スペインの独特なカーニバルでおすすめはどこ?仮装をしない人はどうなるの?カーニバルを楽しむためのアドバイスとは?

Sponsored Link

前回、スペインのカディスとテネリフェ島のカーニバルについてお話ししました。

しかし、スペインのカーニバルはこれだけではありません。

カディスやテネリフェ島とはまた全然違う非常に独特なカーニバルを祝う場所があります。

そこはどこかというと・・・・ガリシア州です!!

自分の住んでいる場所だからという訳ではありません。スペインのメディアも注目するほど独特で面白いカーニバルを行う場所があります。今回はガリシアのカーニバルについてお話します。

ガリシア州でとても大衆的なお祭りであるカーニバル

スペインの中でもガリシアはカーニバルが盛んな地方です。ガリシア州の大多数の村でこの時期の平日で月、火、水曜日のいずれかを祝日に設けています。州全体でここまで大衆的なお祭りとなっている州は少ないと思います。

 

フランコ独裁政権下でカーニバルは禁止されていました。カーニバルの一部慣習をなくしてしまったところもありますが、田舎の村々では昔からのカーニバルの伝統を守って続けられました。

 

ガリシアでは、ガリシア語でカーニバルを意味するエントロイド(Entroido)という言葉がよく使われます。
エントロイドには誰でも皆参加できますが、ひとつ条件があります。

 

それは、なんでもいいので必ず仮装して参加すること。仮装しないとどうなるのかはこの後説明していきます。

 

また、ガリシアにあるカーニバルを全部紹介することはできませんので、今回は最もカーニバルの盛んな場所に絞りたいと思います。

 

ガリシアで最もカーニバルの盛んな場所はどこ?

ガリシア州は4つの県(コルーニャ、ルーゴ、ポンテべドラ・オレンセ)で構成されます。この4県の中でカーニバルが最も盛んな県は、内陸部にあるオレンセ県です。

 

出典: https://upload.wikimedia.org

 

県都であるオレンセ市からさらに100キロほど南下したところに、カーニバルで非常に有名なシンソ・デ・リミア(Xinzo de Limia)、ラサ(Laza)、ベリン(Verin)という3つの村があります。

 

15~20年前より、これら3つの村を結んで魔法の3角形地帯という言葉が生まれました。

 

 

Sponsored Link

 

 

スペインで一番長い期間カーニバルを祝うのはどこ?

シンソ・デ・リミアは、なんと5週間かけてカーニバルを祝います。これだけ長期間にわたってカーニバル祝う場所は、スペイン国内はもちろん世界的に見てもこの村だけではないかと思います。ここのカーニバルは、国の観光行事に指定されています。

 

シンソ・デ・リミアのカーニバルは小麦粉で始まる?

今年2017年のカーニバルは、2月5日の日曜日に始まりました。カーニバル開始の日曜日は、ドミンゴ・ファレレイロ(Domingo Falereiro)と呼ばれ、開始の宣言の前から村の中央広場に人が集まり、お祭りの主催者から小麦粉が配られます。

 

カーニバル開始の宣言と共に、小麦粉の投げ合いがはじまります!参加者は、容赦なく投げ合います。特にマニュアルがあるわけではありませんが、経験者たちはレインコートに小麦粉から目を守るためのゴーグルを装着します。

 

Xinzo. 25-01-2015. Domingo Fareleiro en Xinzo. José Paz

出典: http://www.laregion.es

 

村の外から来て初めて参加する人は、小麦粉戦争のターゲットとなります。今年は、雨が降ったため水分を含んだ小麦粉で体中べちょべちょになったそうです。

 

シンソ・デ・リミアのカーニバルで重要な人物は?その役割とは?

