スペインの電圧やプラグ日本との違いは?変圧器は必要?外出先で電源を使えるのはどこ?

日本を出発する前になると、スペインの電圧やプラグのタイプ、そして変圧器が必要かといったスペインの電源事情が気になると思います。

 

これらの基本的な情報はもちろん、移動中に携帯電話を充電しなくてはいけないなんてこともあるかと思いますので、外出先で電源が必要になった時に利用できる場所についても説明します。

 

さいごに、プラグを失くしたり滞在先のホテルに置いてきてしまった場合の対処法についてもお話します。

スポンサーリンク

スペインの現在の電圧は230Vです。変電所からの距離などいろんな要素の影響で、多少電圧の変動する場合もありますが、230Vです。

 

周波数は50Hzです。周波数に関しては、日本は50と60Hzが混在しているため、ほとんどの製品が周波数フリーになっているそうですのでこちらは心配することはありません。

 

プラグのタイプは?

出典: https://ugc.kn3.net

スペインのプラグは、CタイプFタイプです。

 

Cタイプ→丸形のピンが2つ並んだものです。ヨーロッパのほとんどの国で使用されているため「ユーロプラグ」と呼ばれます。(ちなみに、このCタイプのプラグを使っていない国は、イギリス・アイルランド・キプロスとマルタ共和国です。)

 

Fタイプ→ヨーロッパで「シュコー(Shuko)」と呼ばれるプラグです。Cタイプと同様に丸形のピンが2つ並び、さらにアース極がついています。

 

CタイプとFタイプの違いは?

Cタイプは比較的古いタイプのもので、現在はコンセントにアース極がついたものが普及されています。CタイプのプラグはFタイプのコンセントに問題なく使用できます。

 

スペインのプラグはC/Fの両方使えます。

 

変圧器は必要なの?

スポンサーリンク

スペインよりも低い電圧(100V)を使用している日本国内で買った電気製品に変圧器は必要なのか気になりますが、パソコンやデジカメ、IPHONEなどの携帯の充電器は海外でも対応されているものが多いですが、念のため日本を出発する前に必ず確認してください。

 

例えば、パソコンのアダプタ部分のINPUTが100~240Vになっていれば大丈夫です。

 

女性の方でドライヤーを持参するか迷っている場合、ホテルの部屋についていることが多いので現地の物を使用したほうが荷物にもならなくていいかと思います。

 

万が一、現地で購入することになってもそんなに高くはありません。

 

外出先で電源を使いたい場合は?

外出先で携帯の充電をしたいという場合があると思いますので、旅行中に利用できる場所を4つ紹介します。

 

空港

マドリッド バラハス空港

4つのターミナルで「e-point」が設置されています。携帯やタブレットなども充電できます。

 

バルセロナのエル・プラット空港

1000以上のコンセントがあり、T2には充電ゾーンがあります。携帯電話を充電する機械が12個あります。(T1に9個、T2に3個です。)充電にかかる料金は30分おきに1ユーロです。

 

マラガ空港

空港のレストラン利用客には無料で携帯の充電ができるそうです。

 

電車

一部の電車では各座席にコンセントがありますのでとても快適です。トイレにあるコンセントを利用することもできますが、他のお客様も利用するのでかなり不便です。

 

スペインの鉄道会社RENFEは、長距離電車ALVIA(アルビア)のS-130とS-730号の1等クラス(プレフェレンテ)と2等クラス(トゥリスタ)の各席にコンセントを設置するように現在動いています。

 

今すぐという対応ではありませんが今後ますます便利になりますね。

 

カフェ

テーブルの近くにコンセントがあると使いたくなりますが、一言お店の人に使ってもいいか許可をもらうといいでしょう。

 

図書館

図書館のテーブルでコンセントがあるので、そこを利用する手もあります。

 

プラグの紛失したりホテルに置き忘れたら?

 

スペイン国内の旅行中に、前の滞在先のホテルでプラグを置き忘れてしまったということもあるかもしれません。

 

中国人の経営するお店でプラグを売っているところがあります。もし、携帯の充電用コードなどが置いてあるコーナーで見つからなくても、お店の方に聞くと出してくれることがあります。

 

サンティアゴ・デ・コンポステーラのコンチェイロ通りにある2つの中国人のお店で確かめてみたところ、一つのお店では取り扱いがなく、もうひとつの方ではレジのところに別に置いてありました。ちなみに価格は1€です。

 

本当に使えるかどうか日本の電化製品のプラグを指して試してみた方がいいかもしれません。

 

まとめ

  • スペインの現在の電圧は230Vで、周波数は50Hz。
  • スペインのプラグのタイプは、CとF。Cが比較的古いタイプだが両方使える。
  • パソコン、デジカメ、携帯の充電器は海外対応の物が多いがINPUT100~240であれば大丈夫なので、事前に確認をすること。
  • 外出先で充電が必要な場合でも、空港・電車・カフェ・図書館など電源を使えるところはある。
  • プラグを宿泊先に忘れても中国人経営のお店などで買う事ができる。

 

その他にもスペイン旅行の準備で気になることがあったらこちらの記事をチェックして下さい♪

(2017年8月11日更新)スペイン旅行の準備や注意点まとめ!ベストシーズンや現地の最新情報は?

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

もっとスペインの情報を知りたい方は、今すぐ『いいね』!

コメントを残す