スペイン2018年の祝日はいつ?祭日の日数や決め方は?

スポンサーリンク

スペインではイースターのように年によって日付が変動する祝日があったり、地方や都市ごとに決められる祝日があります。

 

事前にスペインの祝日を把握するメリットは下記の状況が考えられます。

  • 日本からの旅行者→スペイン人がレジャー旅行に出かける日にちがわかるので、国内での交通手段やホテルなどの手配を早めるなど効率的な旅行計画に役立つ。
  • 日本人留学生→自分が住む町の祝日を知っていれば授業の休みや普段利用するお店が閉まる前に買い物をまとめてできる。

 

スペインの祝祭日の日数や決め方といった基本情報を抑えてから2018年の祝日リスト、スペイン全国で連休になる月を紹介します。

祝日の日数は?日本とスペインで祝日が多いのは?

 

スペインの祝日は14日です。日本は2016年に「山の日」が加わって年間16日ですから、日本の方がスペインよりも年間の祝日では2日も多いんです。

 

グローバル・コンサルティング会社であるMERCER(マーサー)が発表する世界年間祝日数ランキングでは、インドとコロンビアが年間18日で1位、日本はアルゼンチン、韓国、タイ、レバノンと並んで2位です。(情報元: http://www.bbc.com)

 

スペインで祝日の決め方は?

スポンサーリンク

毎年10月頃に、スペインの労働局(Dirección General de Trabajo)から翌年のカレンダーが発表されます。

 

先ほどお話したようにスペインの年間祝日は14日ですが、細かく見ると全国レベルでの祝日・各自治州で決められた祝日、さらに各市町村レベルの祝日と3つのタイプに分かれます。

  • 国の祝日(Fiestas nacionales)   89
  • 自治州の祝日(Fiestas regionales)  34
  • 市町村の祝日(Fiestas locales    2日

市町村の権限で決める祝日が2日と固定されている一方、スペイン全国の祝日(国民の祝日)が8日か9日、それによって自治州独自の祝日も3日か4日と年によって変わります。

2016年は国の祝日が8日だったので自治州の祝日は4日、2017年は国の祝日は9日のため、自治州独自の祝日は3日でした。

 

日本の感覚だとちょっと複雑に感じますが、そういう仕組みがあるという感じで覚えていただければと思います。

 

2018年の祝日リストは?

2018年の国の祝日は?

2018年の国の祝日は9日です。これらは各自治州による振替が不可能ですので全スペインで祝日となります。

1月1日 元旦(Año Nuevo)
3月30日 聖金曜日(Viernes Santo)
5月1日 メーデー(Fiesta del Trabajo)
8月15日 聖母の被昇天(Asunción de la Virgen)
10月12日 ヒスパニックデー(Fiesta Nacional de España)
11月1日 諸聖人の日(Todos los Santos)
12月6日 憲法の日(Día de la Constitución)
12月8日 聖母受胎祭(Día de la Inmaculada Concepción)
12月25日 クリスマス(Navidad)

上記9日の他に、自治州による振替えの申請がなかったので1月6日(土曜日)も全国レベルで祝日となりましたので2018年は国の祝日が実質10日なります。

 

自治州ごとの祝日は?

  • 3月19日の聖ホセの日(San Jose)は、バレンシアとムルシア州のみで祝日
  • 3月29日の聖木曜日(Jueves Santo)は、カンタブリア州とカタルーニャ州以外が祝日
  • 7月25日の聖ヤコブの日(Santiago Apóstol)は、ガリシア州のみで祝日

 

各地方ごとの祝日は?

自分が旅行する、生活する場所によって祝日は微妙に変わってきますので細かく知りたい方は、こちらのページから確認できます。

 

右上に出てくるイベリア半島の地図から興味のある場所をクリックするか、下へスクロールして右側にある「Calendarios Laborales Autonómicos」のリストから知りたい自治州をクリックして下さい。

 

全国で連休になるのはいつ?

10月12日のヒスパニックデーが金曜日になるため、12~14日と連休になります。

 

2018年に唯一スペイン全国で連休になるのはこの時ですので、この時期に旅行を考えている方は早めに飛行機などの交通手段や宿泊先を取ることをおすすめします。

 

まとめ

  • スペインの祝日は年間14日。
  • スペインの祝日は国・自治州・市町村レベルで決める祝日で構成されているため、場所によって祝日が異なるので注意。
  • 毎年10月頃、政府の労働局から翌年のカレンダーの発表がある。
  • 2018年に全国で連休になるのは10月12~15日。

 

土日・祝日関係なくお店が開いている日本とは違い、スペインでは日曜・祝祭日にほとんどのお店が閉まります。

 

マドリードなど大都市の中心部では日曜日も関係なくお店が開いているところもありますが、地方都市では日曜日・祝祭日はお買い物できないと思っておいたほうがいいでしょう。

 

キリスト教に関連した祝日や関連したお祭りについてもう少し知りたい方はこういった記事も書いていますのでチェックして下さいね♪

 

イースター(聖週間)

スペインでイースターの時期に食べるお菓子とは?聖週間の習慣や過ごし方とは?

スペインの聖週間の見所「プロセシオン」とは?セビリアとマラガの違いは?

イースターの時期にスペイン観光する時の注意点は?2017年~2020年の日程は?

3月19日「聖ホセの日」バレンシアのファジャス

バレンシアの火祭りを楽しむためのアドバイスは?日本からでも楽しめる方法は?

7月25日「聖ヤコブの日」

サンティアゴ・デ・コンポステーラの祭り「聖ヤコブ祭」とは?期間や見どころは?

11月1日「諸聖人の日」

ペネロペ・クルス主演映画『帰郷』の冒頭シーンが表すスペインの祝日は?歌「ボルベール」のオリジナル曲など動画で紹介!

12月25日クリスマス

スペインのクリスマスの過ごし方は?伝統料理やお菓子は?スペイン人はクリスマスが嫌い!?

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

もっとスペインの情報を知りたい方は、今すぐ『いいね』!

コメントを残す