ガリシア観光列車で行くコルーニャ日帰りツアーの内容と感想は?

スポンサーリンク

ガリシア観光局はスペイン国鉄RENFEとコラボし、夏限定の観光ツアー商品「ガリシア観光列車」を提供しています。

夏のスペイン旅行で利用したいガリシア観光列車とは?ツアーの内容や時期は?

 

2017年にこのガリシア観光列車ツアーを利用した人の国籍数は18か国という人気のツアーです。

 

コルーニャ観光列車は、2017年に追加された新しいツアーで、市内の観光名所見学とタラソテラピーのスパ体験がセットになっています。

 

最後にコルーニャ観光列車ツアーに参加した感想も載せていますので是非参考にして下さい。

スポンサーリンク

コルーニャ観光列車の出発地点は、サンティアゴ・デ・コンポステーラ駅です。サンティアゴからコルーニャまで列車の移動時間は約30分です。

 

 

コルーニャ駅は、1935年に建設されたガリシアで一番古い鉄道の駅です。ヘルシンキの駅からインスピレーションを得て設計されました。

 

コルーニャ駅から市内へ向かうためバスに乗り換えます。

 

観光列車ツアーで訪れる観光スポットは?

 

上記マップに観光列車の日帰りツアーで訪れる場所をマークしましたが、歩いて1日で回れる距離ではありません。

 

市内巡回バスやタクシーを利用する手もありますが、現地ガイドさんの上手な説明を聞きながら専用バスに乗って効率よくコルーニャの観光名所を訪れることができます。

 

それでは、ガリシア観光列車のツアーで訪れる観光スポットを見ていきましょう。

 

ヘラクレスの塔

コルーニャ駅からバスに乗って最初に向かったのが、コルーニャの世界遺産ヘラクレスの塔です。

スペイン世界遺産ヘラクレスの塔の高さは?行き方や訪れる時の注意点は?

世界遺産ヘラクレスの塔に関する歴史や伝説を知るツアーとは?

 

ローマ時代に建てられた灯台ですが、この塔の設計したのはポルトガル・コインブラ出身の建築家Cayo Servio Lupo(カジョ・セルビオ・ルポ)です。

 

ヘラクレスの塔の横にある小さな建物の中に保存されている石に彼の名前が記載されています。

 

サン・カルロス公園

 

ヘラクレスの塔から旧市街へ移り、最初に向かったのはサン・カルロス公園です。

 

スペイン独立戦争中にコルーニャで戦死したイギリス人軍司令官ジョン・ムアーの墓地があります。

 

この墓地は、供えのお花など維持費用はイギリス政府から出ているコルーニャ市内のイギリス領地です。

 

公園の後、旧市街内を散策するのですが、コルーニャ旧市街やその道りにはこんな特徴があります。

  • 敵の侵略から守るために、細くて道が緩やかにカーブした道が多い。
  • 海風から守るため、街の建物は海に背中を向けるように建設され、旧市街の通りから海を見ることができない。

 

サンティアゴ教会

サンティアゴ巡礼路のイギリス人の道の出発点となる教会です。

【最新情報】スペイン巡礼の期間や最短の日程は?短時間ルートでも証明書をもらう方法は?

 

小さい教会ですが、コルーニャでヘラクレスの塔に次いで古い建物です。14世紀の火事で2つの異なる建築様式が見られたり、内部にある10世紀に作られたヤコブ像など見所が沢山あります。

 

エミリアパルド=バサン生家

王立ガリシアアカデミー

 

コルーニャ出身の有名な女性作家エミリアパルド=バサンの生家がタベルナ通りにあります。

 

高貴な家庭の出身で英語・フランス語・ドイツ語を話したインテリですが、女性であることでガリシア王立アカデミー入会を拒否されます。それでもめげずにマドリードの大学教員になりましたが、生徒がボイコットして誰も授業に参加しなかったというエピソードがあります。

 

現在、彼女の生家はガリシア王立アカデミーの本部と彼女の美術館になっています。

 

おまけの情報ですが、この家の向かいにはZARAの創設者であるアマンシオ・オルテガの家があります。

 

Galerias

Galerias

Galerias(ガレリアス)は、ガラスと白い木製の窓枠が目を引くバルコニーです。ガイドブック等でコルーニャの写真によく出てくる場所です。

 

ガレリアスには、冬は日の光をできるだけ多く家の内部に入れ、夏は部屋を涼しくさせるなどの目的があります。

 

先ほども説明しましたが、海に背中を向けるように家が建てられていましたので、ガレリアスは家の後ろ部分に相当します。

 

