【最新情報】スペイン巡礼の期間や最短の日程は?短時間ルートでも証明書をもらう方法は?

スペイン巡礼(カミーノ・デ・サンティアゴ)に興味はあるけれども、実際にどんな風に計画したり準備をすればいいのかよくわからないという方がいると思います。

 

特に仕事をしている方の場合は、休暇を利用して巡礼体験ができる方法を知りたいはずです。

 

短期間で歩けるスペイン巡礼の方法についてかなり具体的に説明していますので是非最後までお読みください!

スポンサーリンク

スペイン巡礼とはどんな道?どのくらいの期間で歩けるの?

出典: https://vivecamino.com

 

サンティアゴ・デ・コンポステーラまでの巡礼路は、ヨーロッパ中網の目のように張り巡らされています。

 

東欧や北欧からでも歩こうと思えば数か月、それ以上かけて歩くことも可能です。

 

巡礼者の体調や歩く速さ、巡礼の楽しみ方など人それぞれですので、これだけかかるという絶対数を出すのは難しいですが、日本の雑誌やテレビでよく紹介される『フランス人の道』ルートをスペインとフランスの国境あたりから歩けば1か月以上はかかります。

 

ルートによって距離や難易度も変わるので、「自分は○○ルートの▲▲から□□まで🔷日間歩こう!」と決めるまでにある程度の情報収集と計画が必要です。

 

もしあなたが『巡礼に興味はあるけど、どこから手を付けたらいいのかわからない。』と感じてもそれは自然なことです。

 

仕事を辞めないとスペイン巡礼は歩けない?

『2~3週間歩くと自分と向き合う時間もできるし、人生観変わる人もいるから是非歩いてみて!』

 

日本人留学生のサポートをしていた頃にそう言ってカミーノを勧めましたが、同じことを日本で仕事している家族や友達にいうと、

 

『2週間も休みとれないよ。仕事辞めるか定年後まで待つしかないね。』

 

と言われてしまいました。

 

仕事をしている人がスペイン巡礼をする上で一番のネックとなるのは、時間です。

 

確かにネットでカミーノの情報はいっぱいあるけど、短期間で巡礼を体験するための具体的なアドバイスが欲しいな~。

 

どんなに休みがとれても最大10日かな・・。日本とスペインの往復だけで最低2日は取られるから歩けるのは1週間ぐらいだな。

 

 

という方に、その解決策を今から私が提案します!!

 

最短カミーノの日程や内容のポイントは?

これから詳しく説明していきますが、私が提案する最短カミーノのポイントは下記のとおりです。

  • 日本を出発してから帰国までの期間が1週間!
  • 出発同日中にカミーノの出発点へスムーズに移動できる!
  • 短期間の巡礼の中に観光の要素も入れる!
  • ゴールはもちろんサンティアゴ・デ・コンポステーラ!

 

それでは、出発日からの具体的な流れを見てみましょう。

巡礼スタート地点はどこ?移動の流れは?

昔、カミーノの歴史を教えてくれた先生の次の言葉がとても印象に残っています。

 

『中世の時代、巡礼の旅をすると決めて自分の家をでた時点で巡礼が始まった。』

 

あなたのスペイン巡礼も日本を出発するところから始まります。^^

 

航空会社はどこを利用する?

2016年10月から運航しているイベリア航空の直行便を利用します。

 

成田空港からという条件は付きますが、直行便を使う一番のメリットは同日中にマドリード空港からスペインの各地方へ移動できることです。

 

2018年10月から現在の週3便から5便へ増便する予定ですので、日程がさらに決めやすくなりますね。

【2017年9月更新】イベリア航空直行便の詳細や予約方法は?座席指定での注意点は?

 

カミーノ出発点はどこ?移動の流れは?

月・水・土曜日いずれかの午前11時20分に成田空港を出発し、マドリードのバラハス空港へ同日17:35に到着します。(2017年10月29日~2018年3月24日までのスケジュール)

 

ここからどこへ行くかというと・・・

 

ガリシア州のLa Coruña(ラ・コルーニャ、以下コルーニャと表示)です!

