観光

スペインにある磯崎新氏の建築作品はいくつ?場所や特徴は?

投稿日:

この記事では、スペインにある磯崎新氏の作品を紹介します。

 

磯崎新氏がこれまで関わってきたプロジェクトは…

  • バルセロナ (5)
  • マドリード (2)
  • ビルバオ  (1)
  • コルーニャ (1)
  • サンティアゴ・デ・コンポステーラ(1)

と、上記スペインの5都市に計10作品あります。

 

磯崎氏のプリツカー賞受賞をきっかけに初めて自分が住む街に磯崎氏の作品があると知ったので、10作品を全部見てみる事にしました。

 

早速、バルセロナにある作品から紹介していきます。

バルセロナにある磯崎新氏の作品

Centro Cultural Caixa Forum

Centro Cultural Caixa Forum Barcelona / Arata Isozak

出典: https://images.adsttc.com

 

1992年に建てられたカザラモーナ工場(繊維工場)を2002年にラ・カイシャが買い取り、スペインのカルチャーセンター『カイシャ・フォーラム』にするプロジェクトがあがりました。

 

磯崎氏はこの建物へのアクセス口とパティオ(中庭)を担当しました。

 

透明のガラスの板を高さ7.5mの鉄でできた2本の木が支えています。

 

Acceso al Caixa Forum

 

 

1929年のバルセロナ万国博覧会で、カザモーラ工場の前に建てられたミース・ファン・デル・ローエ設計のドイツ館がこの空間をデザインをした時のインスピレーションになっているそうです。(参考: El pais)

 

パラウ・サンジョルディ(Palau San Jordi)

Palau Sant Jordi

出典: https://cdn2.traveler.es

 

1992年開催のバルセロナオリンピック開催を契機に建設された。五輪では体操競技やハンドボール決勝、バレーボール決勝が開催された。

引用: Wikipedia

 

オリンピックが終了した後も、スポーツ競技会場はもちろん、音楽コンサートなど多くのイベント会場として現在も使われています。

 

Oficinas D38

Distrito 38出典: https://images.adsttc.com

 

モンジュイックの丘のすそに位置するビジネス地区で、港や空港から近い場所にあります。

 

Parc de la Muntanyeta

Parc de Muntanyeta

出典: https://ep01.epimg.net

 

90年代にSant Boi de Lloregat市役所の相談役だった磯崎氏が1994年に手掛けた公園です。

 

Pabellón Polideportivo (Palafolls, Barcelona)

Pabellón Polideportivo (Palafolls, Barcelona)

出典: https://ep01.epimg.net

バルセロナから近いパラフォス(Palafolls)のスポーツ施設として1996年に建てられたもの。

 

建築に詳しくありませんが、バルセロナにある磯崎氏の作品で一番見てみたいなと思った作品がこれです。

 

 

マドリードにある磯崎新氏の作品

Hotel Puerta de América

Hotel America plangta 10

出典: https://www.hotelpuertamerica.com

マドリードにある5つ星ホテルで、各階を担当する建築家が違います。

 

私がすぐ名前を見て分かったのは2名でしたが、あなたは何人ぐらい分かりますか?

  • 地下(パーキング): テレサ・サペイ(Teresa Sapey)
  • 1階(レセプション): ジョン・ポーソン(John Pawson)
  • 2階: ザハ・ハディト(Zaha Hadid)
  • 3階: ノーマン・フォスター(Norman Foster)
  • 4階: デイヴィッド・チッパーフィールド(David Chipperfield)
  • 5階: イギリスの建築事務所Plasma Studio(Eva Castro/Plasma Studio)
  • 6階: ヴィクトリオ&ルッチーノ(Victrio&Luccino)
  • 7階: マーク・ニューソン(Marc Newson)
  • 8階: ロン・アラド(Ron Arad)
  • 9階: キャサリン・フィンドレイ(Kathryn Findlay)
  • 10階: リチャード・グラックマン(Richard Gluckman)
  • 11階: 磯崎新
  • 12階: ハビエル・マリスカル(Javier Mariscal)
  • 13階: ジャン・ヌーベル(Jean Nouvel)

スペインでは入り口の階は0階となります。磯崎氏の担当する階はスペインではPlanta 10(10階)です。

 

建築に興味がある方なら絶対に一度は泊まってみたいホテルでしょう。

 

Carabanchel 21

Carabanchel 21

出典: https://www.premiosdearquitectura.es

 

カラバンチェル地区にある市営の住宅会社が管理する賃貸住宅で、2015年以降は難民、DVや離婚後に生活が困難な女性など社会的弱者がアクセスできる住宅になっているようです。(参考: Premios Arquitectura, AD)

 

 

ビルバオにある磯崎氏の作品

ATEA

出典: https://farm6.staticflickr.com

 

ATEAはバスク語で『門』の意味、グッゲンハイム美術館から500mの場所にあります。

 

磯崎氏とバスク人建築家のイニャキ・アウレコエチェア(Iñaki Aurrekoetxea) 氏による設計で2008年に完成しました。

 

23階建ての高さ83mのツインタワーに6~8階建ての5つの建物と全部で7棟になります。

 

 

コルーニャにある磯崎氏の作品

DOMUS

 

コルーニャ市にある磯崎氏の作品は、DOMUS(ドムス)と呼ばれています。

  • 船の帆のようなカーブ
  • ガリシア産の花崗岩で作ったジグザグの厚い塀

と建物の正面と裏側で印象が違い、私は個人的に好きな建物です。

人間博物館として使われているDOMUSについては、☟の記事で説明していますので合わせてご覧下さい。

 

サンティアゴ・デ・コンポステーラにある磯崎氏の作品

CEAO

 

サンティアゴ大聖堂から歩いて15分ほどの場所にあるビスタ・アレグレという公園(Parque de Vista Alegre)があります。

 

この公園内には大学に属する建物が他にもあり、サンティアゴ・デ・コンポステーラ大学創設500周年にこの公園を新しくするプロジェクトメンバーに選ばれた磯崎氏の作品は大学の研究所であるCEAO(Centro de Estudios Avanzados)。

 

大学で勉強していた時にこの建物の中に入ったことがありますし、毎週この建物の横を歩いていますが…

 

磯崎新氏の作品とは全然知らなかったので驚きました。(笑)

 

 

まとめ

  • スペインにある磯崎新氏の作品は10。
  • バルセロナ・マドリード・ビルバオ・コルーニャ・サンティアゴの5都市にある。
磯崎新氏の作品『DOMUS(ドムス)』の特徴は?場所や行き方は?

続きを見る

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

おすすめ記事と広告

-観光

Copyright© スペインの観光や留学生活情報を発信する〜オトラスペイン〜 , 2019 All Rights Reserved.