スペイン巡礼

ムシアのパラドール開業や予約開始はいつ?アクセス方法は?

ムシアにパラドールが出来たら是非宿泊してみたい!

というあなたに、本文では次の点について紹介します。

紹介ポイント

  • ムシアのパラドール開業時期は?
  • パラドール予約はいつから可能?
  • パラドールのアクセス方法は?
  • ムシアのパラドール建設のきっかけ

 

2019年6月にまだ工事中のパラドールを見て撮影した写真も一緒に紹介いたします。

 

参考にして下さい。

ムシアのパラドール開業はいつ?

ムシアのパラドール

これまでの流れ

  • 2002年にパラドール建設を発表
  • 2011年に工事を開始
  • 2019年1月に今年中にオープン予定と発表

 

この記事を最初に公開した時(2019年6月中旬)、

本当に今年中にオープンするとしても、2019年11月頃にスタートして、2020年のイースターの時期から増加する観光客や巡礼者を迎え入れる予定かなというのは、私の勝手な予想です。直前で延期になる可能性も十分にあります。

と、書きましたが…

 

ムシアのパラドールの営業は、2020年のセマナ・サンタ(聖週間)になるようです!

 

パラドールの予約はいつから?

現時点で、パラドールのサイトをチェックしてもムシアのパラドール情報は出てきません。

 

1月下旬の観光イベントFitur(フィトゥール)で発表して2月くらいからかなと思いますが、

 

分かり次第、この記事内で情報更新します。

 

ムシアのパラドールのアクセス方法は?

パラドールは、ムシアの町から離れた場所にありますので…

  • 自家用車
  • パラドール行のバス
  • タクシー

でアクセスしないけません。

 

パラドール付近の道は、新しくアスファルト舗装されていましたが、

 

ムシアからバスが出るのかなどの情報もまだ分かりません。

 

随時、情報を更新いたしますね。

 

でも、なんでこんなに年月がかかったの?

と思ったあなたに、パラドール建設のきっかけを説明します。

 

ムシアのパラドール建設のきっかけ

ムシアのパラドール近く

(2019年6月筆者撮影。ロウリド・ビーチ(Playa de Lourido)へ直接アクセスも。)

 

ムシアのパラドール建設のきっかえは、2002年11月に起こったスペイン史上最悪の原油流出事故が関係しています。

プレスティージ号事件とは

バハマ籍のタンカー、プレスティージ号は、2002年11月13日に、約7万7千トンの重油を積んで、荒天の中、スペインのガリシア地方沖を航行中、沖合い約30キロの地点で傾いて油を流出し始め、同月19日に沖合い約260キロの地点で曳航中に破断し、沈没した。

(引用)プレスティージ号の事件-スペイン最高裁判決の影響

 

重油で真っ黒になった海の清掃に、スペイン各地から多くのボランティアが集まりました。

 

スペイン史上最悪の重油流出事故といわれたこの事件に対して、当時スペイン政府の副首相を務めていた

 

ラホイ氏(ガリシア人)は、『ちょっと重油がもれただけ』と発表しました。

 

Youtubeで久しぶりに見ながら、サンティアゴの大学で知り合ったガリシア人クラスメートの言葉を思い出しました。

 

私が住んでいる所は、事件が起こった場所よりも少し離れているんだけど、当時、近くのビーチへ行ったら黒い重油がそこまで来ていたの。その後、テレビでラホイが全く問題ないっていうのを聞いて、この人の言葉は今後一切信用しないって思った。

 

政府の対応にデモが起こり、2002年11月に当時の首相アスナール氏は、

 

重油事件で大きな被害を受けたこの地域に国営パラドールを建設すると約束しますが、

 

工事開始まで、また工事が開始してからも経済的や色んな方面で問題があったようです。

 

まとめ

  • ムシアのパラドール建設のきっかけは、プレスティージ事件。
  • パラドールの営業開始は2020年のセマナ・サンタ。
  • 予約開始時期はまだ分からず。
  • パラドールからムシアの町が見え、手前のビーチへのアクセスも可能。
  • パラドールへのアクセス方法は車だが、ムシアからバスが出るかどうかは今だ不明。

ムシア関連情報

サンティアゴ情報

最後まで読んで頂きありがとうございました。

おすすめ記事と広告

-スペイン巡礼
-, , , ,

Copyright© スペインの観光や留学生活情報を発信する〜オトラスペイン〜 , 2020 All Rights Reserved.