 

スペインのサッカーに興味のある方ならデポルティーボ・デ・ラ・コルーニャの本拠地、ファッションに興味のある方なら、日本でも有名なZARA(ザラ)が生まれた場所というと少し見方が変わってくるかなと思います。

 

マドリードからコルーニャまでの国内移動(MAD✈―LCG)

便名: IB522 時間: 19:00➡20:15 (所要時間: 1時間15分)

 

マドリード空港のターミナル4へ移動し、上記のフライトに乗ってコルーニャ空港へ到着します。

 

現地空港に夜遅くに着くのは不安という方もいると思いますが、スペインの一番西に位置するガリシアは日が落ちるのも遅いので、夏であれば20時台はまだ明るいです。

 

コルーニャ空港から市内までの移動は?

出典: https://1.bp.blogspot.com

コルーニャ空港からコルーニャ市内までの距離は8kmで、空港からタクシーの他に市内行のバスが出ています。

 

平日(月曜日~金曜日)は最終便の21:45まで30分おきに、土日は最終便の22:00まで1時間おきに運行しています。

 

土地勘がないとバスを使いこなすのはなかなか難しい点はありますが、町の中心地へ行く場合はコルーニャ市役所があるマリア・ピタ広場の近くのPuerta Real(プエルタ・レアル)で降ります。

 

その日の宿泊場所に『空港から市内行のバスに乗る場合、最寄りの駅はどこですか?』と聞くといいでしょう。

 

コルーニャからの巡礼ルートの名前は?

スポンサーリンク

コルーニャからサンティアゴ・デ・コンポステーラまでのルートは、イギリス人の道(Camino Inglés)と言いますが、イギリス人の道と呼ばれる理由を簡単に説明します。

 

中世の時代、ヨーロッパ中から人々はサンティアゴ・デ・コンポステーラを目指しましたが、島国に住むイギリス人巡礼者はどうやってサンティアゴ・デ・コンポステーラまでたどり着いたと思いますか?

 

そうです、海路を使ったのです。

 

長く危険な海の旅を乗り越え、港町として栄えていたコルーニャに到着してから陸路でサンティアゴ・デ・コンポステーラまで歩いていきました。

 

カミーノの前に見ておきたい世界遺産は?

せっかくコルーニャまで来たのですから、イギリス人の道を歩き始める前に世界遺産の【ヘラクレスの塔】を是非訪れて下さい。

 

ローマ時代に建てられた灯台で、現在も灯台の役割を立派に果たしています。

 

ヘラクレスの塔までの行き方や塔の上に登るには何段の階段を登るか知りたい方はこちらの記事をチェックして下さい。^^

スペイン世界遺産ヘラクレスの塔の高さは?行き方や訪れる時の注意点は?

 

イギリス人の道の日程や歩き方は?

コルーニャからサンティアゴまでのイギリス人の道の距離は74.8kmです。

 

巡礼路を歩くペースは一般的に1日20~25キロと言われおり、コルーニャからサンティアゴまでの道のりを3~4日に分けて歩くことが可能ですが、景色を楽しんだり焦らず歩くという意味で4日間で歩くプランを提案します。

 

  • La Coruña→Sergude(17.9km)
  • Sergude→Hospital de Bruma(16.03km)
  • Hospital de Bruma→Sigüeiro(24.13km)
  • Sigüeiro →Santiago de Compostela(16.74km)

 

3日間で完歩する場合は、1日目にLa CoruñaからHospital de Brumaまで33.93kmを歩きます。

 

この区間を4日間に分けたもう別の理由で、カミーノ初日のコルーニャ市街地の標識が特にわかりづらいからです。

 

実際にコルーニャからクジェレードまで歩いて書いたレポート記事をご覧になるとカミーノでの時間ロスが少なくなります!

スペイン巡礼イギリス人の道の歩き方は?①コルーニャ市内編

スペイン巡礼イギリス人の道(コルーニャ~クジェレード)の注意点は?

 

サンティアゴに着いたら?

特にカミーノ中に問題がなければ、日本出発から5日目にサンティアゴ・デ・コンポステーラへ到着します!

 

サンティアゴの大聖堂では毎日12:00と19:30に巡礼者のミサを行いますが、大きな荷物をもって大聖堂に入ることはできません。ミサ開始まで時間があまりないという時は、大聖堂近くの荷物一時預かりサービスを利用して下さい。

サンティアゴ大聖堂付近や市内の荷物預かりサービスと料金は?

