トレド観光に必要な時間は?半日で十分?市内の見どころは?

スポンサーリンク

この記事では、中世の古都として有名なトレドの観光情報を紹介します。

 

トレドは、キリスト・イスラム・ユダヤ教徒間の交流により生まれた文化的豊かさを感じる非常におすすめの観光地ですが、

 

旅程を立てる時、マドリードから日帰りで十分という意見を聞くけど、観光に必要な時間はどのくらいか知りたいですよね。

 

この記事を読めば、マドリードからトレドへの行き方からトレドで訪れたい名所の見所、有名なお祭りやおすすめの旅行シーズンなど観光する前に知りたい情報を確認できます。

 

実際に観光して1泊する価値があると感じたか、最後におすすめのホテル情報も紹介しますので参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

マドリードからトレドへの行き方は?

公共の交通機関を使ってトレドへ行く場合のアクセス手段バスと電車を利用した際の行き方をこちらの記事で詳しく説明しています。

 

トレドにあるバスステーションやRENFEの駅からトレドの旧市街の中心広場であるソコドベール広場までのアクセス方法もありますので、合わせてお読みください。

マドリードからトレドへの行き方は?駅から旧市街のアクセス方法は?

 

トレド旧市街の観光名所は?

トレド大聖堂

必ず訪れるべき場所は大聖堂については、入場料から大聖堂内部の見所についてはこちらで紹介しております。

トレド大聖堂の入場料は?祭壇や絵画など見どころを紹介!

サントトメ教会と他6カ所の教会

マップ左横にあるアイコンをクリックすると、各場所の住所等確認できます。

  1. サント・トメ教会 ⇒ エル・グレコの傑作「オルガス伯爵の埋葬」が見れる。
  2. サンタ・マリア・ラ・ブランカ教会 ⇒ イスラム様式のユダヤ教会
  3. サン・フアン・デ・ロス・レイエス教会 ⇒ 1476年の戦いでポルトガル軍に勝利した記念に建てられてた教会。
  4. レアル・コレヒオ・デ・ドンセージャス・ノブレス
  5. メスキータ・デル・クリスト・デ・ラ・ルス ⇒ トレドで最も古いモニュメント
  6. ロス・ヘスイタス教会 ⇒ バロック様式の教会、建物の上からトレド旧市街の風景を見れる。
  7. サルバドール教会 ⇒ イスラム寺院がキリスト教の教会になったもの。

 

次に、上記7つの教会をお得に見学できるチケットを紹介します。

見せるだけでOKのお得なチケットは?

pulsera_turistica_toledo

出典: https://i1.wp.com

 

Pulsera Turistica(プルセーラ・トゥリスティカ)、日本語で「観光ブレスレット」です。

公式サイト(英語・スペイン語)

 

料金と購入方法は?

料金は、9€です。各場所の入場料は2,5€なので、4か所訪れれば元がとれます。

11歳以下の子供は無料。

 

先ほど紹介した7つの教会であればどこからでも購入できます。

 

チケットの購入窓口で、

プルセーラ・トゥリスティカ、ポル・ファボ―ル

と言えば、すぐに腕に付けてくれます。

ブレスレットの使用上の注意は?

  • 各場所に入る時に、入り口の係員にブレスレットを見せるだけ。
  • 場所を訪れる順番や回数は自由。
  • ブレスレットを身に着けている間は、同じ場所に何度入ってもOK。
  • ブレスレットを外したら使用不可。
  • 翌日も見学するなら腕につけたままに。

 

所要時間は?

あくまでもひとつの例ですが、私は観光ブレスレットを夕方17時頃に購入し、2時間ちょっとで下記5カ所を回りました。

  • サント・トメ教会は、エル・グレコの絵を見るだけ(写真撮影禁止)で、5分くらいで終了。
  • サンタ・マリア教会やメスキータ・デル・クリスト・デ・ラ・クルスでも時間はほとんどかからず。
  • ロス・ヘスイタス教会で、建物の上からトレド旧市街の風景を楽しむ。
  • サン・フアン・デ・ロス・レイエス修道院の回廊の2階部分の天井は見る価値あり。
ロス・ヘスイタス教会から旧市街の風景を楽しむ時、建物内で階段をかなり登ります。

 

午後に回ったのが良かったのか、エル・グレコの絵があるサント・トメ教会以外に行列はなくスムーズには入れました。

 

開始時間が遅かったので全部回れなくて損するかなと少し心配しましたが、メスキータ・デル・クリスト・デ・ラ・ルス以外はお互いの場所の距離は近いです。

 

歩くペースや見学時間にも寄りますが、3時もあれば7か所回れるのではと思います。

 

トレドの絶景撮影ポイントは?

