小学校の選び方のポイントは?申請の時期はいつ?受入れの優先基準とは?

Sponsored Link

スペインと日本の学校制度の違いは?子供は3歳から小学校に通うの!?
先週、2歳の娘が今年の9月から通う小学校の申請手続きを行いました。 日本で同じ年頃のお子さんを持つお父さんやお母さんは、『???』となるかもしれません。 スペインでは、小学校の就学前に・・・0...

 

上記の記事の中で、最近は日本でも親が学校を決めるみたいですねと言ったら、記事を読んだ方から東京都における学校選択制の情報を頂きました。

 

区内の学校を自由に選択したり隣接区の学校を選んでもOKの区があって、非常に興味深かったです。どうもありがとうございました!

 

今回は、2人目の子供の学校申請だったので上の子と同じ学校にしただけですが、長男の学校を選ぶときは大変でした・・。

  • 申請の時期はいつ?
  • 自分の住んでいる街にはどんな学校があるの?
  • 評判のいい学校はどこ?
  • どういう基準で学校を選んだらいいの?

 

わからないことばかりでしたし、申請書類を出す直前まで主人と色々悩みました。

 

当時のことを振返りながら、今後同じような状況になる方へ少しでも役に立つ情報をお届けできればと思います。

 

 

子供が満3歳になる年の3月です。

 

今年の申請締切日は3月20日でしたが、これは年によって変わると思っていた方がいいでしょう。どちらにしても3月中に申請をだすことになります。

 

自分が住んでいる街の学校情報を得る方法は?

Sponsored Link

公立、私立、半私立と3種類の学校がありますが、本当に知りたいのは各学校の中の部分(施設や先生の印象、実際に子供を通わせている親の意見)ですよね。

 

学校の情報を得る方法は4つあります。

 

学校が開催するオープンスクールに行く

この時期に、各小学校でプエルタス・アビエルタス(Puertas abiertas: 直訳で開かれたドア)という名のオープンスクールを行います。

学校の各施設を直接見て回ったり、学校のディレクターや先生方と話す機会がもてますので、興味のある学校があったらこの機会を必ず利用してください。

 

小学生の子供を持つ親からのアドバイス

興味のある学校に子供を通わせている親に質問をするのはもちろん、小学校を選んだ経験のある先輩といった感じで、主人の友達夫婦とも話をした時にこういわれました。

 

「自宅から遠くても評判のいい学校に入れたい気持ちはわかるけど、一度入ったら何年も通い続ける。子供が病気になった時や学校の各行事に駆けつける親にとって負担にならないよう家から近い学校を選ぶのも大事だよ。

 

複数の学校を見ていくうちに、自宅から遠いとくても人気のある学校へ通わせた方がいいかなという気持ちが出てきた時だったので、私たちにとっては現実的でありがたいアドバイスでした。

 

保育園の先生に相談

子供を保育園に通わせている場合、学校探しのためのオリエンテーションの機会を作ってくれたり、個別相談に乗ってくれたりします。

最後に決めかねていた私たちの背中を押してくれたのは、園長先生との面談でした。とても信頼していた人だったので、その方のアドバイスで決断できた部分があります。

 

小学校に通う子供からの情報

迷っていた学校のひとつに通う近所の子供に、ふと気になったことは「どんな感じなの?」と聞いたことがあります。でも、これはできたらという感じでいいと思います。

 

学校を選ぶときに見るポイントは?

自宅からの距離や学校の施設以外に、注目するポイントをあげますね。

朝の保育サービス

スペイン語でマドゥルガドーレス(Madrugadores)と呼びます。日本語で早起きする人という意味です。

共働きで会社と学校の開始時間が近い場合、授業開始前(学校によって違いますが、多いところで9時スタート)に子供を学校に預けるサービスがります。

 

バス

朝、市内を巡回するバスを利用して学校まで行くこともできます。

 

給食

公立学校の中でもケータリングを利用する学校もあれば、校内で毎日ご飯を作っているところもあります。

給食の時間は、先生も生徒と同じ教室でご飯を食べていたという思い出がありますが、こちらでは先生が生徒と一緒に食べないのは普通みたいです。

 

