スペインのレオン大聖堂の見所は?バラ窓のステンドグラスの修復はいつから?

スペインの世界遺産でもあるレオン大聖堂の魅力と言えば、大聖堂の壁面1800㎡を埋め尽くす美しいステンドグラスです。

 

レオンを訪れたら是非大聖堂の中に入って見てください。

 

大聖堂の簡単な歴史から始まり、大聖堂内部のステンドグラスを見る時のポイントやその他の見所を紹介します。

 

大聖堂の正門上にあるバラ窓の修復工事の情報もありますので是非最後までお読みください。

スポンサーリンク

 

大聖堂の見学を楽しむための予備知識として書きますのでざっくりとした説明になりますが、現在大聖堂の建っている場所にはローマ時代につくられた共同浴場がありました。

 

現在の大聖堂の土台となる建物はアルマンソールにより破壊された西ゴートの教会と10世紀にオルドーニョ2世がレオンをレオン王国の首都とし、司教座がレオンに置かれてから建てられたロマネスク様式の大聖堂です。

 

ゴシック様式の大聖堂の本格的な工事が始まったのは13世紀で「賢王」と呼ばれたアルフォンソ10世(Alfonso X, el sabio)とマルティネス・フェルナンデス司教(Martínez Fernández)の促進により、1255年からゴシック様式の大聖堂の工事が開始します。

 

レオン大聖堂の建築完成にどのくらいの期間がかかったと思われますか?

 

完成したのは1303年ですので、計算すると48年です!

 

そんなに短い期間でできたの?と思いますが、これには少し追加の説明が必要です。

 

 

この写真だとあまりよくわからないかもしれませんが、右側の塔で時計のある部分とその上から石の色が若干違います。

 

下の部分が1255~1303年の工事までにできた部分で、それより上の部分は15世紀になって完成し、左側の塔に関してはバラ窓がある部分までは13世紀の工事で終わった部分、そこより上の部分は18世紀になって終了しました。

 

厳密に言うと48年間で建物の全部ができたわけではありませんが、2つの塔と一部の装飾部分を除いては48年でつくってしまったというのはやはり凄い早いスピードだったといえるのではないでしょうか。

 

歴史はこのくらいにして、大聖堂の正門へ近づいていきましょう。

 

 

中央のポーチのティンパノのという部分に最後の審判が描かれており、その下に聖母ブランカ(Virgen Blanca)像が見えます。

 

実はこれはレプリカでオリジナルは大聖堂の内部にあります。

 

 

正門の下部分のわきに元々キリスト教の聖人の像が置いてあった場所がありますが、現在修復中です。

 

ちなみに、ドアから左に2つ目の6と番号が書いてある場所に置かれていた聖人は聖ヤコブです。

 

6番の下の柱を見ると巡礼者が触った後があり、他の番号の柱とみても違いがわかります。

 

大聖堂の内部の様子は?

 

大聖堂の中へ入ってすぐにステンドグラスの素晴らしさに圧倒されます。

 

8月の月曜日の朝に訪れたのですが、週末は小さい子供が駆け回っていたりして人で一杯だったようです。

 

夏は平日の午前中の方がゆっくり見れるかもしれません。

 

太陽の光の影響で大聖堂内部の明るさというか色がふぁっと変わる瞬間がとても美しいと思いました。

 

壁を覆いつくしているステンドガラスをいくつも見ていて首が痛くなりました。^^

 

ステンドグラスの修復方法は?

スポンサーリンク

レオン大聖堂には13世紀から20世紀までとつくられた時代が異なるステンドグラスがあります。

 

修復されたステンドグラスはもちろんありますが、中世の時代に造られたオリジナルのものが結構あります。

 

ステンドグラスを綺麗にするといっても現代のように外側から拭くとかではなくて、ステンドグラスのパネルを外して大聖堂の近くにある作業場に持って行ってから各パネルの状態をみてから綺麗にしたり、破損を直したりといった作業を行います。

 

オリジナルと修復後のステンドグラスの見分け方は?

 

ここにオリジナルと修復後のステンドグラスが並んでいます。どっちがどっちだかわかりますか?

