マラガのピカソ美術館や生家を無料で入場できるのはいつ?

マラガでピカソの作品を見れるピカソマラガ美術館(Museo Picasso Malaga)と生家(Museo Casa Natal)の基本情報(場所・営業時間・入場料金)に続き、入場が無料の日・時間帯を案内します。

 

旅行中に複数の美術館を訪れると入場料だけで結構なお金になりますので、できるだけ節約したい方はチェックして下さい♪

スポンサーリンク

ピカソは1881年10月25日にメルセ広場36番地の家で生まれました。

 

当時は子供に長い名前を付けるのが流行していたようで、ピカソの本名は次の通りです。

名前: Pablo Diego José Francisco de Paula Juan Nepomuceno María de los Remedios Cipriano de la Santísima Trinidad (パブロ、ディエゴ、ホセ、フランシスコ・デ・パウラ、フアン・ネポムセノ、マリア・デ・ロス・レメディオス、シプリアノ・デ・ラ・サンティシマ・トゥリニダ)

苗字:  Ruiz y Picasso (ルイス・ピカソ)

 

ピカソの生家では、彼の両親のゆかりの品物やピカソが子供の頃に遊んだおもちゃに当時の写真などマラガで生活した頃の様子がわかるコレクションが展示されています。

 

ピカソの生家の住所がメルセ広場15番ですが、13番地に別の企画展示スペースがあります。

 

ピカソの生家の営業時間や入場料金は下記の通りです。

【営業時間】

毎日: 9:30~20:00(祝祭日含む)

12月24・31日: 9:30~15:00

【閉館日】

1月1日、12月25日

【入場料】

生家美術館+オーディオガイド(メルセ広場15番地)3€(割引料金2€)

企画展示スペース+オーディオガイド(メルセ広場13番地)3€ (割引料金2€)

両方訪れる場合の料金(オーディオガイド付き)4€ (割引料金2.5€)

【割引対象者】65歳以上と26歳以下の学生は割引料金

 

ピカソは、家族と一緒にガリシア州コルーニャ市へ引越す1891年までメルセ広場で住んでいました。

コルーニャのピカソの家美術館とは?どんな作品があるの?町を離れた理由は?

 

ピカソマラガ美術館とは?

ピカソの長男の妻であるクリスティーンと孫のベルナルドから寄贈された233作品を展示しています。

 

この美術館で世界的に有名なピカソの作品が見れると期待すると少しガッカリするかもしれませんが、これまで売りに出されなかったプライベートコレクションが展示されているという意味で大変貴重だと思います。

 

館内の案内標識があまり良くないのですが、建物の地下に行くとフェニキア時代の遺跡も見ることができます。

 

ピカソの作品の他に約4か月ごとに企画展も行っています。2018年の企画展情報はこちらから確認できます。(英語)

 

ピカソマラガ美術館の営業時間や入場料金の情報に関しては、時期により営業時間が異なりますのでご注意ください。

【営業時間】

9ー10月 毎日 10:00~19:00

11ー2月 毎日 10:00~18:00

3ー6月 毎日 10:00~19:00

7ー8月 毎日 10:00~20:00

セマナ・サンタ(聖週間)10:00~20:00

12月24・31日、1月5日: 10:30~15:00

【閉館日】

1月1・6日、12月25日

【入場料】

Pablo Picassoコレクション 7€(割引料金 5€) 企画展5.5€

ピカソコレクション+企画展 10€ (割引料金 6€)

【割引対象者】65歳以上、26歳以下の学生、またはCarne Joven Euroを持つ者

※入場料に含まれるオーディオガイドは日本語も対応しています!

 

入場無料の日に入ったらいくらお得?

スポンサーリンク

ピカソ美術館のピカソコレクションと生家の入場料だけで最低10€、興味のある企画展も含めて見る場合は約15€かかります。

 

本来なら入場料に取られるお金を使って美術館のショップでお買い物をしたり、美術鑑賞後のバル巡りの食事代にまわせます。

 

ピカソ美術館のショップには家族や自分用のお土産に良さそうなグッズや本などが売っていました。

 

次に各美術館の入場無料日を案内しますのでチェックして下さい。

 

2つの美術館の入場無料日はいつ?

ピカソの生家

日曜日 16:00‐20:00

日曜以外の特別無料日は・・・

  • 2月28日(アンダルシアの日)
  • 5月の土曜日(年によって日が変わる)
  • 5月18日(世界美術館の日)
  • 9月27日(世界観光の日)
  • 10月25日(ピカソの誕生日)

 

ピカソマラガ美術館

日曜日の閉館時間2時間前から入場が無料になります。

  • 9~10月 17:00‐19:00
  • 11~2月 16:00‐18:00
  • 3~6月 17:00‐19:00
  • 7~8月 18:00‐20:00

日曜以外の特別無料日は・・・

  • 2月28日(アンダルシアの日)
  • 5月18日(世界美術館の日)
  • 9月27日(世界観光の日)
入場は閉館30分前まで、閉館10分前に退館の指示が始まります。
入場無料の日はオーディオガイドは有料(1€)となります。
ピカソマラガ美術館を入場無料日に見学しましたが、建物の前には長い列ができていました。無料の日は列に並んで入る覚悟をしておいた方がいいでしょう。

まとめ

大きい美術館ではないことや各美術館の間の距離も近いので、日曜日の午後に両方訪れることは可能です。

 

今回の記事のポイントをまとめます。

  • ピカソマラガ美術館では、家族から寄贈された貴重なコレクションと企画展示作品が見れる。
  • ピカソの生家では、マラガで幼少期を過ごしたピカソと家族の思い出の品などが見れる。
  • ピカソ美術館の入場無料は日曜日の閉館時間2時間前から。
  • 生家美術館の入場無料は日曜日の16:00~20:00まで。
  • 日曜以外にも特別無料日が設定されている。
  • 無料日に利用すると10€以上もお得に!

マラガ市から1時間ほどで行ける白い村のミハスで、世界で2番目に重要なピカソの陶器コレクションを見ることができます。

ミハスの観光情報については、下記の記事を合わせてお読み下さい♪

スペインの白い村ミハスへのアクセス方法は?マラガからの行き方やその逆は?

ミハス観光は本当におすすめ?所要時間はどのくらい?

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

もっとスペインの情報を知りたい方は、今すぐ『いいね』!

コメントを残す