私の子供が通う学校では、校内に調理場があります。先生も生徒と同じメニューを食堂で食べます。好き嫌いする子を「もぐもぐルーム(Sala de masticar)」という名前の場所に移して、最後までちゃんと食べるように見てくれます。各学校で本当に事情が変わります。

 

これらはオプショナルなサービスです。基本的に授業料とは別に料金がかかります。

 

あと2つ、個人的に印象に残った点をあげます。

 

宗教の時間

小学校に上がってからの話ですが、キリスト教について教える宗教の時間があります。

宗教の時間の代わりに道徳みたいな時間があるので、私たちはそちらを選びました。私立だと宗教系の学校が多かったりするのですが、私立・半私立でも宗教色のない学校はあります。

 

 

学校の校長先生との面談で、「小学校では、宗教以外の授業を受けさせたいんですが」と言ったら、こういった返事が返ってきました。

 

「問題ありませんが、途中で意見を変えないでくださいね。コムニオンには、宗教の時間の受講が条件です。コムニオンをしたくて、途中から宗教の時間を選択するケースがよくあるんです。」

 

日本人には馴染みのない『プリメラ・コムニオン』という儀式について調べてみました。こちらも合わせてお読みください。

 

スペイン王室レオノール&ソフィア王女が体験した『プリメラ・コムニオン』とは?
 スペイン国王夫妻来日に関する記事の中で、フェリペ6世とレティシア王妃には二人の娘(レオノールとソフィア)がいると話をしました。  次女のソフィア王女は先月29日に10歳になりましたが、その...

 

 

幼児学校で子供がお漏らししたら・・・

3歳で幼児学校をスタートする際、おむつがとれていない子もいるそうです。とはいっても、3歳ですから何かに夢中になっていてお漏らしということもあります。

 

そんな時、先生がパンツやズボンの履き替えをしてくれない学校があります

 

着替えをさせに学校まで来てください。

 

 

 

と、学校から親へ連絡がいくそうです。

 

  • 連絡する間に、パンツやズボンをその場で変える方が早くない?
  • 待っている間の子供がかわいそうじゃない?
  • 仕事している親を学校まで来させて非効率だよね?

 

と私は思いましたが、すぐ駆け付けられるように車に着替えを常備していたというお母さんの話も聞きました。

 

最初の1年だけだから大した問題でないのかもしれませんが、これを知った時は本当に驚きました。

 

申請手続きはどうするの?

 

学校を決めたら申請書類に記入して提出します。

 

州政府に提出する専用の申請用紙は、各学校でもらえます。

 

希望の学校名を記入しますが、定員以上の応募があった場合のために第6候補まで学校名を記入する欄があります。

 

定員数以内の応募であれば問題なく受理されるのですが・・・

 

定員以上の応募があった場合、

  • 学校に兄弟が通っている
  • 自宅もしくは親の勤務先が近くにある
  • 低所得者の家庭
  • 大家族(3人以上の子供がいる)か
  • その他

上記のような受入れの優先条件があり、ポイントが加算されて総合得点の高い人から受理されます。

 

希望の学校を決定しても、ここで落とされたらショックですよね。地元で評判の良い学校に通わせるために、住民票の住所を学校の近くに変えたりとかする人は実際にいます。

 

そこまでする人が大部分なのかと言われると私は何とも言えませんが、「この学校は、自分の勤務先から近いから●ポイントで・・」という感じで気にするのは普通です。

 

まとめ

候補の学校を複数選ばないといけないので、オープンスクールを利用して学校を見学されるのをおすすめします。見ていくうちに「子供がこういう学校だったら楽しめるかな?とか自分の考えもクリアになってきます。

  • 実際に学校を見る
  • 学校の先生や経験者である他のスペイン人と話をする
  • パートナーともじっくり話す

色々細かいことを話しましたが、まとめとして上記の3点が大事だと思います。

 

私が住んでいるサンティアゴ・デ・コンポステーラやガリシア州の情報が多くなっています。他の地方では異なる部分があると思いますので、必ず自分が住んでいる場所の市役所や学校で問合わせをしてください。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

Sponsored Link


もっとスペインの情報を知りたい方は、今すぐ『いいね』!

コメントを残す