グルメ情報

スペイン料理のグルメ食材ランプレアとは?味や伝統料理は?

2021年1月18日

ランプレア(ヤツメウナギ)

この記事では、スペインで春が旬の食材『ランプレア』について紹介します。

 

ライベリコ豚「ベジョータ」やシラスウナギのアングーラ(Angula)と同様にスペインの高級食材ですが、ご存知の方はあまりいないかもしれません。

 

本文のポイント

  • ランプレアの特徴
  • 生息地に関する情報
  • ランプレアの味
  • ランプレアの伝統料理

 

春にスペイン旅行を予定している方、この時期にしか食べれないものを探している場合は、是非参考にして下さい。

Lamprea(ランプレア)とは?

ランプレア(ヤツメウナギ)

 

目の横に並ぶ7つのエラ穴があたかも八つの目に見えることから、日本ではヤツメウナギと呼ばれます。

 

見た目はウナギっぽいのですが、口を開けた様子(👇閲覧注意)を見ると…

 

ランプレアが口を開けたところ

 

エイリアンみたいです…。

 

吸盤のような口とトゲのような歯を使って、川にある石や他の魚に吸い付きます。

 

魚に寄生して血を吸って生きることから、「水の吸血鬼」とも表現されます。

 

ランプレアの起源は、恐竜よりも古い4~5億年前まで遡り、川に生息していますが、魚ともまた違います。

 

脊椎動物の中でも「顎=アゴ」がありませんし、ウロコもありません。

 

骨格は縦に伸びる軟骨のみです。

 

ランプレアの一生


  • 誕生

    ランプレアは、淡水の河川で生まれます。


  • 成長

    海で3年ほど成長期を過ごします。


  • 産卵と死

    産卵のため海から川へ再び戻り、産卵後に死んでしまいます。


 

次に、ランプレアの生息場所を見ていきます。

 

ランプレアが生息場所

出典: https://viaxeaitaca.files.wordpress.com

 

昔は、アンダルシア・エストレマドゥーラ・カタルーニャ・アラゴンとスペイン各地で採れたランプレアですが、現在は

  • ガリシア
  • アストゥリアス
  • フランス

の一部の地域でしか見られなくなってしまいました。

 

ランプレア文化の最後の砦とも言われるガリシアでランプレアが生息するのは、

  1. タンブレ(Tambre)
  2. ウジャ(Ulla)
  3. ミーニョ(Miño)

の3つの川ですが、ランプレアの漁場として特に有名なのがミーニョ川です。

 

ガリシアの河川に生息するランプレアは、ローマ帝国の皇帝が好んで食べた高級料理としてガリシアからイタリアまで生きたまま運ばれたそうです。

 

ランプレア漁業で有名な場所

ランプレアの中心地でガリシア・ポンテべドラ県にあるアルボ(Arbo)という村があります。

 

ランプレアの捕獲技術に関する説明は省きますが、網を使用する以外にローマ人が作った石の壁をいまだに使ってランプレアをとるようです。

 

ランプレアの時期に、アルボでは『ランプレア祭』が開催されます。

 

ランプレアの旬の時期と気になる味

ランプレアの時期は1~2月から始まりますが、旬は3~4月の2か月間です。

 

産卵のために川の上流までのぼる間に引き締まった肉は歯ごたえがあり、クセが強く個性的な味がします。

 

『万人受けする味じゃないけれども、私は家族は全員ランプレアが大好きなの!』という友達がいて、毎年ランプレアの時期になると家族揃ってレストランで食事するのが楽しみにしています。

 

ランプレアはどう料理される?

ランプレアのボルドー風煮込み料理

 

皮をむいて、内臓を取ったランプレアを玉ねぎ・ニンニク・パセリ・赤ワイン・ランプレアの血と一緒に煮込みます。

 

ボルドー風煮込み料理のアルボ(Arbo)村スタイルは、ランプレアを白いご飯と一緒に食べます。

 

ランプレアの腸詰め

出典: http://www.obradordelamprea.com

 

ハムやゆで卵の黄身と一緒に作るソーセージ(腸詰め)です。

 

その他

  • 燻製したランプレアと小さいパスタを一緒に煮込んだ料理
  • 卵と小麦粉に絡ませて油で揚げるフライ
  • エンパナーダというガリシア風パイの具材

という感じにも料理されます。

 

ランプレアは、ガリシア以外でも食べられるの?

ガリシア以外でも、マドリードなど大都市のレストランでは、この時期の特別料理としてランプレアを出す場所があります。

 

また、ランプレアの缶詰や燻製の商品が売っていますので、1年中食べることができます。

 

まとめ

  • ランプレア(ヤツメウナギ)は太古から生息する希少価値の高い動物。
  • ランプレアがとれるのはスペインのガリシア州の3つの川(ウジャ・タンブレ・ミーニョ川)
  • ランプレアの時期は1~4月(3・4月が特に有名)
  • その独特の味から、好き嫌いが分かれる。
  • 血と赤ワインから作るソースの煮込み料理や燻製したお肉をソーセージにしたり揚げたりと料理方法は色々。
  • 缶詰の商品もあるので1年中食べることができる。

スペイングルメ関連記事

コシード・マラガト肉
スペイン料理『コシード・マラガト』とは?特徴や他地方との違いは?

続きを見る

トレドの名物料理とは?おすすめのレストランやバルはどこ?

続きを見る

最後まで読んで頂きありがとうございました。

この記事も読まれています

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

オトラスペイン

サンティアゴ・デ・コンポステ-ラ在住。日本人で唯一のガリシア州公認観光ガイド。サンティアゴ・デ・コンポステーラ大学で観光マネージメントの修士課程を修了。大学で日本人留学生のサポート業務の経験もあり。2019年にサンティアゴ巡礼専門の旅行会社に就職。夢は、夫と2人の子供を連れての家族カミーノ。詳しいプロフィールはこちら

-グルメ情報
-, ,

© 2021 スペインの観光や留学生活情報を発信する〜オトラスペイン〜