観光

アゴダのホテル予約でトラブル!問題の原因や現地での対応は?退会は難しい?

更新日:

この記事では、初めてアゴダでホテル予約でトラブルにあった私の体験談を紹介します。

あなたの名前で予約がありません。Booking.comで予約しましたか?
アゴダです。
当ホテルはその会社と働いていないし、聞いたこともないです。
え⁉でも予約確認書ちゃんとありますよ。
その予約番号の名前は二ナ・Ḱᒪ ᙢ ﬡ ᗝ ᖰ ᖳ ᖇになってます。
😱😱

 

クレジットカードで料金は支払い済みなのに、予約の名前は全く知らない人。

 

何が起こったのか不安で観光どころではなくなりました。

 

今回の経験をもとに、本文では…

  • なぜこんなトラブルが起こったのか調べて分かったこと。
  • アゴダとブッキングの違い。
  • この経験から私が学んだ事。

についてお話します。

こんな方におすすめ

  • アゴダで予約しても大丈夫?というあなた。
  • 現地のホテルで予約トラブルにあい、状況を把握したいあなた。
  • アゴダを利用する時に最低限気をつけたい点を知りたいあなた。

は是非参考にして下さい。

アゴダ(Agoda)は怪しい?

Agoda(アゴダ)は、シンガポールに本社を置くアジアを中心としたオンライン・トラベル・エージェンシー。

2016年時点で、80万軒以上の宿泊施設を掲載している(直接契約分は16万軒)。

日本語を含む40以上の言語で、空室確認・即時予約などができるサービスを提供する。

引用: Wikipedia

アゴダの日本法人は、2016年にJTB、2018年には楽天グループの楽天ライフスタイルと業務提携しています。

 

Booking.comと共にブッキング・ホールディングの一部を構成しているので、

 

アゴダに掲載している宿泊施設でも、Booking.comでの契約になっているそうです。

 

アゴダって大丈夫なの?

と思った人でも、上記の説明を聞くと怪しいというイメージは少しなくなるかと思います。

 

アゴダ(Agoda)とBooking.comの違い

決済の形式

  • アゴダはクレジットカードやペイパルなどでの前払い。
  • Booking.comは、決済は現地のホテル行う。

 

Booking.comで先払いのケースもありますが、決済はあくまでも現地のホテルです。

 

アゴダのホテル予約でトラブルが起こる要因

サイトに掲載されている80万軒以上の宿泊施設の中で、アゴダと直接契約のホテルは16万軒とほんの一部。

 

私たちがアゴダで予約したと思っても、多くの場合アゴダのグループ会社や提携会社が手配しています。

 

実際、アゴダから届いた予約確認書をよく見ると次のように表示されています。

 

アゴダ予約記録

 

予約トラブルの時、冒頭で紹介した私とレセプションのやり取りが生まれる要因です。

 

下請け制度による伝達ミスなのか具体的な原因はわかりませんが、予約センターに確認して結果が分かったのは翌日の朝。

 

結局、手配会社による名前の入力ミスでした。

 

  • 公式サイトで予約できなかったにも関わらず、当日に空き部屋があった。
  • 最悪の事態の説明を含め、レセプションの男性の対応が素晴らしかった。

ので、追加請求や宿泊の拒否いう最悪の事態にはなりませんでした。

 

ピークシーズンで空き部屋がなかったら本当に観光どころではなかったでしょう。

 

予約トラブルを防ぐちょっとした方法

アゴダを利用した女性

以前シンガポールの宿をアゴダで予約しました。
予約名が私のメールアドレスになっていたので、レセプションは『 提示したパスポート名と違うし、別人の名前で予約された可能性があるので泊められない』の一点張りでした。
夜に土地勘のない街で宿を探したくないので再度調べてと頼んだら1時間後に上司のような人から『今回だけですよ。今度から本名で予約してください。』と言われてチェックインできました。

当記事を読んでコメントをくれた方もアゴダで予約トラブルの経験が。

 

基本ですが、予約確認書が届いた時点で予約名などの確認は大事ですね。

確認書が届いて安心し、事前確認を怠りました…。

 

アゴダのパートナー会社が予約した場合、現地のホテルには予約IDよりも予約参照番号を伝えた方がいいです。

 

アゴダ日本カスタマーサービスの注意点

Agoda customer service

 

予約確認書に『カスタマーサービスは24時間年中無休』とありますが、それは英語対応のコールセンター。

 

日本語カスタマーサービスは朝9時から24時までだそうです。(参考: kerubitoのブログ

 

海外との時差があるので私のように結果が分かるのは次の日という場合もあるでしょう。

 

いずれにしても、顧客に誤解を招く表示は評価できません。

 

アゴダの予約トラブルで学んだ事

携帯電話とパソコン

 

いつも利用するBooking.comやホテルの公式サイトでも部屋が取れず、困ってネット検索していた時に予約できのたがアゴダでした。

 

嫌な予感がすると思いながら、レセプションで予約の名前が違うと知った時、

予感的中。もうアゴダは絶対に使わない!

と衝動的に思いましたが…

 

ネット上には沢山のホテル料金検索サイトがあり、Booking.comでもトラブルがないとは言えません。

 

予約ツールのひとつであり、初めて利用するサービスに対する私の事前チェックの甘さもありました。

 

仲介業者が入るほどミスの可能性が上がるので、トラブル時の対応が取れるかどうかは重要な点だと思いました。

 

  • ホテルへ直接予約
  • ホテルと直接契約しているサイト

なら予約トラブルの解決先が明確で対応が早くなるかもしれません。

 

アゴダの登録解除方法

アゴダを利用した女性

トラブル後にアゴダの登録解除しようとしたら、電話でしか対応してないのですね。
何度かけても繋がらず、諦めてそれっきりアゴダは利用していません。

彼女のコメントにもありますが、アゴダの登録解除は結構大変なようです。

 

退会方法は、このページで実際の例が載っていますので興味のある方はどうぞ。

 

まとめ

  • アゴダは、ブッキングホールディングに属すオンラインエージェンシー。
  • サイトに掲載されている宿泊施設の大部分はパートナー企業が予約をする。
  • Booking.comとアゴダでは決済方式に違いがある。
  • 顧客がアゴダで予約してもホテル側は違う会社から連絡を受けるので現地でコミュニケーションミスも起きる。
  • 日本語対応カスタマーセンターは24時間営業ではないので注意。

予約トラブル時の対応がとても良かったホテルはこちら。

 

ホテル予約以外にも現地で不安なことっていっぱいあると思いますので、次の記事も参考にして下さいね。

スペイン旅行の注意点は?現地で役立つ持ち物や冬の服装は?

続きを見る

最後まで読んでいただきありがとうございました。

おすすめ記事と広告

-観光
-,

Copyright© オトラスペイン , 2019 All Rights Reserved.