マドリードからトレドへの行き方は?駅から旧市街のアクセス方法は?

スポンサーリンク

マドリード近郊の有名な観光地のひとつであるトレドは、世界遺産に登録されてから今年でちょうど30年です。

 

学生時代に1度、日帰りのエクスカーションで訪れたことがありますが、昔すぎて何も覚えていません。

 

マドリードの週末旅行を計画した時からトレドへもう一度行こうと決めていました。

 

今回は、マドリードからトレドまでの行き方とトレドに到着してから市内中心部までのアクセス方法について説明します。

 

実際に移動して気づいた事もメモとして残しますので、マドリードからトレドへも行こうかなと計画中に肩は是非参考にしてください。

マドリードからトレドへの行き方は?

安い移動手段は?

マドリードの南にあるエリプティカ広場(Plaza Elíptica)のバスターミナルからALSA社のバスに乗るのが一番安い方法です。

 

バスターミナルは地下鉄のプラサ・エリプティカ駅(Plaza Eliptica)と直結しているので、地下鉄の6・11番線に乗っていくことができます。

 

バスのダイヤや所要時間にチケットの料金は?

ALSA社のサイトはこちらです。

 

計10か所の駅に停まる便に乗った場合、トレドまでの移動時間は1時間30分ですが、ノンストップの直行便もあり、1時間で到着します。

 

時間がかかる便と直行便が交互に大体30分おきに出ています。
片道料金が5.39€。往復切符を買うと復路の切符料金が4.31€と少し安くなり、ALSA社のサイトで購入すると手数料(1.03€)も含めて、10.73€になります。(2017年5月時点。)

 

到着場所は?

Avenida Castilla-La Manchaにトレドのバスステーションがあります。

 

ここから旧市街の中心であるソコドベール(Zocodover)広場まで歩いて15~20分程かかります。

 

バスステーションからソコドベール広場までのルートは?

バスステーションの出口を出たら右に進みます。タクシー乗り場や観光バスの駐車場を横に見ながらまっすぐ進みます。

 

写真の左奥に小高い丘の上に建つとがった建物が見えますが、その場所がトレドの旧市街になります。建物見える方に進みます。

 

円形交差点が見えてくるので、道路を渡って真っすぐ建物の方向に歩きます。旧市街の上まで通じているエレベーターに乗ってください。

 

 

エレベーターを昇って、写真の建物が見えたらあと少しです。写真の右に見えるエレベーターも昇って車道が見えたらそのまま坂を登ってください。

少し登ると左手に人で賑わう広場が見えてきます。ここがソコドベール広場です!

 

時間短縮で移動する場合は?

バスより料金は高くても移動時間を短くしたい場合、スペイン国鉄(RENFE)の電車AVANTに乗りましょう。今回、私はAVANTの電車に乗って行きました。

 

ダイヤ/所要時間/チケット料金は?

平日の場合、朝一番の便は6時50分でほぼ1時間に1本の割合で運行しています。

 

週末になると、朝一番の便は8時50分で9時20分から12時20分まで1時間に1本、13時50分から2時間に1本で運行しています。

 

バスの直行便の半分の時間である33分で到着します。

 

料金は、20.6€(片道10.30)。バスで行く場合の2倍の料金になりますが、時間短縮の他にこちらをおすすめする理由はこれです。

 

ムデハル様式の非常に素敵な建物がトレドの駅です。スペイン国内でもこれだけ美しい駅はあまりないと思いました。

 

写真撮影のポイントとしてもおすすめです。

 

アト―チャ駅での切符の購入方法は?

事前にRenfeのサイトで購入しておくのが一番安心だと思いますが、出発当日にAtocha-Renfe駅で切符を買いたい人はこちらを参考にしてください。

 

 

アト―チャ駅のチケットオフィス(Oficina de Venta)です。(営業時間は7:00-22:00)

 

 

中に入って右側に設置されている機械で順番のチケットをとります。

 

機械の画面には、下記二つのオプションがあります。

  • SALIDA HOY(今日出発)
  • SALIDAS OTROS DIAS(他の日の出発)

 

SALIDA HOYを押すとBから始まる番号札が出てきます。(SALIDAS OTROS DIASの場合はAで始まる番号になります。)

 

その時の込み具合やアテンドしている職員の数にもよりますが、10~15分ほどで自分の番が来ました。

 

ホームまで行く時のちょっとした注意点は?

 

チケットを買い、販売場所を出て左後ろに少し歩くと、手荷物検査場があります。

 

このことを知らずに朝食を食べて少しゆっくりしていました。出発20分ぐらい前になって余裕を持ってホームに向かおうとこの場所に着いたらものすごい列ができていてビックリ!

