観光

パラドール・デ・レオンの改装工事終了!新しい内装は?

2021年1月17日

レオンのパラドール

この記事では、サンティアゴと並んで5つ星のランクがついているレオンのパラドールについて紹介します。

 

本文では、

  • レオンのパラドールの簡単な歴史
  • 2年間の改修工事を終え、再開したパラドールの新しい姿

を紹介します。

 

参考にしていただければ嬉しいです。

レオン・デ・パラドールとは?

レオンのパラドール

 

レオン・デ・パラドールの起源は、12世紀。

 

アルフォンソ7世の娘であるサンチャ・デ・カスティージャが、スペイン巡礼路を歩く巡礼者や貧しい人を庇護する建物の建築費用を寄付したのが始まりと言われています。

 

当時は質素な建物でしたが、16世紀にカトリック王フェルナンドによる寄付金により、ゴシック・プラテレスク様式の建物に。

 

1836年まで修道院だったこの建物は、1964年にホテルとして生まれ変わるまでに高校、獣医学校、刑務所と様々な用途に使われました。

 

スペイン文学史上の中でも特に有名なフランシスコ・デ・ケべードは、刑務所時代にここで4年間牢屋に入っていました。

 

レオン・デ・パラドールは、修道院時代の名前を使ってパラドール・デ・サン・マルコスとも呼ばれ、パラドールの横にサン・マルコス教会もあります。

 

改修工事の理由と新レオンパラドール

建物の老朽化やスパやプールといった施設が不足していことから、2016年10月にサンティアゴとレオンのパラドールだけが持っていた『Gran Lujo(Luxuary)』の格付けを失ったレオンのパラドール。

 

2017年12月15日から営業を停止し、

  • 歴史的建物の中にある客室の改装
  • 新しい客室の増加
  • サロンの改善

他、全体改修工事が行われました。

 

2年以上の改修工事を終えた新しいパラドールの姿をご覧ください!

まとめ

  • パラドール・デ・レオンの起源は12世紀。
  • スペイン巡礼路を歩く巡礼者や貧しい人たちを受け入れる巡礼宿から始まった。
  • その後、修道院や高校、刑務所など様々な用途に使われた。
  • 1964年に国営ホテルとして生まれ変わった。
  • 建物の老朽化やスパやプールなどの施設不足を改善するために、2017年12月15日から営業停止。
  • 2年間の改修工事を終え、現在は営業を再開!

レオンパラドールの予約やアクセスについて

最後まで読んで頂きありがとうございました。

この記事も読まれています

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

堀 いつこ

サンティアゴ・デ・コンポステ-ラ在住。日本人で唯一のガリシア州公認観光ガイド。サンティアゴ・デ・コンポステーラ大学で観光マネージメントの修士課程を修了。大学で日本人留学生のサポート業務の経験もあり。2019年にサンティアゴ巡礼専門の旅行会社に就職。夢は、夫と2人の子供を連れての家族カミーノ。詳しいプロフィールはこちら

-観光
-, , ,

© 2021 スペインの観光や留学生活情報を発信する〜オトラスペイン〜