【最新】サンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂の屋根ツアー料金や内容は?

スポンサーリンク

この記事は、サンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂の屋根に登るツアーについて紹介します。

 

大聖堂の屋根から見える旧市街の景色が綺麗だし、オブラドイロ広場から見上げていた正門の塔の細部を間近で見られます。

 

何度もツアーを体験している私でも毎回喜んで写真を撮りますし、大聖堂に関する新しい発見が出来て飽きません!

 

本文を読めば、屋根ツアーの内容・料金・注意点といったポイントの他に屋根ツアーの最新情報が分かりますので、2018年冬以降にサンティアゴ・デ・コンポステーラを訪れる方は是非内容をチェックして下さいね。

スポンサーリンク

サンティアゴ大聖堂屋根ツアーの料金他基本情報は?

チケット売り場は?

 

大聖堂正門の左側にあるヘルミレス宮殿の入り口と右側にある大聖堂美術館でチケットを買えますが、ツアー開始地点はヘルミレス宮殿の入り口から入ります。

 

ツアー時間の5~10分前に開始地点にいると良いでしょう。

 

ツアーの料金は?

  • 一般 12€
  • 割引 10€(巡礼者、65歳以上、学生)
  • 12歳以下の子供(大人同伴)は無料

巡礼者は証明書、65歳以上と学生の方はパスポートや学生証を提示して下さい。

 

ツアーの時間や言語は?

ツアーの所要時間は約60分で、言語はスペイン語です。

 

以前、スペイン語がわからなくてもツアーに参加している観光客と一緒になった時、担当ガイドはスペイン語の説明を終えた後に写真撮影の時間を設け、その間に英語で個別に説明していました。

 

グループの人数や担当したガイドさんの対応次第という印象を受けました。

 

興味深い話が聞けるので、通訳してくれる方がいるといいですね。

 

【2018年10月】サンティアゴ大聖堂屋根ツアーの内容は?

(写真は2018年1月撮影)

 

聖職者が大聖堂へアクセスできるヘルミレス宮殿の階段を登ります。

 

宮殿の昔の台所を見た後、スペイン巡礼路を歩いて到着した王様などを迎え入れた宴の広間で止まります。

 

宴の広間は、大聖堂の企画展会場になっていて現在(2018年10月時点)は巨匠マテオに関する彫刻などが見れます。

ガイドの説明を聞いた後に、正門北の棟の階段を登って大聖堂の屋根へ行きます。

 

本来なら大聖堂の屋根をひと回りできるのですが、現在丸天井の修復工事により屋根の一部のみ歩くことが出来ます。

 

スポンサーリンク

 

【最新情報】2018年冬から屋根のツアーが中止に!

サンティアゴ大聖堂の屋根から見た正門

 

屋根から見える景色だけでなく、修復工事が終わって綺麗になった正門の塔の細部が間近で見れます!

 

晴れていたら絶対に体験して頂きたいなと思いますが、実は丸天井で行われている修復工事の作業が今後ツアーで使われている屋根の部分で行われます。

 

具体的な日程はまだ分かりませんが、2018年冬から屋根のツアーが一時期中止になります。

 

2018年10月の第1週にツアーを担当したガイドの話では、工事期間は1年4カ月を予定しているが長引く可能性もあるとの事。

屋根ツアーの最新情報は、この記事にて随時情報を更新します。

 

ツアー中止前にサンティアゴを訪れる&大聖堂の屋根ツアーを体験したい方は、次の点に気を付けて楽しんでください!

 

屋根のツアーに関するその他アドバイスは?

服装は?

地上30メートルの高さにある大聖堂の屋根まで100段ちょっとの階段を登ります。

 

石でできた階段の高さが結構ありますが、ヘルミレス宮殿の宴会の広間など途中で立ち止まるポイントがあります。

 

最初は100段は無理と言っていたのに、後から思ったより登れたわという方もいます。

 

万が一、上に行きたくなくなっても同じルートを登って降りるグループをヘルミレス宮殿の企画展を見ながら待つこともできます。(ガイドさんに一言伝えておくといいでしょう。)

 

どちらにしても、動きやすい恰好と履きなれた靴で参加し、冬の場合は特に暖かい恰好をして行きましょう。

 

高所恐怖症?

大聖堂の屋根の部分は、敵から守るための防御的な要素があり、見張りの人などが移動しやすいように作られました。

 

足場は安定していてますが、高所恐怖症という方は無理をされない方がいいかと思います。

 

雨の場合は?

雨天の場合はツアーは中止になるのではと思われるかもしれませんが、雨でも実施していますので窓口で確認下さい。

 

傘もしくはレインコートを持参し雨対策の恰好で参加しましょう。

 

まとめ

  • 段差の高い階段を約100段登り下りします。
  • 足場は安定していますが、動きやすい服装と履きなれた靴で参加。
  • 雨の場合でもツアーは行います。
  • ツアー言語は、基本スペイン語のみ。
  • 修復して綺麗になった正門の2つの塔をまじかで見れる。

 

午前・午後の部で1時間区切りにツアーが開始されますが、2018年10月の平日でも当日券が買えない状況があります。

 

連休は夏の間はネットで事前にチケットを抑えた方がよさそうですので、興味のある方は『サンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂屋根のツアー予約方法は?』の記事を参考に予約してみて下さい。

 

まだあるサンティアゴ大聖堂の見所紹介記事は?

2018年冬から一旦中止になります!間に合う方は今のうちに是非!

【2018年】サンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂屋根のツアー料金や内容は?

大聖堂博物館はガイドがつかないので、この記事を読んでおくと見学がしやすい!

サンティアゴ大聖堂博物館は見所がない?見学の価値はある?

大聖堂から少し距離はありますが、サンタ・マリア・ラ・レアル・デサル教会は訪れる価値あり!

サンティアゴ・デ・コンポステーラにある傾いた教会とは?原因は?

ロマネスク美術の最高傑作『栄光の門』は、10年間の修復作業を終えました!

【最新情報】サンティアゴ大聖堂の栄光の門の見学はいつから?時間や料金は?

スペイン巡礼路に発展した美術の名前や特徴は?簡単に美術傑作を理解するポイントは?

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す