トレド

 

タホ川に囲まれたトレドの景観は展望台から撮影できます。

 

観光バスやソコトレンという観光列車に乗ると、タホ川沿いを走り展望台では撮影のために5分間停車します。

  • ソコトレンは、ソコドベール広場から出発。
  • 料金は、5.5€
  • 日本語の観光案内もあり

 

パラドールから眺める場合は?

トレドで一番高い場所にあるパラドールのカフェで休憩しながら、トレドの絶景を楽しむのもいいと思いますが、

 

ソコトレンや観光バスはパラドールへ行きません。

 

パラドールへは、ソコドベール広場周辺から7.1番のバスに乗ります。

 

宿泊を希望する方は、良ければこちらの記事もどうぞ。

パラドール公式サイトでの予約方法は?おすすめの割引プランは?

 

トレドの気候は?旅行におすすめの時期は?

 

トレドの年間平均気温は約15℃、降雨量は389㎜です。

 

私は2017年5月中旬の週末にトレドを訪れました。

 

午前中は曇り空で今にも雨が降りそうと思ったら晴れたり、時間帯によって涼しかったり、ちょっと不安定な天気でした。

 

トレドに住むガイドさんの話では、5月末、6月からとても暑くなるので、いい時期にトレドに来たと言われました。

 

スペインでは日中暑くても夕方から気温が下がって1日の気温差が大きい所もありますが、トレドは午前中の太陽の熱を旧市街の石が吸収するため、夜になっても暑いそうです。

 

暑くて眠れない夜のことをスペイン語で「トレドの夜(una noche toledana)」と表現すると教わりました。

 

トレドで有名なお祭りは?いつ?

Corpus_Christi_en_Toledo1-650x433

出典: http://www.kissfm.es

 

コルプス・クリスティ(キリストの聖体祭で、この期間はカテドラルの外壁に旗やタピスリーをたらします。

 

2018年の聖体祭は、5月31日です。

 

トレド観光に必要な時間は?半日で十分?

マドリードの宿泊先に荷物を残してトレド観光を行う場合、スーツケースもなく身軽に移動できるというメリットはあります。

 

マドリードからの移動時間は確かに短いので朝早くからトレド市内に入れば、1日で大聖堂や先ほど紹介した7つの教会を回ることは不可能ではありません。

 

ただ、旧市街はとにかく坂が多いので観光スポットを歩き回るって私はかなり疲れました。

 

 

  • 午前中は現地ガイドさんの案内による旧市街散策と大聖堂見学(2時間ほど)
  • 昼食
  • ホテルで少し休憩
  • 夕方に5つの教会を回ったり、ソコトレンで展望台まで行ってトレドの風景を楽しむ。
  • 夕食

 

と、1日をフルに使いましたがそれでも時間が足りないくらいでした。

 

時間がないので半日でトレドを見る場合は、よっぽど見たいポイントを絞って、サラッと見る感覚になるのではと思います。

 

夜にライトアップされて昼とは違う顔の大聖堂や旧市街を歩いたり、トレドをゆっくり楽しみたいなら1泊する価値はあると思います。

 

おすすめのホテルは?

今回利用したホテルは、お手頃な料金で大聖堂からも近いので観光に便利でした。スタッフも親切で非常に好感が持てました。

トレドのホテルでおすすめはどこ?口コミ通りで安いし観光にも便利!

トレドでおすすめの地元料理は?

トレドの料理やおすすめのレストラン情報はこちらです。

トレドの名物料理とは?おすすめのレストランやバルはどこ?

 

まとめ

  • マドリードからトレドまで電車とバスを使ってアクセスできる。
  • 大聖堂の他にも旧市街に点在する7つ教会もおすすめで、お得に回るチケットがある。
  • トレドの撮影ポイントである展望台へは観光バスやソコトレンでアクセスできる。
  • トレド観光におすすめの時期は5月中旬ぐらい。下旬から気温が上がる。
  • コルプス・クリスティ(聖体祭)はトレドで有名なお祭り。
  • トレドは見所が多いが、旧市街内の坂が多いのでゆっくりじっくり観光したいなら1泊する価値あり。

 

2018年は、トレドや世界遺産に指定されている都市で記念イベントが催されます。こちらの記事もよろしければどうぞ。

スペインで街が世界遺産の場所や数は?留学にもおすすめの理由は?

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

サンティアゴ・デ・コンポステーラ在住の40代2児のママ。3歳の娘と日々格闘中。スペインの観光や留学生活、サンティアゴ巡礼路に関する情報を発信します。スペイン旅行の悩みに記事内で回答します。問合せ
詳しいプロフィールはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

コメントを残す