スペインの牛追い祭りの歴史や見所は?動画を使って魅力を紹介!

Sponsored Link

スペインの三大祭りのひとつであるパンプローナの牛追い祭りはスペイン語でFiestas de Sanfermín(サン・フェルミン祭)と呼ばれます。

 

サン・フェルミン祭と言えば、牛と人間が市の闘牛場までを走り抜ける「エンシエロ(牛追い)」やどんちゃん騒ぎをする様子がクローズアップされがちですが、サン・フェルミン祭はそれだけではありません。

 

サン・フェルミン祭の起源や歴史などお祭りをより楽しむための情報を動画などを使って紹介いたします。

サン・フェルミン祭の聖フェルミンって誰?

サン・フェルミン祭はカトリックの聖人である聖フェルミンを讃える、7月6日から7月14日の深夜24時まで9日間にわたって行われるお祭りです。

 

パンプローナの守護聖人である聖フェルミンは、聖ヤコブの場合と同じくいろんな伝説があり、その真実性に関して専門家の間でかなり議論されているようです。

 

あくまでも伝説ということで、そんな人物がいたのかという感じでお読みください。^^

 

パンプローナに生まれた聖フェルミンは、古代ローマの元老院議員の父をもつ家庭で育ち3世紀にパンプローナを統治しました。

 

このころ、フランスから聖サトゥル二ヌスという人物がキリスト教の布教でパンプローナを訪れ、フェルミンの父をはじめ家族全員がキリスト教徒となります。

 

キリスト教を学んだフェルミンは、フランスで司祭となります。

 

フランス北部のアミアンに住んでいたフェルミンは、24歳の時にパンプローナの最初の司教として任命されますが、後にローマ皇帝ディオクレティアニスによる迫害を受け、斬首刑に処せられます。

 

1186年、フランス人司教により聖フェルミンの聖遺物である頭部がアミアンからパンプローナに移されました。

 

聖フェルミンは、パンプローナ市とナバーラ州の守護聖人です。

 

サン・フェルミン祭の時期は秋だった!?

Sponsored Link

中世に始まったこのお祭りですが、当初は10月10日から2日間のお祭りでした。

 

1590年の大雨によってもっと暖かい時期にお祭りを楽しむために7月に変更されました。

 

サン・フェルミン祭の開会式は?

サン・フェルミン祭は、7月6日の正午、市役所前の広場でチュピナソ(Chupinazo)と呼ばれる長さ1.2mのロケットを打ち上げて開会宣言を行います。

 

このロケットは、1941年に初めて打ち上げられました。チュピナソの音の大きさは133デジベル。

 

離陸時の飛行機とほぼ同じくらいの音の大きさになります。

 

今7月6日の正午にサン・フェルミン祭は始まると言いましたが、パンプローナ市民にとってもサン・フェルミン祭はそれよりも早い朝9時から始まります。

 

市内のバルやレストランで目玉焼き、ベーコン、チストーラと呼ばれるソーセージにトマトソースをかけた朝食をガッツリ食べて、サンフェルミン祭に参加するためのエネルギー供給をするようです。

 

お祭り前の特別朝食メニューですが、なんと同じ年の2月に予約でいっぱいになるそうです。

 

お祭りのコスチュームは?

出典: http://estaticos04.elmundo.es

お祭りには白い服に赤いスカーフを付けている人が沢山います。

 

白い服を着用するようになったのは1960年代からだそうですが、それ以前から使用されている赤いハンカチの起源については、殉教した聖フェルミンの血の色であるという説やエンシエロで走る牛をかりたてるためなどと複数の説があります。

 

エンシエロ(牛追い)の起源やルートは?昔と今の違いは?

14世紀に始まったエンシエロですが、闘牛用に使う牛を田舎からパンプローナ市まで移動したころにエンシエロの起源はあります。

 

当時は、決まったルートもなく1776年まで防衛用の塀もない状態だったようです。

 

19世紀になってからエンシエロで走るルートやルールが決められるようになりました。

 

エンシエロのルートは、下記の通りです。

 

サント・ドミンゴの坂から闘牛場までの距離は875mです。

 

お祭りは聖フェルミンを讃えるお祭りですので、エンシエロを始める前に聖フェルミンの像を前にして、牛追いを走る人達が歌を歌います。

 

スタート地点のサント・ドミンゴの区間は、牛が一斉に走り出し一番スピードを出して走る区間です。市役所の区間に入ってくると牛のスピードは落ち始めるもののカーブがあるためにここで右側の塀に牛がぶつかります。

 

エスタフェタ通りまで入ってくると牛も疲れてきてスピードがかなり落ちるものの、この辺りで最初は固まって走っていた牛たちが個別に自由に走るため危険度がアップします。

 

これまでに16人以上の死者やそれ以上のけが人をだしているエンシエロ。近年はエスタフェタ通りで滑り止めをまいているそうです。

 

エンシエロ以外にも目玉の行事は?