この村のカーニバルで有名なキャラクターというか人物がいます。その名前はパンタージャス(Pantallas)といいます。

出典: http://3.bp.blogspot.com

 

白いシャツにズボン、上から赤もしくは黒のマントをはおり足元は黒、腰には赤いスカーフと鈴を巻いています。これに、乾燥させ風船のように膨らませた牛の膀胱を手に持ってパンタージャスの衣装が完成です。

 

パンタージャスの役目は、カーニバル期間に村中の人がみんな仮装しているかどうかを監視することです。仮装していない男性を見つけると、パンタージャスはとことんその男性を追いかけまわし、しまいには腕をつかんで近くのバルまで連れて行きパンタージャスに飲み物をおごらせます。

 

仮装していないのが女性や村の外から来た人の場合は、彼らに近づき囲って自分がもっている膀胱の風船をたたいて大きな音を立てながら踊ります。

 

カーニバルで泥一杯の布や生きた蟻を投げるのはどこ??

ガリシアでカーニバルの最も歴史の古いのがラサ(Laza)です。3つの村の中で最も激しいカーニバルを祝うのはここだと言ってもいいかもしれません。

カーニバルがはじまり、月曜日の朝になると村にあるピコタ広場で泥一杯の布を投げ合う「ファラパーダ(Farrapada)」が行われます。

出典: http://www.altairmagazine.com

 

シンソ・デ・リミアのパンタージャスに対し、ラサのカーニバルの主要人物であるペリケイロ(Peliqueiro)が鞭を激しく叩きつけながら村の広場を駆け終わると、夕方には、この日クライマックスともいえる牛の頭をつけた人物にハリエニシダや袋をもった村の若い人達の集団がピコタ広場に現れます。

 

出典: https://upload.wikimedia.org

 

牛の頭を付けた人物は、頭の角を上下に動かして移動しながら周りにいる人(特に女性)に襲い掛かります。
袋の中にはお酢につけた生きた蟻が入っており、広場につくとそれを人に向かって投げつけます!投げつけた人にかみつくように、投げる少し前に蟻を酢につけて、蟻を怒らせます。ここに小麦粉も加わります。すごいですよね・・・。

OURENSE. 03.03.2014. LAZA, LUNS DE ENTROIDO. BAIXADA DA MORENA HASTA A PICOTA. FOTO: MIGUEL ANGEL

出典: http://www.laregion.es

 

触れてはいけないけど、ののしるのはOKなシガロンって何?

魔法の三角地帯の最後の村であるベリンのカーニバルの重要人物は、シガロン(Cigarron)と言います。

出典: https://upload.wikimedia.org

 

見た目、ラサのペリケイロに似ています。木製のお面からチョカスという大小の家畜につける鈴などペリケイロの衣装の重さは25キロ以上になるそうです。この重さの衣装をつけて、村中を走り回るのですから体力のある人でないとだめですね。

 

親子代々この役をする人たちはとても誇りをもってやっているのです。そして、この衣装は複数の人の助けがないと着れません。この人物の起源については、16世紀の税の取立人であったとか様々な説があります。

 

ベリンのスターともいえるこのシガロンですが、昔から触れることはできないとされていますが、ののしったりするのは大丈夫とのこと・・・。面白いですね。

 

私は、ガリシアで住むようになってこのカーニバルの存在を知ってから毎年行きたいと思っていますが、まだ行けていません・・。

 

来年のガリシアのカーニバル、特に一番ヘビーなラサへ行ってみたいという方のために、最後にいくつかのアドバイスをして終わりにします。

 

ガリシア魔法の三角地帯のカーニバルを楽しむためのアドバイスとは?

  • 私がいけない理由のひとつでもありますが、小さい子供を連れて行くのは危険です。広場にあるバルのテラスとかバルコニーとか安全なところで見れればいいですが、参加するとなるとまた別です。
  • 蟻が体に入ってかまれないように、長靴や山登りの靴を履いてズボンを中にきちんと入れましょう。
  • 汚れてもいいように捨ててもいいような古い服を着ましょう。冬で寒いのでタートルネックなど首まで隠すようにして、フードのついた仕事着を着るといいかもしれません。
  • 写真を撮りたいとおもいますが、カメラをカバーできちんと守りましょう。
  • 大分前もってこれらの村の宿泊宿を手配してください。直前に探しても、これらの村の30キロ先の宿まで満室というのは普通です。

 

私よりも先に魔法の三角地帯のカーニバルを体験された方がいましたら是非どうだったか教えてください!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

Sponsored Link


もっとスペインの情報を知りたい方は、今すぐ『いいね』!

コメントを残す