 

スペイン語で行われるカトリックのミサについての大体の流れを知っておくと参加しやすいかと思います。

サンティアゴ大聖堂で行う巡礼者のミサの時間や流れは?

 

運が良ければ、巡礼のミサの最後にボタフメイロを見ることができます。

サンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂で人気のボタフメイロとは?儀式を見る絶好の場所は?イタリアでも同じ儀式が見れるって本当?

 

大聖堂以外にフランシスコ会の修道士が行う巡礼者へ向けた心温まる儀式がありますので、興味のある方はこの記事をお読みください。

スペイン巡礼の旅の最後にサンティアゴでおすすめの儀式とは?旧市街に出る隠れ巡礼者の場所は?

 

スペイン滞在最終日の過ごし方は?

スペイン滞在最終日の6日目はサンティアゴでの観光をゆっくり楽しみましょう。

 

自分で言うのもなんですが、サンティアゴの観光情報はかなり充実していますのでこちらの記事を是非チェックして下さい!

【2017年9月更新】サンティアゴ・デ・コンポステーラの観光情報まとめ!大聖堂の最新情報も!

 

日本への帰国便スケジュールは?

航空券の手配で帰りの便をサンティアゴ出発にできれば、サンティアゴから9:20発マドリッド行きの飛行機に乗ります。(コルーニャから出発でも同じ時間にマドリード行の飛行機が出発します。)

 

サンティアゴ市内⇔空港のアクセスについては、こちらの記事を参考にしてください。

サンティアゴ・デ・コンポステーラ空港から市内へのアクセスは?バスやタクシーの料金や利用方法は?

 

マドリッドーバラハス空港で12:20発の成田行の飛行機に乗って翌日の朝に日本へ到着します。

 

カミーノの日程と出発から帰国までの流れを説明しましたがいかがでしょうか。

 

これなら歩けるかもと思っていただければ嬉しいですが、まだ他にもこんな疑問が残っていると思いますのでひとつずつ見て行きましょう。

 

カミーノに必要な持ち物は?

カミーノの計画ができたら今度は歩くための道具などを揃えなくてはなりません。短期間のカミーノに必要な持ち物についてはこちらで詳しく説明しています。

短期間のカミーノ(サンティアゴ巡礼)で必要な持ち物は?

 

カミーノの区間中にある巡礼者用の宿でアルベルゲに泊まるには、巡礼者であることを証明する巡礼パスポート(スペイン語でクレデンシャル)が必要になります。

 

 

巡礼路にある教会・市役所・巡礼宿・バルなどで置いてあるスタンプをクレデンシャルに押していきます。

 

巡礼の一歩一歩を表現するのがクレデンシャルのスタンプだと思ってください。

 

クレデンシャルは、コルーニャからのイギリス人の道出発点であるサンティアゴ教会で買うこともできますが、日本NPO法人カミーノ・デ・サンティアゴ友の会オリジナルのクレデンシャルを持って行くこともできます。

 

昔、サンティアゴ巡礼事務所で働くガリシア人女性から『いろんなクレデンシャルを見てきたけど、日本のが一番素敵なのでどうやったら購入できるかしら?』と言われて手配したことがあります。

 

日本カミーノ友の会のクレデンシャルに興味のある方は、友の会まで直接コンタクトしてくださいね♪

 

アルベルゲは簡単に見つかる?

 

今回紹介したイギリス人の道で各区間最後の村で、公共・プライベートの巡礼宿(アルベルゲ)があります。

 

公共とプライベートのアルベルゲの違いは細かく言えばいくつかありますが、大きな違いはプライベートのアルベルゲは事前に予約ができるのに対し公共の場合は到着した順番でしかベッドを確保できない点です。

 

カミーノの初日は歩きながら『今夜寝る場所はちゃんと確保できるかな?』と心配になるかもしれませんが、イギリス人の道であればそんなに心配する必要はないかと思います。

 

この短期間ルートで証明書はもらえるの?

