サンティアゴ・デ・コンポステーラのおすすめのバルは?お店の人気料理は?

スポンサーリンク

サンティアゴ・デ・コンポステーラ市内のバルに入って飲み物を頼むと無料でタパスがサービスされます。

 

複数のタパスの中から好きなものを選べる場所もたまにありますが、その日によってタパスの内容が変わるところもあれば毎回同じタパスを出してくれるところなどバルによって様々です。

 

無料で出されるタパスが美味しいお店やサンティアゴで昔ながらのバルのスタイルを保っている場所などサンティアゴ・デ・コンポステーラでバル巡りを楽しみたいと思っている人は是非参考にして下さい。

 

サンティアゴの旧市街自体そんなに大きくありませんが、上のマップを見てすぐわかると思いますがおすすめのバルは大体同じところに集中しています。

 

それぞれのバルの説明をいたしますが、「Santiago de Compostelaおすすめバルマップ」の横にあるアイコンをクリックするとバルの場所やタパスの画像を含めた情報がまとまって出ますので是非こちらをご覧ください。

 

それでは、地図の右側にある2か所のバルから紹介します。

スペイン風オムレツが美味しいバルは?

La Tita(ラ・ティタ)

 

ノバ通り(Rúa Nova)に、大きくて美味しいスペイン風オムレツのタパスが有名なバル「La Tita」があります。

Rúa(ルア)とはガリシア語で「通り」の意味。

 

飲み物を頼むと大きくて中の卵が少し半熟の美味しいスペイン風オムレツがサービスされます。昼食前に少しお腹がすいたなという時にここでスペイン風オムレツのタパスを食べるのが好きです。

 

観光客はもちろん、地元の学生などからも人気のお店です。

 

Moha Rúa Nova(モハ)

 

ラ・ティタは昔から何人もオーナーが変わりながら現在も続いている場所ですが、元オーナーのひとりが料理人を連れて新たに開いたお店が同じノバ通りにあり、「Moha」と言います。

 

やはり飲み物を頼むとここでもスペイン風オムレツのタパスが出てきます。大きさも味もラ・ティタのものと似ています。

 

「どちらのスペイン風オムレツが美味しいのか?」

 

それは、実際に試した方が各自決めてくれればと思います。^^

 

昔のバルの様子を残すバルは?

スポンサーリンク

旧市街のバル通りとして有名なライニャ通り(Rúa da Raiña)があります。今でも昔のバルのスタイルを見ることができる場所を紹介します。

 

Orense (オレンセ)

出典: http://elviajemehizoami.com

 

このバルは何が美味しいというよりも、上の画像のように家でつけるエプロン姿のおばちゃんがサービスしてくれる感じがある意味レアで好きです。

 

ワインを頼むと、クンカという白い陶器の器に入れてサービスしてくれます。値段はなんと50センティモという安さです。

 

タパスはかなりシンプルですが、こういうローカルなバルが好きという方は是非行って見てください。

 

Orella (オレジャ)

 

Orellaとはガリシア語で耳を意味し、豚の頭の看板が目印です。

 

好き嫌い別れるかもしれませんが、豚の耳のタパスをちょっと試してみたいという方はこのバルへ行ってみましょう。

 

Gato negro(ガト・ネグロ)

Gato negroとは、黒い猫という意味で、お店の前に猫の看板があるのでわかりやすいです。

 

旧市街に残っている数少ない昔ながらのバルということで、週末や夏など観光客や巡礼者でも非常に混んでいます。

 

バルの雰囲気を楽しんでもらいたくて日本から来たお友達をよく連れて行く場所です。

 

個人的にここのガリシア風タコはとても美味しいと思っています。

 

Trafalgar(トラファルガー)

 

Gato negroの隣にあるバルです。

 

ピリっと辛いソースにつけたムール貝(Mejillones Tigres Rabiosos)のタパスがサービスされます。白ワインと一緒にどうぞ。

 

Bar Coruña(ラ・コルニャ)

 

同じくライニャ通りにあるBar Coruñaは、いろんな具材のボカディージョが楽しめるお店です。

 

特に有名なのはイカフライのボカディージョ(Bocadillo de calamares、ボカディージョ・デ・カラマレス)。

 

地元の人数名から何十年も前からここのイカのボカディージョは美味しくて有名だと教えてもらいました。

 

スペインの全国紙エル・パイスでもイカのボカディージョが美味しい20のお店という記事で紹介されています。

 

最近知ったのは、このバル特製のトマトソースがあるらしく、ボカディージョにトマトソースを付けて食べる方法もあるようです。興味のある方は是非。

 

フランコ通りのおすすめバルは?

Abellá(アベジャ)

このバルに入るとカウンターの壁に「LA MEJOR TAPA DE COCODRILO DE SANTIAGO(サンティアゴ一のワニ肉のタパス」と書いてあります。

 

「本当にワニなの!?」と言ったら、「うその肉は出さないでしょう。」とニコニコ顔の女性店員。

 

飲み物を頼むと、自家製の揚げポテトの上に薄切りの「ワニ」肉が出てきますが、家に帰ってネットで調べてみるとやっぱりワニではなく豚肉だそうです(笑)。

 

お店では毎日私のような質問をする観光客に笑って対応しているのかもしれません。紛らわしいですが、おもしろいと思いました。

 

メニューをざっと見てみました。他のお店と値段の比較をきちんとしたわけではありませんが、観光客が多いフランコ通りの中で良心的な価格設定ではないかと思いました。

 

サンティアゴ市場の近くのバルは?

Casa Pepe

 

サンティアゴの市場の近くにあるカサ・ペペというバルは、義理の父と子供たちがお気に入りのバルです。^^

 

ロモやチョリソを挟んだ小さいサンドイッチにチーズやサルチチョンやピーナッツというタパスが出てきます。

 

これだけで結構お腹いっぱいになります。

 

サンティアゴの観光スポットとして人気の食品市場については、こちらの記事で詳しく紹介しています。

【2017年8月更新】サンティアゴ・デ・コンポステーラの人気観光スポットは市場?営業時間や新鮮な食材を楽しむ方法は?

 

さいごに

サンティアゴの旧市街にあるおすすめのバルを紹介しましたが、今後は新市街にあるバルの情報も随時追加していきますのでお楽しみに。

 

バル巡りって楽しそうだけど、実はお酒があんまり好きではないとかアルコールは全く飲めないという方はこちらの記事も合わせてお読み下さい。

お酒が飲めない人におすすめの飲み物は?スペインのバルで注文できるノンアルコール飲料は?

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

もっとスペインの情報を知りたい方は、今すぐ『いいね』!

コメントを残す