ルーゴの城壁から温泉まで市内観光充実で料金もお得なツアーとは?

スポンサーリンク

この記事では、ガリシアのルーゴ市内観光におすすめ『観光列車 -Tren Turistico-』のツアーを紹介します。

 

ルーゴには世界遺産であるローマの城壁がありますが、

  • 他にどんな見所があるのかよく分からない
  • 出来れば1日で効率良く回れる日帰りツアーがあったらいいな

と思いませんか?

 

そこで・・・

  • ガイド付きの市内観光にサプライズの演劇パフォーマンスが付いたツアー。
  • 観光だけでなくルーゴでリラックス温泉体験も出来る!
  • 終日の交通(電車+バス)料金も含んだ料金が本当にお得!

と、私が実際に体験して良かったと感じた観光列車の内容や感想を本文で紹介いたします!

 

この記事を読めば、ツアーの全体像や料金に開催時期が分かりますので今後ルーゴを訪れたい人は是非参考にして下さいね。

スポンサーリンク

ルーゴ行き観光列車はどこから出発?

ルーゴへ向かう観光列車はコルーニャから朝の8:45に出発します。

 

サンティアゴから参加の場合、出発駅のコルーニャまで余計に電車賃がかかるなと思いますよね?

 

ところが、サンティアゴーコルーニャ間の往復移動も無料です!

 

少し早起きすることになりますが、サンティアゴから約30分でコルーニャに到着しますし、10€の往復電車賃が無料でツアーに参加する前からお得感があります。

 

観光列車ツアーの前後にコルーニャに宿泊し観光を楽しみたい方は、当ブログの『スペインのコルーニャ観光情報まとめ!おすすめのスポットやツアーは?』の記事で詳しく説明していますので是非合わせてお読み下さい。

 

コルーニャからルーゴまでの所要時間は?

コルーニャを8時45分に出発し、ルーゴへ到着するのは10時30分です。

 

コルーニャとルーゴを結ぶ線路は単線なので、途中で反対方向から来る電車を待つ時間も入れて所要時間は1時間45分。

 

外の景色を楽しみながらと言っても、正直ちょっと長いなぁと思いますよね?

 

しかし・・・

 

移動中に突如現れる演劇のパフォーマンスが面白くて電車の旅も長く感じませんでした。

 

電車に乗り込んだのは調査のためローマからルーゴへ派遣された兵士他のメンバー。

 

途中で体つきがしっかりした男性の参加者を見つけて『俺の軍隊にいい人材をみつけたぞ!』と絡んで場を笑わせてくれたり、ツアーの各ポイントで現れてとにかく楽しかったです。

 

スポンサーリンク

 

ルーゴの城壁から温泉まで観光列車ツアーの内容は?

ルーゴの城壁

ルーゴの城壁

 

ルーゴの城壁が世界遺産に指定されたのは2000年。

 

城壁は、この地方で多く取れる粘板岩と一部花崗岩で作っています。

 

当時メートルという概念がない時代に手から肘までの長さを使って設計したと聞いたことがあります。

 

ルーゴ市観光オフィスの上のスペースでは城壁の模型を使って城壁の全体像や歴史について詳しく学ぶことが出来ます。

 

Plaza Mayor

ルーゴ市役所

 

ルーゴ城壁を降りて旧市街内の散策をして訪れるのが、ルーゴ市役所のあるマヨール広場。

 

ここから大聖堂へと向かいます。

 

ルーゴ大聖堂

ルーゴ大聖堂の聖歌隊席

 

ガリシアには全部で5つ大聖堂がありますが、そのひとつがここルーゴにあります。

 

ルーゴは聖歌隊席を残している唯一の大聖堂ですので、中に誰もいない時ならさっと入って写真撮影をするといいでしょう。

 

信仰の場所だからと事前にガイドの注意を受けて静かに聖歌隊席に入ったのですが、お祈りをしている人がいるから出て行きなさいと建物内にいるおばさんに注意をされてグループごと追い出されてしまいました。(;^_^A

 

大聖堂にはルーゴ市の守護聖人である聖フロイランと聖母オホス・グランデスの礼拝堂があります。

 

聖母オホス・グランデスの礼拝堂は、サンティアゴ大聖堂の正門を作ったカサス・デ・ノボアの作品です。

 

観光列車のツアーでは訪れませんでしたが、ルーゴ大聖堂の博物館や大聖堂正門の塔まで登るツアーがあります。

 

Domus de Mitreo博物館

Domus Mitreo

 

大聖堂正門の目の前にドムス・デ・ミトレオ博物館があります。

 

1998年にサンティアゴ・デ・コンポステーラ大学がこの建物の所有者となり、発掘調査を行ったところ地下から巨大墓地や古代ローマ時代に建てられたドムス(住宅)が発見されました。

 

住宅の主は、古代ローマ軍の基幹戦闘単位であるケントゥリア(百人隊)の指揮官で家の敷地内にペルシャの神ミトラを祀る神殿があり、それらを見学することが出来ます。

 

去年訪れた時にはなかった説明用のビデオが設置されていて分かりやすくなっていました。

 

以前はルーゴは城壁しか見るところがないと思い込んでいたのですが、このドムスは非常に興味深いスポットです。

 