マリア・ピタ広場

ガレリアスが建物の背中部分として、玄関はどこに面しているかというとコルーニャ市役所がある町の中心広場、マリア・ピタ広場側にあります。

 

マリア・ピタ広場に到着して、午前のプログラムは一旦終了し、各自昼食の休憩に入ります。

 

サンペドロ山

再びマリア・ピタ広場に集合し、午後一番先に向かったのはサン・ペドロ山(Monte de San Pedro)です。

 

この山からは、ヘラクレスの塔も含めコルーニャ市全体を見渡すことができます。

 

サン・ペドロ山は、第一次世界大戦終結から第2次世界大戦勃発までの戦間期にガリシア沿岸の防衛ポイントでしたが、現在は公園となり、当時軍事練習などで使用した大砲が展示されています。

 

Casa del agua

出典: http://www.turismo.gal

 

サン・ペドロ山を降りてプログラムの最後のポイントは、3タイプのジャクジーがある大型プールやサウナなどがあるCasa del agua(水の家という意味)という施設です。

 

「ROTENBURO」という屋外の日本式お風呂へ行ったのですが、足を入れたら冷水でビックリしました。^^

 

スパで2時間の自由行動が終わると、コルーニャ駅から列車でサンティアゴまで帰ってツアーが終了です。

 スポンサーリンク

コルーニャ観光列車を体験した感想は?

スペインで公共の交通手段に頼る個人観光客では、サン・ペドロ山まで行くのはちょっと面倒かなという部分があります。

 

ツアーに用意されている専用バスを利用するので、コルーニャ市内の観光スポットを効率よく回ることができますし、コルーニャの歴史など沢山のことが学べる内容になっていて充実していると思いました。

 

スパ体験を希望する場合、水着・水泳キャップ・ビーチサンダルを準備する必要があります。タオルは施設で貸してくれます。

 

スパの場所周辺は、コルーニャのサッカークラブ、デポルティーボ・ラ・コルーニャのスタジアムやファンが集まるバールがありますが、それ以外特に印象に残る場所はなかったので、スパで2時間楽しむのをおすすめします。

 

観光列車ツアーの料金は?

観光列車ツアーの料金は40€です。

 

サンティアゴ・コルーニャ間の列車往復や市内のバス移動費、終日の現地ガイド同行、Casa del aguaの入場料が含まれます。昼食は各自で取ります。

 

個人で列車に乗ってサンティアゴとコルーニャの往復するだけで約11€、Casa del aguaの2時間コースで24.5€がかかります。

 

現地ガイドの説明とバスでの移動費も入って40€ですから、この金額は決して高いとは思いません。

 

興味があるけどスペイン語ができない?

こういった地元の観光ツアーで気になるもう一つの点は、言葉の問題です。

 

観光列車ツアーをデザインした観光局の男性とこの件について聞いてみました。大人数の団体であれば、希望の言語を話すガイドを準備することもできるが、この商品は基本的に個人観光客が興味のあるルートに参加するようにデザインされています。

 

ツアーの担当ガイドは、皆バイリンガル(スペイン語と英語)ですが、当日は色んな国籍の参加者がミックスされるので、スペイン語や英語の半々を使うなどの対応になるのがほとんどかと思います。

 

ガイドさんの説明を全部理解できるに越したことはありませんが、灯台のツアーは個人でなかなか回れない内容ですし、自然の景色を見るだけでも十分満足できると思います。観光列車の全ルートをこちらの記事で確認してください。

夏のスペイン旅行で利用したいガリシア観光列車とは?ツアーの内容や時期は?

まとめ

  • コルーニャ観光列車は、サンティアゴから列車に乗ってコルーニャへ到着した後、専用バスに乗って市内にある観光名所を現地ガイドと一緒に回る。最後には2時間のスパ体験も含まれる。
  • 広範囲にわたる観光スポットを訪れるので、自家用車がない個人旅行者で効率よく市内の全体像が見えるツアーに興味がある人にはおすすめ。
  • スパの施設を利用するには、水着、水泳帽、ビーチサンダルを持参。
  • 列車の往復料金やスパの入場料から計算して40€のツアー料金は安い。
  • ツアー担当ガイドはバイリンガルなので、スペイン語ができなくても英語が分かれば大丈夫。言葉がわからなくても個人ではなかなか回れない自然の素晴らしいところを回るツアーもあるので参加する価値はある。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

サンティアゴ・デ・コンポステーラ在住の40代2児のママ。3歳の娘と日々格闘中。スペインの観光や留学生活、サンティアゴ巡礼路に関する情報を発信します。スペイン旅行の悩みに記事内で回答します。問合せ
詳しいプロフィールはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

コメントを残す