 

見分ける時に注目するポイントはガラスの下の部分です。

 

修復したステンドグラスの場所には外側にクリスタルを付けて外側から風邪やほこりなどからステンドグラスを守るようにしています。

 

修復したステンドグラスは建物の内側につけるので、クリスタルとステンドグラスの間に隙間ができて光が見えるので、この写真で修復したステンドガラスは右側の物になります。

 

これから大聖堂へ入る方はココをチェックしてみてください。

 

バラ窓の修復工事はいつから?

 

正門の上の部分に位置するバラ窓があります。上の画像からバラ窓の横のステンドグラスが現在修復作業に入っているのがわかります。

 

バラ窓の修復作業の開始については具体的な日程はわかっていませんが、レオンの観光ガイドさんの話によると2・3週間後には始まるだろうとのことでした。

 

大聖堂のその他の見所は?

ステンドグラスだけでもっと書けてしまうぐらい話がありますが、レオン大聖堂の内部を歩いていると他にも見所はあります。

 

聖歌隊席のミゼルコルディア

大聖堂の中央部分に聖歌隊席は、聖職者が祈りを捧げたり歌を歌ったりする場所です。

 

椅子は2段階になっていて、立った状態でおしりだけ乗せる部分があります。下の写真の小さい木の板が出ています。

 

 

よく見るとその下に動物が見えます。この部分をミゼルコルディアといい、礼拝を行う大聖堂で一般的に表現されないようなものを見ることができます。

 

 

先ほどはバグパイプをもった猪で、上の写真は用を足している動物。革製の酒袋を担いだモーロ人などがあります。

 

飲酒などキリスト教で悪習されるものを表現するものがなぜ聖歌隊の席に?と思います。

 

聖歌隊の席に座るときにイスとなる部分(ミゼルコルディア)を下におろす仕草から「悪習を隠す」という意味合いがあるようです。

 

レオン大聖堂だけに限らずアストルガやサモーラの大聖堂の聖歌隊席のこの部分には性的なものを表現したのが見れるそうです。

 

聖母ブランカのオリジナル

 

聖母ブランカ礼拝堂にあるのが正門にあった像のオリジナルです。他にも妊娠した聖母像も見ることができます。

 

巨大もぐら?

 

レオン大聖堂にはもぐら伝説があります。

 

大聖堂を建築中、夜中に石工師が寝ている間に悪いもぐらが地下に坑道を掘るために建築工事に問題が出たというものです。

 

最終的にはこのモグラを捕まえて殺して、他のモグラが悪さをしないように見せしめのために吊るしているというものです。

 

最初に説明したように大聖堂のあった場所はもともと浴場があった場所で不安定な場所であることや他の条件がそろって大聖堂の建築に問題があったことは事実のようです。

 

つるされているのが本当にもぐらかというと、そうではなくウミガメの甲羅だそうです。

 

パイプオルガン

 

レオン大聖堂にあるパイプオルガンはドイツのボンにある「Kleis」社製、ヨーロッパで最もモダンなものです。

 

設置されたのは2013年です。

 

レオン大聖堂では、毎年秋(9・10・11月頃)にパイプオルガンの国際フェスティバルが開催されます。

 

フェスティバルの詳細な情報はこちらのサイトからどうぞ。

 

大聖堂の入場時間や料金は?

入場時間

1~4月 5~9月10~12月
午前月~土 9:30-13:30

日 9:30-14:00

月~金 9:30-13:30

土   9:30-12:00

日   9:30-11:00

月~土 9:30-13:30

日 9:30-14:00

午後月~土 16:00-19:00月~金 16:00-20:00

土   14:00-18:00

日   14:00-20:00

月~土 16:00-19:00

入場料金
一般 6€、学生やグループなどで入る場合は5€、12歳以下は無料

レオン大聖堂のサイト情報ですが、2017年9月は上の表とは別に特別の開館時間が設定されていますので、見学前には必ず上記のサイトなどで確認を取っていただきますようお願いいたします。 入場料金に関しても変更される可能性もありますのでご注意ください。

 

さいごに

レオン大聖堂の魅力のほんの一部の説明になりますが、これを読んでレオンの大聖堂を訪れてみたいと思っていただければ嬉しいです。

 

レオンを観光する時に知っておきたい情報(駅から市内中心部までの歩き方、おすすめの無料タパス情報など)をこちらの記事でまとめていますのでチェックして下さいね♪

【スペイン・レオン観光】天気や名物料理から大聖堂の情報まとめ!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

もっとスペインの情報を知りたい方は、今すぐ『いいね』!

コメントを残す