サンティアゴ・デ・コンポステーラにある傾いた教会とは?原因は?

スポンサーリンク

サンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂から南方向約1㎞の場所にロマネスク様式の教会「Santa Maria de la Real de Sar(サンタ・マリア・デ・ラ・レアル・デ・サル)」があります。

 

大聖堂や周辺にある修道院と比べるとほとんど知られていない場所ですが、外壁や内部の柱が傾いているとても興味深い教会です。

 

建物が傾いたまま現在も残っている理由や教会を訪れる時に知りたい入場可能時間等の情報を紹介いたします。

スポンサーリンク

 

Santa Maria de la Real de Sar(サンタ・マリア・デ・ラ・レアル・デ・サル)は、大聖堂の推進者となったディエゴ・ヘルミレス大司教の時代である12世紀(1136年)にはじまり、13世紀の初め頃に完成しました。

 

当初、この教会はアウグスティヌス派の聖職者が日常の仕事から離れて黙想するために建てられたのですが、スペイン巡礼路の推進や巡礼者を迎え入れた場所として積極的に関わった場所だそうです。

 

Santa Maria La real de Sarの場所は?

この教会はサル川(Río Sar)が流れるSar地区にあり、近くには3つのアーチが特徴のロマネスク様式の橋を見ることができます。

 

この橋は、スペイン巡礼路の銀の道を歩いてくる巡礼者にとってサンティアゴ市内の入り口となる場所です。

スペイン巡礼「銀の道」のベストシーズンは?便利な地図やガイドブックは?

 

旧市街からこの教会まで歩くと20~30分ぐらいかかるでしょう。

 

教会の一番の見どころは?

スポンサーリンク

サンタ・マリア・デ・サル教会は大聖堂と同じくロマネスク様式の教会ですが、この場所の一番の見どころは、同時に建物の欠陥部分ともいえるところです。

 

建物の近くに寄ると、建物の外壁が傾いているのがわかります。

 

 

外壁だけでなく、建物の中に入ると内部の柱もかなり大きく傾いているのがわかります。

 

教会内で傾いた柱を見ているとなんか変な感じがしますが、そこがこの教会の魅力と言えるでしょう。

 

建物が傾いた原因は?

1669年、建築家のMelchor de Velascoが「建物の丸天井は修復工事が必要。」と報告書を提出します。

 

しかし、適切な対策が取られなかったために、1709年に教会入り口から建物約半分の場所まで木製の梁や支柱を置いて中から支えなくては倒れてしまう事態まで発展してしまいます。

 

この教会が傾いている原因というのは実は複数あり、それらが合わさって起こったと考えられています。

  • 丸天井がもともとプロジェクトの段階からきちんと設計されていなかったから。
  • 教会が建てられた土地が沼地であり、時を得て少しずつ地滑りしていくうちに建物の構造を引きづったから。
  • 教会中央の廊下(身廊)の横にある側廊は、身廊にある丸天井の重みを支えるため、身廊よりも少し低めにあるべきところが身廊と同じ高さになっていて重みをきちんと支えていないから。

 

これといった処置もされず、いつ建物が完全に倒れてもおかしくない状況の中、1732年に聖マルティン・ピナリオ修道院から経済的支援を得ることができ、先ほどの傾いた外壁の画像に出ている石の飛びアーチを補強につけました。

 

他の見どころは?

建物の中庭にある回廊のほとんどは18世紀に造られたものですが、ロマネスク様式の一部が残っています。

 

この部分は、大聖堂の栄光の門を立てた建築家マエストロ・マテオ門下による作品です。

 

回廊にある柱の部分も傾いています。

 

12月~1月上旬ぐらいまでにこの教会を訪れると、クリスマスのベレン人形が飾られています。1か月以内の展示期間に対し、10名ほどのメンバーで10月から約2か月かけて飾られるベレンですので、タイミングが合えばぜひ見てください。

 

入場可能な時間帯や料金は?

毎日、11:00~14:00と16:30~19:30です。

 

教会と回廊の他にも、小さい宗教美術の展示スペースを見ることできます。

 

入場料は2€ですが、大聖堂美術館の訪問者や屋根のツアーに参加したチケットを提示すると無料で入れます。

【2018年】サンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂屋根のツアー料金や内容は?

教会の中に入るときは教会の入り口とは反対側に回ってください。入り口の横にある建物は学校で、ブザーを押さないようにと注意書きが置いてあります。

まとめ

  • Santa María La Real de Sarは、大聖堂と同じくロマネスク様式の教会。
  • 土地の問題や建物の欠陥など様々な理由が合わさって17世紀から建物が傾く問題が発覚。
  • 1732年に石の飛びアーチを補強につけて、問題を解決させる。
  • 教会へ行くと、傾いた外壁や内部の柱を見ることができる。
  • 建物の欠陥と言える部分は、同時にこの教会の魅力でもある。

 

ロマネスク様式については、こういった記事も書いていますので合わせてお読みください。

スペイン巡礼路に発展した美術の名前や特徴は?簡単に美術傑作を理解するポイントは?

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

サンティアゴ・デ・コンポステーラ在住の40代2児のママ。3歳の娘と日々格闘中。スペインの観光や留学生活、サンティアゴ巡礼路に関する情報を発信します。スペイン旅行の悩みに記事内で回答します。問合せ
詳しいプロフィールはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

コメントを残す