スペインレオン市のバルでおすすめは?無料で美味しいタパスは?

お義姉さん家族が住むレオンへ遊びに行く時の楽しみのひとつがバル巡りです。

 

飲み物を注文するとサービスされるおつまみを見て『これが無料!』と嬉しくなると同時に『これ無料で出してお店は大丈夫なの?』と勝手に心配する時もあります。

 

レオンでバル巡りをする時のおすすめの地区やバル巡りをする時のちょっとしたアドバイス、そしてタパスを実際に食べてみてここはおすすめ!と思ったバルを紹介いたします。

スポンサーリンク

レオンでバルが多い有名な地区は?

レオンでバル巡りするなら「バリオ・ウメド(Barrio Humedo)へ行きなさい。」と言われるぐらいレオンで有名な地区です。

 

バリオ・ウメド(ウメド地区)はレオン旧市街のメインストリートCalle Ancha(アンチャ通り)で進行方向に大聖堂を見たときアンチャ通りから右側にある地区です。

 

ウメド地区を囲んだ地図がありますが、その反対側(地図の上の方)にバリオ・ロマンティコ(ロマンティコ地区)があってこちらもバルが沢山あり、スペインの番組で採用されたのは全てロマンティコ地区のお店だった例もあるくらいです。

 

バル巡りをする時のアドバイスは?

スポンサーリンク

飲み物を1杯頼むと予め決まったタパスを1品出してくれるところもあれば、数種類のタパスからひとつ選ばせてくれるところもあります。

 

レオンに限ったことではないですが、複数のバルをまわると飲み物だけでお腹がいっぱいにることがあります。

 

ビールをよく頼む方は、スペイン語の「セルベサ」とか「カニャ」ではなく、「コルト」を頼みましょう。

 

コルト(Corto)は短いという意味の単語ですが、コルトを頼むと通常のグラスよりも小さいコップに入った少量のビールが出てきます。

 

ビールは飲めるけど、沢山は飲めない(もしくは飲みたくない)という時にもいいと思います。

 

ビールやアルコールはダメという方にはこちらの記事も良かったら合わせてお読みください。

お酒が飲めない人におすすめの飲み物は?スペインのバルで注文できるノンアルコール飲料は?

 

それではタパスが美味しいレオンでおすすめのバルを見てみましょう。

 

無料タパスが美味しいおすすめのバルは?

 

「レオンのバルマップ」というタイトルの横にあるアイコンをクリックすると、タパスの種類ごとにお店をマークしています。

 

お店の名前や地図上のポイントをクリックするとタパスの画像も出てきますので確認下さい。

 

CALEA(カレア)

ここは美味しいコロッケのタパスが食べたい人におすすめです。チーズやセシーナ(CECINA: 牛の生ハム)といった味の違うコロッケが日替わりでサービスされます。

 

飲み物を1杯注文すると、揚げたてコロッケとスペイン風オムレツ(Tortilla de Patatas)のタパスが出てきます。

 

このお店に行く前日に見た目がおしゃれなバルでもコロッケのタパスを食べましたが、衣の感じや味もカレアのコロッケの勝ち!という感じでした。コロッケだけでなくスペイン風オムレツも美味しいです。

 

タパスとは別にコロッケを注文して全種類の味を楽しむこともできます。レオンに遊びに行くとよく行く場所ですが、いつ行っても美味しいでし、大変人気のある場所です。

 

COMPETENCIA(コンペテンシア)

 

旧市街に数店舗あるピザ屋で、ここのピザは生地が薄いのが特徴です。

 

旧市街から少し離れますが、レオンの現代美術館MUSACの近くにも店舗があります。私はこちらの店舗へ行くことが多いのですが、こちらも人がいつもいっぱいです。

 

Flechazo(フレチャソ)

ここでは、ポテトチップスよりももう少し厚さがある自家製の揚げポテトが有名です。

 

揚げたてのポテトの上にパプリカパウダーをかけますが、辛いのが苦手な人は「Sin picar(シン・ピカール)」と注文する時に伝えると、パウダーなしのポテトを出してくれます。

 

「ただのポテトフライでしょう?」と思うかもしれませんがこれが美味しいのです!是非、一度試してみてください♪

 

Camarote Madrid

レオンでとても有名なバルです。

 

数種類のタパスの中からひとつ好きなものを選びますが、揚げポテトか冷製の滑らかなトマトスープ「サルモレホ」がおすすめです。

 

Four Lions

自家製ビールをサービスしてくれるお店で、店内では醸造タンクも見れます。

 

飲み物を頼むと生ハムのタパスが出てきます。マップに載せている画像を見るとわかりますが、ハムがてんこ盛りで出てきて、飲み物をお代りすると再び生ハムが出てきます。

 

Oriente Medio(オリエンテ・メディオ)

Chorizo al infierno(チョリソ・アル・インフィエルノ)というチョリソを自分で火であぶるタパスが出てきます。(マップの画像を是非ご覧ください。)

 

火がついている間にクルクル串を回すだけですが、自分で最後の仕上げを行うタパスはあまりないので楽しいです。

 

La trastienda del 13(ラ・トラスティエンダ・デル・トレセ)

 

アンチャ通りで大聖堂の近くにあるバルです。

 

お店の内装もおしゃれですし、大聖堂を見ながら朝食、コーヒー休憩の場所としてもいいかと思います。

飲み物を注文すると、数種類のパスタからひとつ好きなものを選べますが、パロマ(Paloma)という豚の皮をカリッと揚げたものにポテトサラダをのせたタパスがおすすめです。

 

さいごに

スペインで毎年選ばれるガストロノミー首都というのがありますが、2018年はレオンです。1年を通して色んなイベントも企画されているようです。

 

レオン市の食と一緒に楽しみたい観光情報はこちらから!

巡礼でレオンからサンティアゴ・デ・コンポステーラへ向かう方は、こちらの情報も合わせてどうぞ。

サンティアゴ・デ・コンポステーラのおすすめのバルは?お店の人気料理は?

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

サンティアゴ・デ・コンポステーラ在住の40代2児のママ。3歳の娘と日々格闘中。スペインの観光や留学生活、サンティアゴ巡礼路に関する情報を発信します。スペイン旅行の悩みに記事内で回答します。問合せ
詳しいプロフィールはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

コメントを残す