マドリードからトレドへの行き方は?駅から旧市街のアクセス方法は?

マドリードからトレドまでのアクセス方法とトレドに到着してから市内中心部までの行き方について説明します。

 

実際に現地を歩いて気づいた事もメモとして残しますので、マドリードからトレドへ行くという方は参考にしてください。

 

トレドから電車でマドリードへ帰る、もしくは他の都市へ移動するのにRENFEの駅までの歩き方も紹介しています。

スポンサーリンク

トレドまでバスで行く場合

どこからバスに乗る?

マドリードの南にあるエリプティカ広場(Plaza Elíptica)のバスターミナルからALSA社のバスでトレドへ行くことができます。

バスターミナルは、地下鉄のプラサ・エリプティカ駅(Plaza Eliptica)と直結しており、地下鉄の6・11番線に乗っていくことができます。

バスのダイヤ・所要時間・料金は?

直行便と時間がかかる普通便が、交互に大体30分おきに出ています。

 

計10か所の駅に停まる便は、トレドまでの移動時間は1時間30分に対し、直行便では1時間で到着します。

 

片道料金が5.39€で、往復切符を買うと復路の切符料金が4.31€と少し安くなります。

 

ALSA社のサイトで購入すると手数料(1.03€)も含めて、10.73€になります。(2017年5月時点。)

詳細は、ALSA社のサイトから確認下さい。

 

トレドのバスステーションから旧市街までの行き方は?

 

トレドのバスステーションから旧市街にあるソコドベール(Zocodover)広場まで歩いて15~20分程かかります。

 

大きい荷物があるので歩くのはちょっという場合は、バスステーションを出て右に進むとタクシー乗り場があります。

 

 

歩きでも平気と言う方は、タクシー乗り場や観光バスの駐車場を右手に見ながら小高い丘の上に立つ建物が見えるトレドの旧市街方面にまっすぐ進みます。

 

円形交差点が見えてくるので、道路を渡って真っすぐ歩くと、旧市街の上まで通じる巨大エスカレーター(地図上部のポイントB)に乗ります。

上記の地図で巨大エスカレーターの部分が表示できなかったので、ルートを2区間に分けています。

 

エスカレーターの上部(地図下部のポイントA)について、アルマス通りの坂を左に登るとソコドベール広場が見えます。

 

トレドまで電車で行く場合

電車を利用した場合、料金は高くなりますが、移動時間を短縮することができます。

 

それでは、マドリードのアトーチャ駅からトレドのソコドベール広場までの行き方を説明します。

 

アトーチャ・レンフェ駅での切符の購入方法は?

 

出発当日に駅で直接チケットを買う場合、アトーチャ・レンフェ駅のチケットオフィス(Oficina de Venta)へ行きます。

営業時間はAM7:00~PM22:00

 

オフィスの内部右側に設置されている機械(上の画像を参照)で番号札をとります。

 

機械の画面には、

  • SALIDA HOY(今日出発)
  • SALIDAS OTROS DIAS(他の日の出発)

と表示されます。

 

「SALIDA HOY」を押し、番号札(Bで始まる番号)を取って順番を待ちます。

 

待ち時間は、その時の込み具合やアテンドしている職員の数にもよります。

 

電車のダイヤ・料金・所要時間は?

  • 平日の場合、朝一番の便は6時50分でほぼ1時間に1本の割合で運行しています。
  • 週末は、朝一番の便は8時50分で9時20分から12時20分まで1時間に1本、13時50分から2時間に1本で運行しています。
  • 料金は、20.6€(片道10.30)です。
  • 列車を利用すると、バス直行便の半分の時間である33分で到着します。

 

ホームへ行くときの注意は?

チケットを買ったら、販売オフィスを背中にして左後ろに少し歩くと、手荷物検査場があります。

 

まだ時間もあると朝食を食べて少しゆっくりしてから、出発20分ぐらい前になってホームに向かうと・・・

 

 

ものすごい列ができていてビックリしました。

 

 

  • 中長距離の列車に乗る前に手荷物検査がある。
  • マドリードなどの大都市では利用者が多いので時間によって長蛇の列ができる。

 

時間に余裕をもって行動されることをおすすめします。

 

トレドへ行く時は、左側のSalidas Pl. Baja(Departures Ground Floor)の列に並びます。

 

トレド駅から旧市街へのアクセス方法は?