出典: http://www.renfe.com

 

サンティアゴから最後の100km(自転車であれば200km)を歩いた巡礼者がもらえる巡礼証明書コンポステーラ)は、巡礼のよい思い出となるので非常に人気があります。

 

コルーニャからサンティアゴまでの距離は74.8kmですが、「歴史的にイギリス人の道の陸路の出発点はコルーニャだった。コルーニャからカミーノを歩く巡礼者にもコンポステーラを!」とコルーニャ市役所がサンティアゴ大聖堂に申請したところ、大聖堂の回答は『条件付きでコンポステーラを発行する。』というものでした。

 

「これはすごい!」と思ったのですが、カトリック教会の決定ですのでキリスト教徒であることが前提になっており、コルーニャから歩く日本人巡礼者はコンポステーラをもらうことはできません。

 

イギリス人の道を歩いて証明書をゲットしたい人は別の港町Ferrol(フェロール)からスタートする必要があります。

 

『・・・やっぱり証明書が欲しいかも。』と思った方のために、証明書が出る短期ルートの記事をもうすぐ公開しますので、しばらくお待ちください。(;^_^A

 

このブログがきっかけでコルーニャからサンティアゴまでのカミーノを実際に歩いたヒロミさんへのインタビュー記事がありますので、是非一読下さい!やっぱりコルーニャからでも歩いてみようかなと思うかもしれませんよ。^^

スペイン巡礼ルート「イギリス人の道」は楽しい?率直な感想やアドバイスは?

 

まとめとさらなるアドバイス

今回提案した最短日程でのカミーノのポイントをまとめます。

  • 巡礼の期間を含めて、日本出発から帰国までの日程が1週間。
  • 歩くルートはカミーノ・イングレス(イギリス人の道)で出発地点はコルーニャ。
  • イベリア航空の直行便なら、マドリードからの国内便乗継ぎもスムーズにできて同日中にコルーニャに到着。
  • 世界遺産ヘラクレスの塔やコルーニャの市内観光も楽しんで、巡礼コースを4日間歩く。
  • サンティアゴ・デ・コンポステーラに到着したら1日市内観光を楽しんで、翌日日本行の飛行機に乗って帰国。
  • コルーニャからのカミーノで巡礼証明書が出る可能性はあるが、日本人は対象外。

 

もし、1週間以上の休みがとれる場合は、

  • ガリシアの他の都市まで足をのばす。
  • ポルトガルのポルトへ遊びに行ってくる。
  • コルーニャではなくフェロールからイギリス人の道を楽しむ。

 

といった感じでご自由に旅程を変更してください。サンティアゴからポルトガルへの移動手段については、こちらで詳しく説明しています♪

サンティアゴからポルトへの移動手段は?日帰りも可能?

 

最後まで読んで頂き本当にありがとうございます!

スポンサーリンク

もっとスペインの情報を知りたい方は、今すぐ『いいね』!

3 Responses to “【最新情報】スペイン巡礼の期間や最短の日程は?短時間ルートでも証明書をもらう方法は?”

  1. こんにちは、親切なサイトをありがとうございます。
    ただひとつ、これは間違いじゃないのかなと思われたのでお知らせさせてください。
    —-
    日本の雑誌やテレビで紹介されている有名なルート(上の画像のスペイン国内にある赤いルート)をしっかり歩こうと思えば3週間はかかります。
    —-
    約800kmを3週間と言うことは峠越え含めて毎日40kmですよね‼
    これ、普通の人には無理かと思います。
    私は歳なので5週間以上も掛かってしまいました。
    老婆心ながら3週間の日程で出発してしまう人が出てしまわないように訂正してはどうでしょう?
    余計なお世話、失礼しました。

    • おくのさま、初めまして。

      上記のコメントを頂きまして誠にありがとうございます!

      フランス人の道を800Km歩かれたんですね、お疲れさまでした。

      『しっかり』という表現が誤解を招いたようです。すみません。
      しっかり=800キロという意味ではありませんでした。

      初めての方はやはりフランス人の道を歩きたいと考える方が多いですが、必ずしもみなフランス国境から始める
      訳ではありません。長い距離を歩かれる人は3週間はかけて歩いている人がいるという意味でした。

      年齢や体力で個人差はありますが、一般的に1日に歩く距離として20~25キロと言われています。
      さすがに1日40キロという考えはありませんでしたが、カミーノをこれから歩いてみたいという方へ
      向けて書いておりますのでおくのさまのコメントを受け少し修正させていただきます。

      ありがとうございました!

コメントを残す