冒頭にも言いましたが、サン・フェルミン祭はエンシエロだけではありません。9日間の日程で数多くのエベントが予定されていますが、その中でも有名なものをいくつか選んでご紹介します。

 

Riau-riau(リヤウ‐リヤウ)

パンプローナ市役所からサン・フェルミン教会までのおよそ500mの道のりを音楽隊と共に行進する行事。7月6日の午後に行われます。

 

リヤウ‐リヤウとは、行進時に歌われる歌の中で叫ばれる言葉です。

 

言葉で説明するよりも実際に見た方がわかりやすいので、こちらの画像をどうぞ。

通りいっぱいの人が歌を歌いながら行進するのですが、行進の進みが遅いゆえに途中で参加者間で衝突など、事故が起こることで1914年に開始されてから中止→復活→再び中止の歴史があります。

 

つい最近では2012年に復活したものの再び事故が起こり、2013年には市の議員などを抜きに非公式な形で行いました。

 

Premio Guiri(プレミオ・ギリ)

Guiri(ギリ)とはスペイン語で外国人を意味する言葉ですが、元はバスク語のGuiristinoという言葉の語尾が脱落した形から来ているそうです。

 

ヘミングウェイをはじめ世界の著名人が愛するサン・フェルミン祭には1996年からお祭りで最も輝いたというか活気のある外国人を表彰しています。

 

2016年の外国人賞に選ばれたのはイギリス人のTimothy Nicholas Pinksさん。33年間毎年お祭りに参加している方です。
さらに、2010年の受賞者は日本人で写真家のSugawara Chiyoshiさんという方です。

 

出典: http://www.abc.es

Pobre de mí(ポブレ・デ・ミ)

サン・フェルミン祭は、7月6日の正午にはじまって7月14日の深夜0時まで計9日間続きます。

 

最終日の夜にパンプローナ市長がお祭りの最後を告げるのですが、キャンドルに火を灯した参加者たちがお祭りの最後を惜しんで「ポブレ・デ・ミ(可哀そうな私)」という歌を歌います。

 

アメリカ版サン・フェルミン祭が行われるのはどこ?

約20万人の街がサン・フェルミン祭の期間には160万人にも膨れ上がります。日本はもちろん、アメリカでも非常に有名な牛追い祭りですが、ニュー・オルレアンズでは2017年から毎年7月にアメリカ版の牛追い祭りが行われています。

 

とはいっても、パンプローナのように牛が走るわけではありません。Roller Girlsというローラースケートを履いた女性たちが風船の棒で走っている人を叩いてまわります。

 

アメリカ版の牛追い映像はこちらです。

 

サン・フェルミン祭に参加する女性への注意点は?

20世紀までは男子だけが参加できたサン・フェルミン祭ですが、現在ではもちろん女性も参加できます。

 

女性にサン・フェルミン祭を楽しむためのひとつのアドバイスというか注意点があります。

 

このお祭りでネガティブな点として挙げられるのがエンシエロの危険性とバカ騒ぎのお祭りの雰囲気を利用して女性の体に障ったりする男性参加者がいることです。

 

せっかく楽しむためのお祭りでもお酒が入ることで、一部の参加者の間で行き過ぎた行為があることは事実です。お気を付けください。

 

まとめ

いよいよ今週スタートするパンプローナの牛追い祭りについて書いてみましたが、いかがでしたでしょうか。

 

最後に今回の記事のまとめをします。

  • パンプローナのサン・フェルミン祭は、中世から続く市の守護聖人である聖フェルミンを讃えるお祭り。
  • サン・フェルミン祭は7月6日の正午から7月14日の深夜0時まで9日間のお祭り。
  • Chupizazo(チュピサソ)というロケットを打ち上げてお祭りが開始する。
  • お祭りに参加する人は、白い服に赤いスカーフを首などにまく。
  • サン・フェルミン祭で有名なエンシエロ(牛追い)は14世紀に始まった。
  • エンシエロでは、875mの距離を約3分で走る闘牛と一緒に人間が走る。
  • アメリカのニューオリンズでは、アメリカ版牛追い祭りがある。
  • エンシエロ以外にも多くの行事があるが、Riau-riau(リヤウ・リヤウ)やPobre de mi(ポブレ・デ・ミ)など参加者がお祭りの歌を歌う行事が有名。
  • お酒を飲んでバカ騒ぎをする参加者の中には行き過ぎた行為をする人がいるので、女性参加者は注意が必要。

 

牛のお祭りつながりで、以前イッテQでみやぞんがトライしたブル・リーピングという闘牛についてこちらで紹介しています。

イッテQでみやぞんが闘牛をした場所は?祭りを体験する方法は?

 

サン・フェルミン祭の他に世界的に有名なスペインのお祭りと言えば、トマトを投げ合うお祭りやバレンシアの火祭りがあります。こちらの記事で詳しく説明していますので、合わせてお読みください。

スペインのトマト祭りの日程や場所は?祭りの歴史や参加可能なツアー情報は?

 

バレンシアの火祭りを楽しむためのアドバイスは?日本からでも楽しめる方法は?

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

Sponsored Link


もっとスペインの情報を知りたい方は、今すぐ『いいね』!

コメントを残す