 

あまりの行列の凄さにこれでは乗り遅れると本当に焦りました。トレドに向かう場合、左側のSalidas Pl. Baja(Departures Ground Floor)の列に並んでください。

 

この場所の込み具合は時間によって差があるでしょう。午前中は、利用客が多く混む可能性が高いのではと思います。

 

 

検査場を通り、なんとか電車に乗ることができました~。

 

先ほどトレド駅の外側の様子をお見せしましたが、中はこんな感じです。^^

 

 

 

着いたばかりですが、帰りに再び駅に寄るのが楽しみになりました。

 

トレド駅から旧市街へのアクセス方法は?

スポンサーリンク

タクシー

大きいスーツケースを持っていて直接ホテルに向かいたい場合は、やはりタクシーでしょう。初乗り料金が4.4€で、駅からソコドベール広場までは10€くらい見ておけばいいかと思います。

 

バス

荷物はあるけど多少歩くのは大丈夫という場合、バスの方が安く移動できます。観光バスと市内バスの2種類あります。

 

観光バス

駅を出てすぐに見える赤いバスです。駅を出たところに観光バス勧誘のスタッフもいます。

 

市内バス

 

観光バスを左手に見ながら右方向へ歩きます。駅のスペースを出てからも真っすぐ歩いていくと、バス停があります。

 

 

ソコドベール広場行きのバスは、5、6.1、6.2です。電光掲示板で次にくるバスの時間がわかります。

 

切符の料金は、1.4€です。

 

6.1番のバスに乗ったら、最終停留所がソコドベール広場になります。

 

上の画像の左奥に見える赤い枠の部分にバスがとまります。

他の番号のバスは、停車場所が異なる可能性がありますので、ドライバーに確認ください。

 

ここからカテドラルに向かう場合、広場からコメルシオ(Comercio)通りに入り、そのまままっすぐ道なりに歩いていきます。途中CATEDRAL(大聖堂)という標識も見えてきますので、迷うことはないと思います。

 

ソコドベール広場から道路を挟んで向かい側にインフォメーションセンターがあります。市内地図をもらったり、情報を集めるといいでしょう。

 

徒歩

駅から市内まで歩くことは可能です。時間は30~40分を見ていただければと思います。トレド駅から旧市街への移動は、個人的にタクシーかバスがいいのではと思いました。

 

理由は、旧市街の中は非常に坂が多く、1日観光で歩き回ると本当に疲れます。少しでも体力は旧市街内での移動に温存しておいた方がいいかなと思いましたがあくまでも私個人の感想です。

 

ソコドベール広場から電車の駅まで徒歩のルートは?

これはおまけですが、ソコドベール広場からトレド駅まで歩いた場合の道のりを説明します。

 

 

ソコドベール広場の向かいにある観光オフィス側の道を下ると、上の画像のように右手に建物と下に降りる階段があります。

 

エレベーターを使って下まで降ります。エレベーターを降りて、真っすぐ進むと前方にバスステーションとその手前に円形交差点が見えるので、道路を渡って右に曲がり橋を渡ります。左側を通ると道路を渡らずに駅まで到着できます。

 

 

 

橋から旧市街にあるアルカサルやタホ川にかけられた橋を見ることができます。とてもいい景色でした。

 

30分ほど歩きますが、上り坂は一切ありません。下りと平らな道です。前日に子豚の丸焼きの料理を食べたこと、天気がとてもよく時間にも余裕があったので歩いてみました。^^

 

さいごに

 

いかがでしたでしょうか。

 

移動手段のダイヤや料金などは変更される場合がありますので、必ず自分でご確認ください。

 

今回トレドでの滞在は自分が期待していた以上に楽しくて有意義なものとなりました。

 

世界遺産登録30周年を記念して、色々イベントも企画されていますので、トレドの観光オフィスサイトをチェックしてみてください。(日本語バージョンのサイトはこちら

 

トレド観光に役立つ最新情報をこちらの記事でまとめていますので、合わせてこちらもお読みください。

トレド観光に必要な時間は?半日で十分?役立つ最新情報まとめ!
スペインの首都マドリードから南に70キロの場所に位置するトレドは、中世の古都として人気の観光地のひとつです。 旧市街を訪れて感じたことは、キリスト・イスラム・ユダヤという3つ文化の共存から生まれる...

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク


もっとスペインの情報を知りたい方は、今すぐ『いいね』!

コメントを残す