昼食

午前中の市内観光を終えた後に、お昼休憩に入ります。(各自で自由行動。)

 

ルーゴでバルやレストランが集中するノバ通りが有名ですが、今回私はツアー参加者のスペイン人と一緒に大聖堂の北の門からすぐの場所にあるタベルナ・ダニエル(Taberna Daniel: Rúa Bispo Basulto, 4)でお昼を食べました。

 

ルーゴのタパス

 

サンティアゴでは飲み物を頼むと無料のタパスが出てきますが、ルーゴのレベルは本当に凄いです。

 

ルーゴでは暖かいタパスと冷たいタパスと、タパスでも種類が分かれるんです。

 

コロッケやトルティージャ、目玉焼きなど調理した暖かい5種類のタパスから好きなものを選び、別に冷たいタパスとして上の画像のようにハムやチョリソなど山盛りのプレートから好きなものを取りなさいという感じでサービスしてくれます。

 

ルーゴではお昼だけでなく基本的に朝からクロワッサンや菓子パンを乗せたプレートを持ってお客さんに振舞ったり、タパスのサービスレベルが半端ないのです。

 

一度ルーゴに泊まって夜のバル巡りをしたいなといつも思っていますが、いつになる事やら・・・。

 

タベルナ・ダニエルでは、タパスとは別にトルティージャを頼みましたが値段も高くなくて味も良かったです!

 

ローマ時代の温泉も見れる湯治場

ルーゴの温泉場

 

バスでルーゴの街を降りて川岸の近くにある温泉場へ行きます。

 

温泉といいましたが、どちらかというと1週間以上宿泊して温泉療養を行う湯治場と思って下さい。

 

建て物の地下部分にローマ時代の温泉の跡や現在使用されている施設を見学した後に、実際に温水プールやサウナ・ジャグジーなどを体験します。

事前に施設を体験する上で支障となる病気がないことを証明する書類にサインをします。

 

最後に熱で暖かくなった椅子に横たわりながら足の血流を良くするクリームを塗ってもらい、トロピカルジュールを飲みながらクリームの効果を待つというコースでとてもリラックスできました。

 

参加者のメンバーとも観光中はほとんど交流がなかったのに、お風呂に入って気持ちが良くなるのか急にコミュニケーションする機会も増えたりしてそれも楽しかったです。

 

とはいえ、温泉体験は絶対ではないので興味がある人は事前に水着・水泳帽子・ビーチサンダルを用意して下さいね。

 

ルーゴから観光電車に乗ってコルーニャまで

温泉場からバスに乗ってルーゴ駅へ向かい、再び観光電車に乗ってコルーニャまで帰ります。

 

最初はローマ帝国から派遣されてきて偉そうにしていた兵士ですが、帰る頃になるとガリシアの土地が気に入ってお酒も入って上機嫌になり、『ローマに俺は帰らないぞ。ここに残るんだ!』と大騒ぎ。

 

酔っぱらって歌いだす兵士と一緒になってツアー参加者のスペイン人もみんな歌いだしてとても楽しい雰囲気の中終わりました。

 

内容が充実したツアーであることは分かって頂けたかなと思いますが、次に気になるツアーの料金をお伝えします。

 

ルーゴ観光列車の料金や開催時期は?

大人料金で40€、3~13歳までの子供料金は20€です。

 

サンティアゴからコルーニャ、コルーニャからルーゴまでの往復電車、ルーゴ市内のバス移動、観光ガイド、温泉場でのリラックス体験が含まれてこの料金です。

 

交通の便があまり良くないガリシアで移動の心配をせずにこの内容のツアーが40€で体験できるのは非常にお得だと思います。

 

2018年は9・10月の決められた週末に開催されますが、観光列車のツアーは毎年6~10月まで続きます。

 

2019年の観光列車のカレンダーが決まったら、当ブログにて情報を更新したいと思います。

 

車を運転できない個人旅行者にアクセスが難しいエリアを効率よく観光できる観光列車は12ルートあります。(2018年10月時点)

まとめ

  • ルーゴ市内観光や温泉体験を合わせた観光列車のツアーは内容盛り沢山。
  • 出発駅はコルーニャだが、サンティアゴから参加して場合の往復移動費も無料になる。
  • コルーニャ・ルーゴ間の電車の旅は1時間45分だが、車内の演劇パフォーマンスが楽しく苦にならない。
  • ルーゴ市内では世界遺産である城壁や大聖堂にローマ時代の住宅跡地など見所が多い。
  • お昼は各自自由行動。
  • 温泉場での体験を希望する場合は、水着・水泳帽・ビーチサンダルを各自用意する。
  • 効率よくルーゴ日帰り旅行をしたいなら、お得な料金なので観光列車ツアーはおすすめ。
ガリシアを鉄道で気ままに周遊したいなら?
日本を訪れる外国人旅行者に人気のジャパンレールパスがありますが、そのガリシア版です!

スペイン・ガリシア州の鉄道旅行に超お得なパスとは?料金や購入の条件は?

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

サンティアゴ・デ・コンポステーラ在住の40代2児のママ。3歳の娘と日々格闘中。スペインの観光や留学生活、サンティアゴ巡礼路に関する情報を発信します。スペイン旅行の悩みに記事内で回答します。問合せ
詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す