スペイン留学の準備はいつから?事前勉強で現地で役立つ事は?

スポンサーリンク

スペイン留学とひと言でいっても、留学の目的・期間・場所・費用など、留学スタイルや経済的な状況で準備期間も変わります。

 

しかし、大体でもいいからどのくらい前から留学の準備を始めたらいいのかと疑問に思う方がいるでしょう。

 

自分がスペイン留学をした時の経験や現地からお手伝いした日本人学生のケースから、スペイン留学の準備期間や日本を出発する前にどんなことを事前に勉強しておくと現地の授業に入った時に役立つのかについてお話します。

スポンサーリンク

留学のタイプ別メリットと準備開始のタイミングは?

短期留学の場合

短期留学で飛躍的に語学力が向上できるとは考えない方がいいですが、短期留学のメリットにこんな点があります。

  • 1週間からコースを受講できるので、時間のない人でもスペイン留学の体験ができる。
  • 語学だけではなく料理、ダンス、ビジネスなどに特化したコースを気軽に受けることができる。
  • ビザ申請が不要なので短い準備期間でも行動できる。
  • 短期の語学研修を受けて留学の感じが掴める。
  • 長期留学への強いモチベーションにもなる。

 

90日以内の滞在であればビザ申請は必要ないので、時間とお金に全く問題がない場合は日本の留学斡旋会社に相談してから2週間程度の準備期間でスペインへ留学することも不可能ではありません。

91~180日までは短期学生ビザ、181日以上であれば長期学生ビザの申請が必要になります。

 

一方、全て自分で手配する場合で初めての留学となれば、納得する語学学校を選ぶための情報収集等を考えても出発の半年前ぐらいから始めた方がいいでしょう。

 

長期留学の場合

1年間の長期留学のメリットには、こんな点があります。

  • 留学期間を終える頃にスペイン語で意思疎通ができるようになる。
  • 留学期間以降も続くスペイン人の友達ができる可能性が高くなる。
  • 語学以外にもスペイン(もしくはヨーロッパ)の文化や歴史についても視野が広まる。
  • 人間的に大きく成長できるきっかけとなる。

 

外国で生活することは、楽しい事ばかりではありませんが乗り越えた時にとても貴重な体験となります。

スペイン留学は辛いし楽しくない?大学や語学授業の乗り越え方!

 

留学斡旋会社を通す場合でも最低半年以上前、自分で手配する場合は大体1年前から準備を始めるのが適当かと思います。

 

長期留学の場合、在日スペイン大使館で学生ビザ申請をし受理してからでないと日本を出発できないのですが・・・

  • ビザ申請に必要書類のひとつ、留学先からのオリジナルの受け入れ証明書の到着に時間がかかることがある。
  • 9月に授業が開始する場合、夏前のビザ申請は時間がかかり、ビザの受理まで2か月ほど時間を見ておく必要がある。

という状況があるので、現地にいつ頃到着していたのかを決め、そこから逆算して準備期間を把握するのが重要です。

学生ビザ申請の最新情報は、必ず在日スペイン大使館の領事部に確認して下さい。
長期留学、特に大学で勉強したいと考えている方にはこちらの記事もおすすめです。
スポンサーリンク

留学の準備段階で決めることは?

短期・長期のいずれの場合でも、共通して決めなくてはいけないポイントがこちらです。

留学先はどこにする?

特定の都市に対する強い希望がない場合、下記のような問いかけをして自分の考えをクリアにしていきましょう。

  • マドリッドやバルセロナいった大都市にするか、それとも地方の都市がいいか?
  • スペインの北と南だったらどっちがいい?
  • スペイン語コースは、私立の語学学校と大学付属のどちらにする?

 

滞在方法

留学中の滞在先には、主にホームステイ、大学寮、シェアアパートのオプションがあります。

ホームステイ

上記の滞在方法でいちばん費用がかかるのがホームステイですが、短期留学の場合はホームステイを選ぶのをおすすめしますが、理由はこちらの記事で説明しています。

 

ホームステイに興味のある方はこちらの記事を合わせてお読みください。

大学寮

長期留学の場合、ホームステイで1年はお金がかかるので大学寮で現地の学生との共同生活を選ぶ学生もいますし、現地で共同ピソ(シェア・フラット)を探す学生もいます。

 

大学の寮生活って実際にどうなっているのか、留学生の実体験をこちらの記事で詳しく紹介しています。

留学前の語学勉強は必要?

