ご飯を食べ始めます。

 

14時過ぎに仕事から帰宅し、ごはんの準備して、15時に放送されるお昼のニュースを見ながらご飯を食べるという感じです。

 

自宅から仕事場が遠い人もたくさんいますので、昼食はいつも外で食べるスペイン人もいます。食事の時間帯は15時頃と思ってください。

 

ごはん、お味噌汁、おかずが全部食卓に並ぶ日本とは違い、前菜やスープを食べた後にメインの料理、最後にデザートと言う流れで食べます。

 

Bocadillo de calamares, bar coruna

 

平日に職場近くでお昼を食べる人の中には、仕事が忙しくて時間のない時など1品だけの料理を選んだり、ボカディージョといってフランスパンにハムやチーズ等を挟んだサンドイッチみたいなものを食べる人もいます。

 

週末に家族お昼を食べる場合、前菜から食後のコーヒーまでおしゃべりしながら順々に食べていくので2時間ぐらいアッという間に過ぎます。

 

日本では食事中におしゃべりはしないと親から言われてきましたが、スペインでは食べながらしゃべることを学べと言われました。^-^

 

日本では、ご飯を食べてお茶を飲んだらもう満足という人も多いですが、スペインではどんなにお腹がいっぱいでもチョコレートひとかけでもいいから甘いものを食べたいという人が多いです。

夕食は?

EU諸国の一日の生活時間

出典: http://ep01.epimg.net/verne

 

EUの統計担当局ユーロスタットの情報で、スペイン・イタリア・フランス・ドイツ・スウェーデンの1日の生活時間を表しています。

 

スウェーデンでは17時から夕食を食べ始め、イタリア・フランス・ドイツでも20時前には夕食を食べ終わるのに対し、

 

スペインの夕食時間は21時以降が普通です。

 

小さい子供がいる家庭では夕食の時間は早くなりますが、レストランでのディナーの予約を22時に設定するのは珍しいことではありません。

 

夕食は、昼食よりも軽めにサラダを食べたり、ハムやチーズをつまみながらパンとワインという場合もあります。

 

現地のレストランに入る時間はどうする?

バルにて

 

とてもじゃないけど、14時や15時まで待てないという方は、現地のレストランに入る時間はどうしたらいいの?と思いますよね。

 

観光地周辺のレストランでは、外国人観光客の食事時間を理解していますので、12~13時に入っても対応してもらえますが、

 

場所によっては、キッチンの準備ができていないから無理とかもう少し待てますかと言われる可能性もあります。

 

日替わりメニューの頼み方は?

多くのバルやレストランで、定番メニューのほかに「Menú del día(メニュー・デル・ディア)」というお昼の日替わりメニューを提供します。

 

前菜、メイン、デザート、飲み物を手ごろな価格で楽しめますのでおすすめですが、オーダーの仕方が分からないという方はこちらの記事を合わせてお読み下さい。

スペインバルのランチや日替わりメニューのオーダーの仕方は?人気のレストランはお昼が狙い時!

 

夕食のおすすめは?

夕食に関しても同様に、観光客の食事時間に対応しているレストランも多いですが、場所によっては早いと言われてしまう場合もあります。

 

お昼にしっかり食べると夜は軽めでいいという人が多いと思います。そういう場合は、現地のバルをはしごしてタパスを楽しむのがおすすめです。

 

バル巡りに関連した記事はこちらです。合わせてお読みください♪

お酒が飲めない人におすすめの飲み物は?スペインのバルで注文できるノンアルコール飲料は?

スペインレオン市のバルでおすすめは?無料で美味しいタパスは?

サンティアゴ・デ・コンポステーラのおすすめのバルは?お店の人気料理は?

 

 

留学生へのアドバイスは?

スポンサーリンク

語学学校や大学のスペイン語コースで勉強する学生さんの場合、午前の授業が終わるのは14時頃になります。

 

スペインに着いたばかりの頃は、最後の授業までお腹がもたずに大変!という日本人学生が結構います。

 

スペイン人だって朝食から15時のお昼まで持ちこたえるのは大変です。

 

彼らは朝の11時ぐらいにコーヒー休憩をとり、そこで小腹がすいたら菓子パンやミニサンドイッチのようなものを一緒に食べています。

 

事前に自分の好きなお菓子を用意しておくなど、11時の休憩時に一度エネルギーチャージをして、残りの授業に臨みましょう。

 

スペインは食事の回数が1日5回って本当?

朝・昼・晩の3食に、11時の間食と17時頃のおやつを食べるので、スペインでは1日5回食事をとると聞いたことがある人はいませんか?

 

間違ってはいませんが、スペイン人みんなが1日5食の生活を送っているわけではありません。

 

毎日、このように1日5回食事をしているのは誰かなと考えてすぐに思いつくのは子供達です。

 

スペインの小学校では、午前中に昼食前のメリエンダ(おかし・間食)の時間があるので、親はフルーツやサンドイッチなどを子供に持たせます。

 

お昼ご飯を食べた後、16~17時くらいにおやつを食べて、晩御飯を食べます。

 

スペイン人が日本の食生活で慣れないものは?

私が知る限り、日本を訪れたスペイン人のほとんどが日本食のおいしさに感動して帰ってきます。

 

しかし、日本人がスペインの食生活に慣れないと言うのと同じように、日本へ行ったスペイン人がこれだけは・・・と言うものがあります。

 

それは、日本の伝統的な朝食です。

 

日本では1日の主食である夕食の時間帯が早いため、朝起きたらすぐにごはんにお味噌汁に魚としっかり朝食をとれますが、スペインでは夕食の時間が遅いため、軽めの朝食をとる場合が一般的です。

 

ですから、どんなに日本食が好きでも朝から魚を食べる気になれないそうですよ。^^

 

まとめ

  • スペインでは1日の主食はお昼ご飯で、夕食は21時以降とかなり遅いため、朝食はコーヒーやパンなど軽めにすます。
  • 昼食の時間は一般的に14時以降から15時ぐらいになるが、観光地のレストランでは観光客の食事時間に対応している所が多い。
  • バルやレストランの多くで手ごろな価格の日替わりメニュー「メニュー・デル・ディア」がサービスされる。
  • 朝食と昼食の間、午前11時頃にコーヒー休憩を取るのが一般的。
  • 遅い夕食をレストランで食べるものいいが、バル巡りをしてタパスを楽しむのもおすすめ。
  • 軽めの朝食に慣れているスペイン人にとって和の朝食は慣れない人が多い。

 

スペインでの食事や生活に関しては、こんな記事も書いています。

スペイン料理は脂っこいおすすめのヘルシーな料理とは?

スペインのシエスタ(昼寝)が消滅するって本当?標準時を見直す理由は?開始時期はいつ頃?

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

サンティアゴ・デ・コンポステーラ在住の40代2児のママ。3歳の娘と日々格闘中。スペインの観光や留学生活、サンティアゴ巡礼路に関する情報を発信します。スペイン旅行の悩みに記事内で回答します。問合せ
詳しいプロフィールはこちら

One Response to “スペインと日本の食生活の違いは?観光や留学生活でのアドバイスは?”

  1. I have started to work Spanish company in Tokyo.
    I have now understand why Spanish people’s name is so long. Also I am interested in the school system in Spain.
    Junior high is 4 year and high school is 2 years. Summer vacation is over 2 months!! Also interested in the time frame for lunch. Normally start in 2pm. Unbelievable from
    the Japanese point of view.

コメントを残す