旅行前のよくある質問

スペイン旅行中に役立つ持ち物!女性ひとり旅に便利なものは?

2021年1月18日

スーツケースと旅行の持ち物

旅行前の荷造りっていつも悩むんだよね。日本から持って行くと旅行中に役立つ持ち物はある?

スペイン旅行の経験が豊富な人や現地に住んでいる人の意見が聞きたいな。

 

旅行者の性別や年齢、旅行の目的によって必要と感じるものは違ってきます。

 

本文では、女性の旅行者、特にひとりでスペイン各地の観光を計画中の方を想定して…

  • 日本で用意すべき役立ちグッズ
  • 現地のホテルの部屋を利用する時に便利なもの
  • ホテルの部屋で食べたい時に役立つもの

と、スペイン滞在中に便利なものを10個挙げてみました。

 

20年以上、毎年スペインでひとり旅をしている旅行のプロと現地在住の筆者の意見をまとめました。

 

小さくてかさばらないものばかりですし、ちょっとした気遣いで滞在中の困ったを解決してくれる持ち物です。

 

是非、参考にして下さい!

スペイン旅行を楽しむために基本かつ重要な持ち物

胃薬

スペイン滞在を100%楽しみたかったら、旅行中の体調管理は基本、かつとても大事な点です。

 

旅の魅力のひとつであるスペイン料理ですが…

  • 油っこいと感じる料理が多い。
  • 野菜のメニューがそんなに多くない。
  • 日本と比べて、ご飯の量が多い。

ので、実際に現地で体調を壊す大学生を何人も見ました。

 

美味しいものをたくさん食べたい人は、困ったときのために胃薬を持参して下さい。

 

風邪薬

スペインの気候に関しても、アンダルシアのように年中暖かいイメージを持つ人もいるかもしれませんが…

 

旅行シーズンである春や夏でも、一部の地域では肌寒い日が続いたり、日中の気温差が激しいので、風邪をひく原因となります。

 

最悪、現地の薬局でも買えますが、言葉が分からない人にとって薬の購入も大きなストレスになります。

 

胃薬と風邪薬は、セットで持参しましょう!

 

パーカーや薄手のカーディガン

現地の気候は、どうしても読めない部分があります。

 

場所によっては、夏でも早朝や夜にかけて気温が下がるので、上から軽く引っ掛けるものがあると便利です。

 

私は、サンティアゴで春や夏でも薄手のカーディガンを持って外出する癖がつきました。(笑)

 

バーゲンを利用するなど、現地で買うのもいいですが、日本から持って行くと助かりますよ。

 

スペインの宿泊先で役立つ持ち物

トリートメント

ホテルの部屋で、シャンプーやボディーソープ入りの小さいボトルや袋をよく見かけますが、トリートメントを置いてるところは少ないです。

シャンプーはChampú、ボディーシャンプーはGel de Baño

 

旅行先で水の質が違うために、髪がバキバキしたという経験ありませんか?

 

現地のスーパーでトリートメントを買うことはできますが、日本にある旅行用の小さなボトルに入ったトリートメントは簡単に見つかりません。

 

自分が普段使うトリートメントをちょうどいいサイズのボトルに入れて持っていく。

 

それだけで、滞在中の髪のお手入れができ、現地で無駄な買い物をすることもありません。

 

ボディオイルやクリーム

空気が乾燥しているので、ボディオイルやクリームなどスキンケアのグッズを持っていくのもおすすめです。

 

S字フック

化粧品のポーチをひっかけたり、洗濯した下着を干す紐がない場合に、ちょこっと下げることができます。

 

また、移動中のバスの座席でバッグやちょっとしたものもひっかけられます。

 

小分けされた洗剤

トリートメントと同様、スペインのスーパーで売っている粉洗剤は、家庭で使う大きな箱サイズです。

 

洗濯用の石鹸、または日本から小分けした洗剤を持っておくと助かるでしょう。

 

ホテルの部屋でご飯を食べる時に便利なもの

ひとり旅で外食に飽きてきた時、市場やスーパーで買った食品をホテルの部屋で食べたいな

という時、持っていると便利なものを紹介します。

 

サイズ別のジップロックやタッパー

 

市場やスーパーで買った生ハムやオリーブ、チーズをホテルの部屋で食べて残った時、ジップロックに入れると液漏れやしっけを防ぐことができます。

 

タッパーがあれば、スーパーで買ったサラダ用のレタスや生ハムを入れてサラダにしたり、買ったチーズをタッパーに入れることで形を崩さずに持ち帰れるなど、色々使えます。

 

便利な日本食品

外食するほどお腹は空いていないが、ちょっとなんか食べたいという時、

  • フリーズドライ食品
  • 麦茶のパック

があると、ホテルの部屋のポットでお湯を沸かして簡単に作れます。

部屋にポットがなくてもホテルのレストランでお湯をもらうこともできます。

 

日本と比べてスペインでは清涼飲料水の種類が少なく、お茶といっても砂糖が入っていて甘いお茶が多いです。

 

麦茶のパックを持っていくのもおすすめです。

 

日本から持っていきたいグッズ

日焼け対策グッズ

夏の旅行では、どこでも日差しが強くなりますので、

  • 帽子
  • サングラス
  • 日焼け止めのクリーム

といった日焼け対策グッズも必要です。

 

ポケットティッシュ

スペインでも売っているのですが、日本のよりも紙の質がずっと荒いです。

 

ウェットティッシュは、スーパーでも小さい3個パックとか売っていますが、ポケットティッシュは10個入りパックが多いです。

 

旅行中に使いきれなかったポケットティッシュは、後で使い道にも困ってしまうと思います。

 

肌がデリケートな人は特に、日本からポケットティッシュを持参してくるのをおすすめします。

 

変換プラグ

日本の携帯など持参する人は、必ず持参すべき持ち物ですね。

 

ホテルの部屋はもちろん、電車やバスの座席にコンセントの差込口があるので、移動中の充電も可能です。

 

スペイン国内の移動に関連した記事も載せておきますので、よろしければ合わせて参考にして下さい。

 

まとめ

  • 現地滞在を楽しむために、体調管理はとても大事。
  • 胃薬や風邪薬、気温の変化に対応できるようカーディガンなども必要。
  • ホテルでトリートメントの用意は少ないので必要なら日本で用意する。
  • 現地で買った食材を保存するジップロックやタッパーがあると便利。
  • 日本のフリーズドライ食品や麦茶のパックは小腹が空いた時などに重宝する。
  • 夏は特に日差しが強いのでサングラスや日焼け止めのクリーム。
  • 紙質の柔らかいポケットティッシュは日本から少し多めに持ってくるとよい。
  • 携帯やパソコンを充電するためのプラグやスペインの電圧情報も事前にチェック。

旅行前にこれも確認

リュックからものを盗もうとする男性
スペインの治安は悪いの?マドリードやバルセロナでの注意点や対策は?

続きを見る

言葉の問題や食生活の違いなどスペイン観光によくある不安をまとめたこちらの記事も合わせてどうぞ。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

この記事も読まれています

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

堀 いつこ

サンティアゴ・デ・コンポステ-ラ在住。日本人で唯一のガリシア州公認観光ガイド。サンティアゴ・デ・コンポステーラ大学で観光マネージメントの修士課程を修了。大学で日本人留学生のサポート業務の経験もあり。2019年にサンティアゴ巡礼専門の旅行会社に就職。夢は、夫と2人の子供を連れての家族カミーノ。詳しいプロフィールはこちら

-旅行前のよくある質問
-,

© 2021 スペインの観光や留学生活情報を発信する〜オトラスペイン〜