Study room

 

多国籍の学生が共に勉強する中、英語ができない学生もいるので入門レベルから文法の説明も全てスペイン語を使います。

 

自国の言語がスペイン語と似ているヨーロッパやブラジルの学生は、文法はわからなくてもとにかく会話したり、わからない単語があってもテキスト全体の内容を推測することができますが、日本人の場合はそう簡単にいきません。

 

わからない単語が出てくるたびにそこでつまづいて電子辞書をチェック、わからない単語が多くなると単語の意味に集中しすぎて肝心のテキスト全体の内容も分からなくなることがあります。

 

日本の大学でスペイン語専攻の学生でも現地で最初は苦労します。

 

スペインに行けば何とかなると事前勉強をしないで留学するのはやめましょう。

 

『もっと日本で勉強しておけばよかった。』と後悔しないよう、日本で可能な限りスペイン語の勉強をすることを強く勧めます。

 

具体的に何を勉強すればいい?

日本でスペイン語の文法を説明した良書がありますが、現在形・過去形・接続法といった文法用語をスペイン語でなんていうかわかりますか?

 

えっ・・・となった人は文法を勉強するときに、『今日は直接法現在形の勉強をするけれども、スペイン語ではPresente de indicativoって言うんだな。』という感じで意識して覚えるようにしましょう。

 

語学の授業で、文法を説明するスペイン語が全部聞き取れなくても、『今は、直接法現在形の話をしている。』と分かっていて日本で文法を一通り勉強していれば、それをしていない学生と比べて授業中の気持ちの余裕やできて説明に集中できます。

 

日本について勉強しておこう

私自身の体験なのですが、スペインへ行って日本に対して自分がいかに無知であるかということを痛感しました。

 

スペイン語のクラスや現地の友達との会話で、事あるごとに「●●についてだけど、日本はどうなの?」と質問されます。

 

スペイン人からしてみれば、『自分の国について聞いてるんだから話ができるだろう。』とある意味スペイン語で話すチャンスをくれているのに、私はここでウーンと何度も黙ってしまいました。

 

これは本当に恥ずかしいことなので、私のようになりたくない人は日本の文化に関する本を読んでおくといいでしょうし、スペインに対して質問に思ったことを逆に日本に置き換えたらどう説明できるかと常に考えるのもいいかもしれません。

 

文法や会話の練習でおすすめの勉強方法は?

大学で英語を専攻している学生ですが、コース初日のレベル分けテストの結果でスペイン語専攻の学生よりも上のレベルのクラスに入りました。

 

日本でどんな勉強をしたのか聞いてみると・・・

 

大学にいるスペイン人の先生にプライベートレッスンをお願いし、スペイン語で授業をしてもらったそうです。

 

日本にいながら現地の授業と同じ環境で勉強していたのは確かに効果があると思います。

 

周りにスペイン人のネイティブがいないとか、自宅の近くにはスペイン語教室がない、時間もないという人でもスペイン語のオンライン・レッスンなら自分の都合がいい時間に気軽にトライできると思います。

 

日本人は、会話の授業で欧米の学生に押されてなかなか会話に入れません。

 

オンライン・レッスンを活用して話すことへの恥ずかしさを少なくしてみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

  • じっくり留学の準備をするなら短期の場合で半年、長期の場合は1年前から始めましょう。
  • 短期・長期に関わらず留学先や滞在方法について自分の希望をクリアにする。
  • 語学授業の共通語はスペイン語。留学前のスペイン語の勉強は必要。
  • 日本の文化についても触れておく。
  • スペイン語オンライン・レッスン等を使ってスペイン語を聞く・話す習慣をつくる。

 

スペイン留学に興味はあるけれども実際に準備を始めるタイミングや事前にどういった準備が必要なのか疑問がクリアになれば幸いです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

サンティアゴ・デ・コンポステーラ在住の40代2児のママ。3歳の娘と日々格闘中。スペインの観光や留学生活、サンティアゴ巡礼路に関する情報を発信します。スペイン旅行の悩みに記事内で回答します。問合せ
詳しいプロフィールはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

コメントを残す