スペインのお土産に缶詰?選ぶポイントやおすすめの商品は?

スペインは魚介類の缶詰生産量で世界第2位、種類の豊富さでは世界一の国です。品質の高い缶詰は値段も高く、グルメ商品として扱われています。

 

スペインのお土産に缶詰めはアリだと思いますが、バラマキ用のお土産ではなく自分用に美味しいグルメ缶詰を買って、お家でスペインバルをする時の一品にしてみてはどうでしょうか?

 

しかし、缶詰の種類や値段は実にバラバラで、どの缶詰にしたらいいのか迷います。

 

缶詰業界で働くスペイン人から教えてもらった缶詰の選ぶ時のポイントやおすすめの商品をご紹介いたします!

スポンサーリンク

魚介類の缶詰生産で有名な場所とその理由は?

スペインで有名な漁場のひとつに、ガリシア州のリアス(Rías)があります。

 

ガリシアのリアスでは、太陽の光により暖かくなった海水が北東から吹く風と大西洋から入ってくる海流に押し出され、それと同時に深層にある冷たくて栄養のある海水が表層まで上昇するという海水の入れ替えメカニズムが(湧昇)が起こります。

 

湧昇の現象によりプランクトンが増殖され好漁場になるリアスですが、こういった湧昇域は面積は世界の海洋の0.1%と非常に少ないにもかかわらず、その生産量は全海洋の約半分を占めるそうです。

 

ガリシア州にあるリアスの中でも、リアス・バイシャスはヨーロッパ最大の養殖地です。

 

出典: http://www.galiciaenpie.com

 

ガリシアの養殖業で特に有名なのがムール貝です。ヨーロッパで生産されるムール貝の約半分はガリシア産です。

 

それでは、本題である缶詰を選ぶ上でのポイントを見てみます。

 

 缶詰を選ぶときに注目するポイントは?

種類が豊富な缶詰を選ぶときのポイントは、魚や貝の種類で変わります。

 

ガリシアの養殖で有名なムール貝(Mejillones)とガリシアといえば有名な料理であるタコ(Pulpo)にフォーカスします。

 

ムール貝(Mejillones)

 

スペイン語なので余計分かりづらいという場合もありますが、ひとつずつ見て行きます。

実のサイズはどこで分かるの?

TAMAÑO(タマニョ)はスペイン語でサイズを意味し、下には8/12 PIEZAS(8/12個)と書いてあります。

 

実の大きさが均一でないため、決められた重さで『8~12個入りです。』と表示しているのですが、サイズによってこういう標記が他にもあります。

4/6  ➡ 一番大きいサイズ。

8/12 ➡ 8/12は中の上ぐらいのサイズ。

14/18➡ 14/18は中くらいのサイズ。

 

フランスやベルギーへ行くと大きいサイズに入るので、あくまでもスペインで中サイズという意味です。

 

ガリシアで多いタイプは14/18ですが、国内でも南のムルシア州だとムール貝のサイズは4/6が多いそうです。

 

味は個人の好みによりますが、大きいと味も大味になります。

 

数が大きくなればそれだけ実の大きさは小さくなりますが、14/18ぐらいまでがおすすめです。

ムール貝の味付けソースの種類は?

ムール貝の缶詰の味付けソースの種類は、代表的なもので以下の4つ。

 

Mejillones en escabeche

Escabecheは、エスカベチェと読みます。エスカベシュのマリネされたムール貝ですが、売り上げの80~90%がこの味です。エスカベシュに使われているのはオリーブオイルにビネガー、パプリカやクローブなどの香辛料です。

 

Mejillones en escabeche picante

Picante(ピカンテ)は辛いという意味ですので、エスカベシュのピリッと辛いバージョンです。フランスではこの辛いのを好むようですが、スペインでは圧倒的に上のエスカベシュです。

 

Mejillones en salsa vieira

ホタテ貝のソースと直訳できますが、品物によってはSalsa gallega(ガリシアソース)と書いているものもあります。玉ねぎやトマト、オリーブオイル、香辛料を使用しています。

 

Mejillones al natural

これは何も味付けしていないNatural(ナチュナル)なものです。

 

タコ(Pulpo)

本物とニセものがある!?

スーパーで2つのタコの缶詰があったらどちらを手にしますか?

 

 

どちらもタコなのに価格にかなりの違いがあるので、『安い方にしよう!』と思うかもしれませんが・・・

  •     Tacos(タコス)
  •     Pota(ポタ)
  •     Potón(ポトン)

という表記があったら・・・それはタコではありません。(ちなみにPotónは、アメリカオオアカイカです。)

 

『Pulpo(タコ)なら値段は3€以上になるのが普通だが、Tacosは1€台。』と教えてもらったので、家の近くにあるスーパー3件チェックしたら、本当にその通りでした。

 

上の画像がその証拠です。

 

「これって消費者をだましてない!?」と質問したところ、

 

昔はアメリカオオアカイカをタコとして売ってもいいとされていたのですが、最近はきちんとタコを扱っている業者からクレームがでて変わってきたそうです。

 

ニセモノはいやだから、他にチェックする箇所はあるの?という方は、Ingredientes(材料)のところにDosidicus gigasとアメリカオオアカイカの学名が載っているかどうか見るといいでしょう。

 

ムール貝のおすすめの商品は?

Ramon Franco(ラモン・フランコ)

出典: http://www.ramonfranco.com

 

彼ら所有の養殖筏でとれたムール貝を使っている。ムール貝のスペシャリストだそうです。

 

Mariscadora(マリスカドーラ)

出典: http://www.mariscadora.es

 

生産の大部分をカタルーニャ州に出しているので、ガリシアよりカタルーニャ州で見ることができるブランドです。

 

タコのおすすめ商品は?

昔と比べると、タコの缶詰の取り扱いをやめてしまった会社がほとんどだということ。

 

小さい規模のメーカーのもの全てのメーカーをおさえていませんが、ガリシアのメーカーで有名なものでタコの商品を扱っているブランドを5つ紹介します。

 

Mariscadora(マリスカドーラ)

出典: http://www.mariscadora.es

ALBO(アルボ)

出典: http://www.albo.es

1884

出典: http://cerdeimar.gruposicom.com

Luis Escurris Batalla(ルイス・エスクリス・バタジャ)

出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com/

Conservas de Cambados(コンセルバス・デ・カンバードス)

出典: https://www.selectosfragola.com

さいごに

缶詰の営業でスペイン全国を飛び回っている方から教えてもらった情報ですが、缶詰の世界も奥が深いなと思いました。

記事を書くにあたり、やはり自分の目で見て確かめるのも大事とサンティアゴの食品市場にあるグルメ商品のお店や地元のスーパーの缶詰売り場をを回ってみましたが、教えてもらった通りの結果でしたので、スペインで缶詰を買う際には是非今回の内容を思い出して頂ければ嬉しいです♪

缶詰以外にスペインで買えるお菓子や食品、アクセサリーなど見ているだけでも楽しくなるお土産情報もチェックして下さい!

【2017年7月更新】スペインおすすめのお土産は?かわいい雑貨や持ち帰り可能な食品は?

スペインのカブラレス・チーズの味や作り方は?お土産に持ち帰り可能?熟成用の洞窟も見学できるツアーとは?

スペインのお土産に欲しいアクセサリーの人気ブランドは?

【スペイン】サンティアゴで自分用のお土産を買えるおすすめのお店は?おしゃれな伝統工芸品も紹介!

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

もっとスペインの情報を知りたい方は、今すぐ『いいね』!

コメントを残す