トレドの駅は、ムデハル様式の非常に素敵な建物です。スペイン国内でもこれだけ美しい駅はあまりないと思いました。

 

列車を利用すると移動時間の短縮の他にトレド駅が見れる点でもおすすめです。

 

駅から旧市街へのアクセス方法を見ていきます。

 

タクシー

大きいスーツケースを持っていて直接ホテルに向かいたい場合は、やはりタクシーでしょう。

 

初乗り料金が4.4€で、駅からソコドベール広場までは10€くらい見ておけばいいかと思います。

 

バス

駅を出てすぐに見える赤い観光バスがあります。観光バス勧誘のスタッフもいますが、私は今回市運営のバスを利用しました。

 

観光バスを左手に見ながら右方向へ歩きます。駅のスペースを出てからも真っすぐ歩いていくと、バス停が見えます。

ソコドベール広場行きのバスは下記の3つです。

  • 5
  • 6.1
  • 6.2

 

バス停にある電光掲示板で次にくるバスの時間がわかります。

 

切符の料金は1.4€です。(2017年5月時点)

 

6.1番のバスに乗ると、最終停留所がソコドベール広場でした。

 

 

画像の左奥に見える赤い枠の部分にバスがとまります。

他の番号のバスは停車場所が異なる可能性があります。ドライバーに確認して下さい。

 

ソコドベール広場から道路を挟んで向かい側に観光オフィスがあります。

 

徒歩

駅から市内まで30~40分かけて歩いて行けるようですが、初めてトレドへ行く場合はタクシーかバスかなと思いました。

 

なぜなら、旧市街の中は非常に坂が多くてトレド市内にある観光名所を歩いて回ると本当に疲れます。

 

体力は少しでも旧市街内での移動に温存した方がいいというのが私の個人的な意見です。

スポンサーリンク

ソコドベール広場から列車の駅まで徒歩のルートは?

ソコドベール広場からトレド駅まで歩いた場合の道のりを紹介しますが、

 

  • 比較的荷物が軽い。
  • 時間に余裕がある。
  • 晴れているし歩きたい。

 

という方だけ参考にして下さい。

ソコドベール広場から巨大エレベーターまでは?

ソコドベール広場の向かいにある観光オフィス側の道(アルマス通り)を下り、地図のBポイントで右側にある階段を降りて巨大エスカレーターに乗ります。

 

階段を降りるポイントは地図に画像を載せていますのでご確認下さい。

 

巨大エレベーターを降りてからRENFEの駅までは?

巨大エレベーターを降りたら、真っすぐ進むと円形交差点がありますので右にまがってアサルキエル橋を渡ります。

 

橋の左側を通ると、まっすぐ道なりに駅まで歩いていきます。

 

橋から見えるアルカサルやタホ川にかかる橋を見ることができます。

 

天気の良い日は、トレドの景色をゆっくり楽しみながら帰ることができます。

 

30分ほどのウォーキングですが、下りと平らな道のみですので、歩くのが好きな方はどうぞ♪

 

まとめ

マドリードからトレドまでのアクセスについてポイントをまとめて終わります。

  • マドリードからトレドまでのアクセス方法はバスと列車の2種類。
  • 時間がかかっても安い移動手段を選ぶならバスだが、列車だとバスの半分の時間でトレドまで行ける。
  • 列車を利用すると、ムデハル様式のトレドの駅も注目。
  • バスステーションや列車の駅から市内中心部のソコドベール広場までは歩いても行けるが、タクシーや市内巡回バスを使うのがおすすめ。
  • トレドからの帰りに時間に余裕がある場合は、駅まで歩くと旧市街の景色を楽しみこともできる。

 

トレド観光に役立つ情報のまとめ記事はこちらです。合わせてお読みください♪

トレド観光に必要な時間は?半日で十分?市内の見どころは?

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

サンティアゴ・デ・コンポステーラ在住の40代2児のママ。3歳の娘と日々格闘中。スペインの観光や留学生活、サンティアゴ巡礼路に関する情報を発信します。スペイン旅行の悩みに記事内で回答します。問合せ
詳しいプロフィールはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

コメントを残す