マドリードのティッセン美術館をおすすめする理由は?無料入場日や共通チケット情報は?

Sponsored Link

マドリードの人気観光地ランキングから私が今回選んだのは、ティッセン=ボルネミッサ美術館(以下、ティッセン美術館と表記)です。

 

スペイン・マドリード観光でおすすめのスポットは?2016年のランキングで見る観光客に人気の観光地はどこ?
今年は積極的にスペインの各地を旅行したいと思い、まずはマドリードへ行くことにしました!  往復で40€(税込み)の航空券を購入、滞在先の予約も済ませました。あとは、限られた時間で効率よく市内観...

 

マドリードの三大美術館(プラド美術館・ソフィア王妃美術センター・ティッセン美術館)で、唯一訪れていなかったのがココでしたが、美術館が所有するコレクションの凄さに驚きました。

 

美術館の基本情報(場所・アクセス方法・営業時間・入場料など)をはじめ、実際に見た作品の一部を紹介しながら、ティッセン美術館をおすすめする理由についてお話します。

出典: http://estaticos.aniversario.elpais.com

ティッセン美術館は、製鉄業で成功したドイツ人実業家のアウグスト・ティッセン(1842-1926)の三男ハインリッヒ・ティッセンと彼の息子であるハンス・ハインリヒ・ティッセン=ボルネミッサが集めた個人のコレクションを展示しています。

 

画像に写っているのは、ハンス・ハインリヒ・ティッセン=ボルネミッサ氏とカルメン夫人です。

 

1992年に自身のコレクションを一般公開するために美術館を開館し、翌年スペイン政府がコレクションを買い取りました。

 

美術作品に詳しくない私でも、学校の教科書や他の本で見たことがある有名な絵だ!とわかる作品ばかり。個人でここまで集めるとは・・・スゴイの一言です。

イタリアのルネサンス前派と初期フランドル派、ドイツルネサンス、17世紀オランダ絵画、印象派、ドイツ表現主義、ロシア構成主義、幾何学的抽象絵画、ポップアートといった、プラド美術館にもソフィア王妃美術館にも所蔵されていない芸術的運動や様式の作品が揃っています。

その他、ヨーロッパでは珍しい、19世紀アメリカ絵画の充実したコレクションも特徴の一つです。

引用: https://www.esmadrid.com

 

ティッセン美術館の場所やアクセス方法は?

Sponsored Link

ティッセン美術館の住所はPaseo del Pradoの8番地、近くにプラド美術館があります。

 

一番簡単なアクセス方法は、メトロの赤いラインである2番線に乗りBanco de España(バンコ・デ・エスパーニャ)駅で降りる方法でしょう。

出典: https://www.museothyssen.org

 

地下鉄の内部でティッセン美術館に近い出口の表示があります。出口を出て、マドリード市役所があるシベレス広場を真正面に見て右に曲がって歩いていくと、右手にティッセン美術館があります。

 

営業時間や料金は?

開館時間は、火曜日~日曜日まで10:00-19:00ですが、入場は閉館時間の1時間前になるのでご注意ください。

 

企画展に関しては別の営業時間がありますので、美術館のサイトで必ずご確認下さい。

 

チケットの料金は、一般で12€、学生や65歳以上は8€です。美術館の販売窓口で直接、もしくは美術館のサイトからも購入できます。

 

チケット売り場のすぐそばにあるショップとは逆の方向に歩くと、オーディオガイドを借りるカウンターがあります。

 

常設展のみ、常設展+企画展でオーディオガイドの値段が変わります。常設展+企画展のオーディオガイドの値段は7€でした。

 

チケットにオーディオガイドを借りると、ティッセン美術館だけで約20€かかります。

 

時間をかけてじっくり作品を楽しみたいですが、常設展のみの見学であれば、毎週月曜日は12:00-16:00まで無料で見学できます。

 

三大美術館を見学したい人向けのお得なチケットは?

マドリードの三大美術館共通のチケット【パセオ・デル・アルテ】があります。

 

  • 料金: 29.6€(2017年6月1日現在)
  • 有効期限: 発券日から1年間
  • ティッセン美術館に入る前に、美術館内のPriority Ticket Officeにてチケットを提示してください。
  • 常設展のみ入場可能です。

 

3つの美術館で個別にチケットを払うより20%お得なります。

 

チケットの料金や条件等は変更される恐れがありますので、必ず事前に確認下さい。

 

ティッセン美術館の中の構成は?見学しやすい?

 

美術館の全階で常設展の作品を見ることができます。係員から一番上の階(Segunda Planta)から見ていけと係員の人に言われました。一番上の階では15世紀ごろからの宗教画などを中心に見ることができます。

 

 

Primera Plantaでは17世紀から19世紀(一部20世紀半ば)までの絵画、Planta bajaでは20世紀アートがテーマとなっており、キュービズム・シュールレアリスム・ポップアートの作品を楽しめます。

 

 

常設展と同じく全ての階で、ハンス・ハインリヒ・ティッセン=ボルネミッサ夫人であるカルメン・ティッセン=ボルネミッサのコレクションも見ることができます。

 

このコレクションの印象を一言で言うと風景画が多かったです。風景画がお好きな人にはおすすめです。

 

月曜日(無料入場日)の様子はわかりませんが、私がティッセン美術館を訪れたのは金曜日の遅めの午前中でした。

 

確かに人は大勢いましたが、長蛇の列を作って入場することもなく、全館に渡ってゆっくりと見学できました。

 

 

フラッシュ無での撮影も許可されていたので、皆さん気にいった絵画をどんどん撮影していました。

 

コレクション以外の見どころは?

有名な画家の作品を見れて大満足でしたが、最後に訪れた美術館のショップもとてもよかったです。

 

ハンガリー人リプル・ロナイの作品【白い水玉ドレスの女性】からインスピレーションを得たアクセサリーやバッグ。

 

 

 

決して安くはありませんが、この他にも素敵なデザインのアクセサリーが沢山ありました。

 

美術館25周年を記念し数字の2と5でデザインされたグッズもシンプルだけど悪くないし、昔からあるお土産屋さんのグッズとは違って美術館のショップのお土産はレベルが高いなと改めて思いました。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

マドリードの三大美術館のひとつティッセン=ボルネミッサ美術館について書いてみました。

 

この美術館をおすすめするポイントを下記まとめます。

 

  • ドイツ人実業家ティッセン家の父子が集めた個人のコレクションとしては非常に重要なもの。
  • 世界的に有名な画家の作品が展示されているのに加え、プラド美術館やソフィア王妃美術館にも所蔵されていない芸術的運動や様式の作品が揃っている。
  • 曜日や時期にもよるが、ゆっくりと作品を鑑賞できる。
  • フラッシュ無で絵画の撮影OK。
  • 展示されている作品をモチーフにしたアクセサリーなど素敵なグッズが沢山置いているショップも必見!
  • 無料入場日は毎週月曜日12:00~16:00
ティッセン美術館の他にもマドリードの人気の観光地について知りたい方は、こちらの記事も合わせてお読みください。
スペイン・マドリード観光でおすすめのスポットは?2016年のランキングで見る観光客に人気の観光地はどこ?
今年は積極的にスペインの各地を旅行したいと思い、まずはマドリードへ行くことにしました!  往復で40€(税込み)の航空券を購入、滞在先の予約も済ませました。あとは、限られた時間で効率よく市内観...
最後まで読んで頂きありがとうございました。

Sponsored Link


もっとスペインの情報を知りたい方は、今すぐ『いいね』!

コメントを残す