失敗しない小学校の選び方とは?申請時期や受入れの優先基準は?スペイン人の親が犯しやすい間違いとは?

Sponsored Link

スペインでは市内にある複数の学校から親が学校を自由に選択して入学希望の申請をします。

 

スペインの学校の種類や学校制度についてはこちらの記事で詳しく説明していますので合わせてお読みください。

スペインと日本の学校制度の違いは?子供は3歳から小学校に通うの!?

 

重要な決断とわかっていても初めて長男の小学校を選ぶ時は、どんな学校があるのかといった初歩的なことから申請手続きの方法までわからないことばかりでした。

 

自分の街にある学校をよりよく知る方法、小学校で利用可能なサービス、学校を選ぶ上で気を付けたいことや申請後の受入れ基準などスペインで小学校を選ぶ時に知っておくと役立つ情報をまとめました。

 

当時の体験を振返り、印象に残ったことや実際に役立ったアドバイスなどを紹介しますので参考にして頂ければ嬉しいです。

 

年によって日程は多少前後するとは思いますが、子供が3歳になる年の3月です。

 

申請の締切日までにどうやって学校を選んでいくか、この点がやはり重要ですので早速見てみましょう。

自分が住む町の学校情報を得る方法は?

Sponsored Link

学校の情報を得るため私がとった3つの方法はこちらです。

小学校が開催するオープンスクールに参加

申請時期に合わせて各小学校でPuertas abiertas(プエルタス・アビエルタス)という名のオープンスクールを行います。

 

学校の施設を直接見たり学校のディレクターや先生方と話すことができます。

 

小学生の子供を持つ親から話を聞く

学校を訪ねて大体のイメージをつかむことができますが、実際に学校へ子供を通わせている親との意見交換はとても有益です。

 

サンティアゴの公立学校で先生をしている知人と話をした時にこんなことを言われました。

 

「親として自宅から遠くてもいい学校へ子供を入れたいと思う気持ちはわかるけど、一度入ったら何年も通い続ける。子供が病気になった時や学校の各行事に駆けつける親にとって負担にならないよう家から近い学校を選ぶのも大事だよ。」

 

現実的な視点を持って小学校を選ぶことの大事さに気付くことができて、ありがたいなと思ったアドバイスでした。

 

保育園の先生に相談

子供を保育園に通わせている場合、説明会を開いたたり個別相談に乗ってくれたりします。
当時、数ある学校の教育方針などを客観的に説明してくれ、子供の性格を理解した上で学校選びのアドバイスをくれた園長先生の言葉一番の決め手となりました。

小学校で利用可能なサービスとは?

朝の保育サービス

スペイン語でマドゥルガドーレス(Madrugadores)と言い、日本語で早起きする人という意味があります。授業開始前(学校によって違いますが、多いところで9時スタート)に子供を学校に預けることができます。

 

バス

朝、市内の各所で子供達をピックアップして学校まで行くバスのサービスを行っている学校があります。

 

給食

私にとって給食は先生も一緒に全員教室で食べるものだったのですが、スペインでは給食はオプショナルです。学校のコメドール(食堂)でお昼を食べる子もいれば、家でご飯を食べる場合があります。

 

 

子供が学校でお漏らししたら?


幼児学校は3歳からですが、9~12月生まれの子は3歳のお誕生日を迎える前に学校をスタートすることになります。

 

中にはまだおむつが取れていない子がいたり、何かに夢中になっていて教室でお漏らししてしまう子もいます。

 

着替えの入った箱を教室に置いておき、先生がパンツやズボンの着替えを手伝う学校もあれば、『着替えをさせに学校まで来てください。』と親へ連絡する学校があることを知りました。

 

学校へすぐ駆け付けられるように車の中に着替えを常備していたというお母さんの話に驚いた私は、訪問した学校で「お漏らしした時の対応は?」と念のために確認するようになりました。^^

 

小学校の『宗教の授業』とは?

6歳以上になってからの話になりますが、キリスト教の教えについて学ぶ宗教の授業が選択科目として出てきます。

 

宗教を選択しない学生は、代わりに道徳みたいなものを教えるクラスへ行く事になります。

 

まだ子供が小さいので現時点で詳しいことはわかりませんが、私も主人も宗教のクラスは受けさせたくないという考えがあります。

 

校長先生に、「小学校に上がったら宗教以外の授業を受けさせたいんですが」と相談したら、

 

「問題ないですが、プリメラ・コムニオンをするには宗教の授業を受けるという条件があります。クラスメートの影響で途中で考えを変えるケースが結構ありますよ。」

 

と言われました。

 

『プリメラ・コムニオン』とは、初聖体拝領というカトリックの教えを自分で理解できる年齢に達した子供が自分の意思でキリスト教徒になるという儀式です。

 

日本人には馴染みのない儀式ですので、よろしければこちらをどうぞ。
スペイン王室レオノール&ソフィア王女が体験した『プリメラ・コムニオン』とは?

 

次は、申請手続きについて見てみます。

申請方法や受入れの優先条件とは?


各学校でもらえる入学申請用紙には、入学希望校を第6候補まで記入するようになっています。

 

応募数が希望校の定員内であれば問題なく受理されますが、定員以上の応募があった場合は・・・

  • 学校に兄弟(姉妹)がすでに通っている
  • 学校が自宅もしくは親の勤務先近くにある
  • 低所得世帯
  • 3人以上の子供がいる家族

 

といった受入れ優先条件があり、該当するとポイントが加算されて総合得点の高い人から受け入れリストに入っていきます。

 

こういった状況があるため、希望校に入るために住民票の住所を変えて対応するケースがあるのを聞いたことがあります。

 

さいごに


スペインの新聞El Confidencialの2017年9月6日の記事で、小学校を選ぶときにスペイン人の親が犯しやすい間違いとして下記の点をあげていました。

 

  • 学校のランキング情報を過度に気にすること。
  • 事前に学校主催の説明会等へ参加しないこと。(これが一番大きな間違い!)
  • 公立・私立・(特に宗教系)半私立学校に対する先入観により各学校の教育方針など見ようとしない。
  • 評判がいい学校でも自宅から2時間もかかるような遠い学校へ通わせる。

3点目の補足ですが、スペイン人の中に「教育の公共性を守るべき!」という人がいます。

 

その考えはいいと思いますが、色々悩んだ末に宗教系でない半私立の学校を選んだ私たちに「公立を選ばないなんて信じられない。」と言う人がいました。(面と向かって言えるだけの信頼関係があっても、言われていい気持ちはしなかったです。)

 

色んな人の意見を聞いていくと、他人の意見に振り回されたり考え方の違う人から上記のようなコメントを言われたりする可能性もありますが、自分のパートナーとよく相談して納得いく学校選びができるといいですね。^^

 

今回の内容は私の体験を紹介しているのでサンティアゴ・デ・コンポステーラの情報になります。他の地方では異なる部分があると思いますので、必ず自分が住んでいる場所の市役所や学校で詳細をお問合せ下さい。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。
Sponsored Link

もっとスペインの情報を知りたい方は、今すぐ『いいね』!

コメントを残す