スペインのイースターのお菓子とは?聖週間の過ごし方や習慣とは?

スポンサーリンク

この記事では、イースターの時期にスペインで食べる伝統のお菓子や「セマナ・サンタ」の習慣や過ごし方を紹介します。

 

セマナ・サンタとは日本語で聖週間といい、イースター(キリストの復活を祝う日)前日までの1週間を指します。

 

宗教が違うとどうしても理解しづらい部分がありますが、できるだけ簡単にイースターやセマナ・サンタの習慣について説明します。

 

この記事を読んでスペインのイースターこの時期の過ごし方について理解できたと感じて頂ければ嬉しいです。

スポンサーリンク

イースターエッグの由来は?

イースターの時期が近づくと、お菓子屋さんのショーウィンドウにチョコレートでできたイースターエッグが並びます。

 

キリスト復活前の46日間(四旬節)は、肉や卵を食べることが禁止された時代がありました。

 

この間に鶏が産み続けた卵を復活祭の日にプレゼントしたのがイースターエッグの始まりだとする説があります。

 

12世紀、カトリック教会はキリスト復活のシンボルとしてイースターエッグを贈るのは神への奉仕にあたるものとしました。

 

18世紀以降にチョコレート会社の技術が向上し、卵の形を作れるようになってからチョコレートのイースターエッグが生まれたようです。

 

イースターの伝統的お菓子は何?

Torrijas

出典: http://oleact.es

 

スペイン全国で広く食べられるお菓子は、スペイン版フレンチトーストといえる「Torrijas(トリハス)」です。

 

シナモンを浸して牛乳を暖めた後、前日もしくは2日前に買って固くなったパンを浸し、かき混ぜた卵に移した後、油で揚げます。砂糖やシナモンパウダーをかけて食べますが、地方や家庭によってアニスを使うところもあります。

 

Mona de Pascua

出典: https://yomelocomo.files.wordpress.com

 

Mona de Pascua(モナ・デ・パスクア)は、パンの上にゆで卵が載ったもので伝統的にカタルーニャ・ムルシア・バレンシア・アラゴン地方などで作られ、パドリーノ(洗礼に立ち会う代父)がアイハード(名付け子)にプレゼントするようです。

パドリーノは、一言で洗礼を受ける子の後見人となります。

 

ガリシアに住んでいてこのモナ・デ・パスクアを食べたことがありません。

 

Rosco

出典: http://cdn.granadadigital.es

ロスコと呼びます。小さいドーナツみたいなものです。

 

それでは、イースターの習慣やこの時期の過ごし方を見てみます。

スポンサーリンク

セマナ・サンタ(聖週間)とは?重要な日はいつ?

キリストの復活を祝うイースター(復活祭)前の1週間は、裁判と処刑によりキリストが受けた苦痛を偲ぶセマナ・サンタ(聖週間)です。

 

  • 最後の晩餐が行われた「フエベス・サント(聖木曜日)」
  • キリストが十字架にかけられて死んだ日「ビエルネス・サント(聖金曜日)」

 

セマナ・サンタの中でも上記の2日間が特に重要な日とされ、カトリック教会では、聖木曜日からの3日間「聖なる過ぎ越しの3日間」に重要な典礼を行います。

 

聖木曜日の夜から聖金曜日の朝に行う習慣は?

スペインでは、聖木曜日の夜から聖金曜日の朝に7つの教会を訪問するという習慣があります。

 

7つの教会で祈りを捧げながら、キリストが最後の晩餐を行った場所から十字架に磔にされたゴルゴタの丘までの道のりを思い出すという意味があるようです。

 

『子供の頃、やらなきゃ怒られるから走りながら教会を回ったんだ。』と義理の父が教えてくれました。

 

聖週間のプロセシオンとは?

 

スペイン各地でキリストやマリア像を乗せた山車を担いで街を歩きまわるプロセシオン(行列)があります。

 

キリストの死や悲しみを舞台化してリアルに再現するため、音楽や全体の雰囲気が重苦しく、素足に鎖を引きずって歩く人もいるのでちょっと怖いと感じます。

 

プロセシオンで有名なセビリアやマラガでは、行列を夜中遅くまで追いかけながら過ごします。セビリアやマラガでのプロセシオンの違いについてはこちらの記事で説明しています。

スペインの聖週間の見所「プロセシオン」とは?セビリアとマラガの違いは?

 

教会で鐘の代わりに鳴らすものとは?

サンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂にあるCarraca(カラカ)

 

聖木曜日と聖金曜日は喪に服すため、喜びをイメージさせる鐘の代わりにカトリックの教会ではCarraca(カラカ)を鳴らします。十字の形をした木製の道具で、十字の真ん中に見える取っ手を回して音を出します。

 

カラカの音はイエス・キリストが十字架で亡くなった時に起きた地震の音を再現しています。

 

サンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂正門の左側にある塔の中にカラカがあり、下記映像から音を聞くことができます。

 

 

カラカは8世紀に設置されましたが、時代と共に使われなくなります。スペイン中でもカラカを維持する大聖堂はほとんどないそうです。

 

サンティアゴ大聖堂でも2010年に修復されるまで50年以上カラカは使われず、聖木曜日と聖金曜日にカラカを鳴らすようになったのは2011年からです。

 

まとめ

  • イースターに食べるスペインのお菓子には「トリハス」・「モナ・デ・パスクワ」・「ロスコ」がある。
  • キリストの復活祭直前の1週間をセマナ・サンタ(聖週間)と呼ぶ。
  • 聖週間の聖木曜日からの3日間は「聖なる過ぎ越しの3日間」として教会で重要な典礼を行う。
  • 敬虔な信者は、聖木曜日と聖金曜日に7つの教会を訪れる。
  • キリストやマリア像を乗せた山車を担いだ宗教行列をプロセシオンと呼ぶ。
  • 聖木曜日と聖金曜日には鐘の代わりにCarraca(カラカ)という木製の道具を鳴らすところがある。
  • 聖週間は行列やカラカなどを使って、キリストの受難・死・復活を再現している。

 

2018年の聖週間の日程やこの時期のスペイン旅行に役立つ情報は、こちらの記事をご覧ください。

2018年スペインのイースター休暇はいつ?観光時の注意点は?

スペイン2018年3月の気温は?寒さ対策の服は必要?バルセロナや主要観光都市のデータを紹介!

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

サンティアゴ・デ・コンポステーラ在住の40代2児のママ。3歳の娘と日々格闘中。スペインの観光や留学生活、サンティアゴ巡礼路に関する情報を発信します。スペイン旅行の悩みに記事内で回答します。問合せ
詳しいプロフィールはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

コメントを残す