パラドール公式サイトでの予約方法は?おすすめの割引プランは?

Parador de Santiago

パラド-ルを予約する時、3つの方法があります。

  • 日本の旅行代理店
  • パラドールの公式サイト
  • Booking.comなどのホテル検索サイト

 

お部屋のタイプや細かい要望を伝えるために旅行代理店を通すのが楽という人もいるかと思いますが、宿泊希望日の料金確認から予約までパラドール公式サイトを利用して自分で手配したいという人もいるでしょう。

 

パラドールの公式サイトは日本語で表示されませんがが、英語でも簡単に希望パラドールの料金をチェックできます。また、様々な割引プランが設定されていますので公式サイトの使い方と予約方法を見てみましょう。

スポンサーリンク

パラドールの公式サイトにRate Comparison Toolがあります。

 

ここで、①Rate(レート)、②希望のパラドール、③宿泊希望月を設定するとカレンダー方式でその月の日々の料金レート(€)を簡単に比較することができます。

 

 

カレンダーが2つ表示されていますが、右のカレンダーはAmigos de Paradores(アミーゴス・デ・パラドーレス)という会員専用のカレンダーですので、会員でない場合は左側を利用します。

 

パラドールと月を設定すると毎日の料金と共にR・RB・HBとアルファベットが表記されます。

 

  • R:Room only(宿泊のみ)
  • RB:Room and Breakfast(朝食付き)
  • HB:Half Board(1泊2食付き)

 

価格に納得できれば、Bookのボタンを押してそのまま予約手配できますし、複数のパラドールで迷っている場合は、画面をさらに下へスクロールすると『View More Paradores▼』の表示があります。

 

▼をクリックすると上記の画像と同じカレンダーが出てくるので、他のパラドールを選択して料金を確認することができます。

 

レートのオプションでGolden DaysやYoung Gatewayといった言葉出てきますので、今度は公式サイトで設定される割引プランについて見てみます。

公式サイトの割引プランは何がある?

割引プラン 対象者 割引内容
NON REFUNDABLE RATE 2019年12月27日まで15%割引。予約後の変更・キャンセル不可。
GOLDEN DAYS 55歳以上 1泊朝食付きで割引。宿泊日48時間前までのキャンセルはノーチャージ
YOUNG GATEWAY 30歳以下 2018年12月29日まで宿泊費15%割引、朝食付きにすると朝食も15%割引。

宿泊日48時間前までのキャンセルはノーチャージ

ADVANCED BOOKING OFFER 最低1か月以上前からの予約で10%割引
各割引プランで適用されるパラドールが異なったり、割引が適用されない日にちなど細かい条件については、各サービスのサイトを確認してください。

 

この他にも、パラドールによっては巡礼者を対象にした割引などもあります。

 

スペシャル割引一覧はこちらから確認下さい。

 

公式サイトかホテル検索サイトか?

スポンサーリンク

パラドール公式サイトで宿泊日の1か月前以上に予約すると10%の割引が適用されるAdvanced Booking Offerですが、試しにトレドやカディス、ガリシアのバイオナのパラドールで2か月以上前の日にちを選択して価格を比較してみました。

 

すると・・・Booking.comと公式パラドールで宿泊のみ・朝食付きにオプションを変えても値段が全く一緒でした。

 

普段Booking.comを使い慣れている人なら「Booking.comなら日本語で手配できるし、公式サイトで予約する必要ある?」と思うかもしれません。

 

少しでも安い価格で予約したいなら両方のサイトで料金を確認するのが確実かと思いますが、先ほど紹介した割引プランで30歳以下、55歳以上の方など公式サイトで予約することでホテル検索サイトよりも安く予約できるケースがあるかと思います。

 

そういう場合は、やはり公式サイトから予約する方がお得ですので、最後に公式サイトでの予約方法について見てみます。

 

ネット上での予約方法は?簡単にできる?

パラドールの予約(Reservations)ページに入り、下記項目を選択していきます。

  • Parador(希望のパラドール)
  • Arrival(チェックイン)
  • Departures(チェックアウト)
  • Rooms(部屋の数)
  • Adults(大人の人数)
  • Children < 13 years (12歳までの子供の人数)
  • < 30 y.o. > 55 y.o.(30歳以上、55歳以上の場合は✅を入れる

 

今回、試しにサンティアゴのパラドールで設定してCheck availabilityのボタンを押してみると・・・

 


数ある割引プランの中から一番安い(Best available Rate)が上に、そのあとにその他の料金や割引プラン(Other rates and promotions)が表示されます。

 

各割引プランの下に割引適用の条件が説明されていますが、SPECIAL PILGRIMS(特別巡礼者プラン)では日付とハンコのついているクレデンシャルもしくは巡礼証明書(コンポステラ)の提示が条件となっています。

 

この時点で、部屋の数や食事付なしなどオプションを変えて料金を変更することもできますが、問題なければ選択(Select)して予約ボタン(Book)を押します。

 

Name(名前)・Surname(苗字)・ Telephone(電話番号)・Email(メールアドレス)の次に、支払いのカード情報

  • Card Type(クレジッドカードの種類)
  • Card Number(カード番号)
  • Expiration Date(カード有効期限)

を入力し、最後に予約に関してコメントがあればここにメッセージを残します。

 

この後、General Termsが英語で説明され、予約条件を読んでそれに同意します(I have read and accept the reservation conditions)✅を入れて、Bookボタンを押せば予約できます。

 

普段、ネットで航空券チケットや宿泊施設の予約をする方にしてみれば特に難しいことはありませんが、英語で条件等が説明されています。各自内容をきちんと読んで手配してください。

 

パラドールに宿泊するなら、パラドールの会員になることをおすすめします。その理由や登録方法などはこちら記事で説明していますので、合わせてお読みください。

パラドール宿泊におすすめの優待サービスとは?会員登録や利用方法は?

 

まとめ

  • パラドール公式サイトでは、日本語表記はないが英語でも簡単に料金確認や予約ができる。
  • Rate comparison Toolから複数パラドールの料金を比較することができる。
  • 年齢や1か月以上前からの予約等で割引が適用される。

 

パラドールの料金比較ツールで遊びながら気づいたのですが、星の数によるランク分けがあっても人気の高いグラナダのパラドール(4つ星)は5つ星のサンティアゴよりもずっと料金が高くてびっくりしました。

 

公式サイトでの予約数から2017年最も人気のあったパラドールはこちらの記事で紹介しています。

パラドール(国営ホテル)のタイプや人気ランキング2017は?

 

最期まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

サンティアゴ・デ・コンポステーラ在住の40代2児のママ。3歳の娘と日々格闘中。スペインの観光や留学生活、サンティアゴ巡礼路に関する情報を発信します。スペイン旅行の悩みに記事内で回答します。問合せ
詳しいプロフィールはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

コメントを残す