スペインの火祭り「サン・フアン」とは?起源や地方独特の祝い方は?

Sponsored Link

6月24日はキリスト教の聖人である洗礼者聖ヨハネの誕生日で祝日です。

聖母マリアのいとこエリザベトは、エルサレム神殿の祭司ザカリアと結婚するが、子どもに恵まれなかった。
ある日、ザカリアは天使から、男の子が授かるだろうと言われた。
年をとっていたが、エリザベトはみごもって男の子を産み、その子をヨハネと名付けた。

引用元: 6月24日 洗礼者聖ヨハネの誕生

日本人には馴染みのないお祭りですが、スペイン全土でサン・フアンの前夜にかがり火(Hoguera)を焚いて祝います。

 

今回は、サン・フアンの火祭りの起源や各地方によって異なるサン・フアンの祝い方についてお話します。

 

サン・フアンの火祭りの起源は、キリスト教化する前のヨーロッパで行われていた夏至祭です。

 

1日で最も夜が短かくなるこの日は悪霊を追い払い、善良な霊を引き寄せる絶好の日であるという迷信が結びつき魔法の夜であると考えられました。

 

ヨーロッパにキリスト教が広まると、夏至の日を境に昼の時間が短くなるため太陽を『励ます』ために焚いていたかがり火は、聖ヨハネの父ザカリアが息子の誕生を知らせるために焚い火であると新しい意味が付けられました。

 

サン・フアンのお祭りは6月23日から24日を指しますが、夏至は年によって違うものの6月21日もしくは22日ですので、厳密にいうとサン・フアンと夏至は日にちが一致しません。

 

いずれにしても夏の到来を祝う火祭りの伝統はサン・フアンの日として現在まで根付いています。

 

起源の話はこのくらいにして、次はスペイン各地方で異なるサン・フアンのお祭りについて見てみましょう。

 

各地方で異なるサン・フアンお祭りとは?

Sponsored Link

 

アンダルシア州

出典: http://andaluciainformacion.es

アンダルシア州では、Juanillos(フアニージョス)という名前の布などで作った人形に火を付けます。しかし、この人形はマラガではJuas(フアス)と場所によって異なるようです。

 

私が初めてサン・フアンのお祭りを体験したのはマラガでしたが、残念ながらJuasを見た記憶はありません。

 

かがり火が焚かれたビーチで過ごし、当時知り合ったスペイン人の友達に

 

『サン・フアンの夜に海に入るとその1年は良い年になる』と言われてみんなで一斉に海に入りました。

 

カタルーニャ・バレンシア州

出典: http://www.lovevalencia.com

 

バレンシアというと3月に行われるファリャスを連想する人も多いと思いますが、バレンシア州やカタルーニャ州のサン・フアンの火祭りの主役は、やはり花火や爆竹だそうです。

 

【関連記事】バレンシアの火祭りを楽しむためのアドバイスは?日本からでも楽しめる方法は?

 

アリカンテでは、サン・フアンの日のために作られた多くの人形に火を付けてお祝いするそうです。

 

メノルカ諸島

メノルカのCiutadellaという町では、14世紀から続く馬に乗ったお祭りがあります。

 

今回調べていて初めて知ったお祭りですが、お祭りを一部を伝える1分ほどの映像がありますので是非見てください。

 

 

 

エストレマドゥーラ州

出典: http://www.nationalgeographic.com.es

 

Zafra(サフラ)という町では、サン・フアンのお祭りに人間チェスを行ったり、23日の夜には元々エストレマドゥーラのジプシーが始めた伝統行事La Mojá de la Vara(ラ・モハ・デ・ラ・バラ)が行われます。

 

真夜中の12時に細長い棒(Vara)で水をたたいてその水しぶきで体を清めるというものです。

 

ポケットを濡らすと財が入ってくると考えられたため、現在この行事に参加する人は自分の財布を濡らすようです。

 

 

ガリシア州

出典: http://storage.msn.com

 

ガリシアのサン・フアンのお祭りでは、火と同様に水も大事な要素です。

 

古くからの習慣で23日の午後に山へ出かけて香草や薬草をとり、水が入った器に入れ一晩外に置いておきます。

 

翌朝起きてすぐにこの水で顔を洗うと美容的または病気を治す力があると信じられています。

 

 

出典: http://www.turismogrove.es

 

もうひとつサン・フアンの夜にまつわる習慣で、ポンテべドラ県にあるランサーダ海岸(Playa de Lanzada)でサン・フアンの夜に9つ波をジャンプすると子供を授かることができると言われています。

 

元々は波をジャンプすればいいらしいのですが、私は友達から海に浸かって9回波を受けるという風に聞いた覚えがあります。

 

ガリシアでは魔女(Meiga)をはじめ様々な迷信がある地方で、今後機会を見つけて紹介していきたいと思います。

 

 

出典: http://cadenaser00.epimg.net

 

サンティアゴ・デ・コンポステーラでは、サン・フアンに焚くかがり火のことをCacharelas(カチャレラス)と呼び、市内の各地区でカチャレラスを焚いて、イワシをふるまいます。

 

出典: https://i.avoz.es

 

ガリシアだけに限らず、悪霊を遠ざけるためにかがり火の上をジャンプします。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

サン・フアンのお祭りの時期にスペインにいる方は、特別な思い出になると思いますので是非サン・フアンのお祭りに参加してください!^^

 

それでは、今回の記事のポイントをまとめて終わりにします。

  • サン・フアンの火祭りの起源は、キリスト教化する前のヨーロッパで行われていた夏至祭。
  • 夏至祭を一部キリスト教の聖書の内容に適応させているので、夏至とサン・フアンのお祭りは厳密には日にちが一致しない。
  • スペインのサン・フアンのお祭りは、地方によって独特の祝い方がある。
  • サン・フアンのお祭りでは火だけではなく水も重要な要素となっている地方がある。

 

サンティアゴ・デ・コンポステーラのサン・フアンのお祭りの様子をレポートした記事が下記になりますので合わせてお読みください。

サンティアゴ・デ・コンポステーラの6月の祭り『サン・フアンの火祭り』をレポート!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

Sponsored Link


もっとスペインの情報を知りたい方は、今すぐ『いいね』!

コメントを残す