旅行前のよくある質問

スペインの免税手続きは難しい?注意点は?長期留学生も対象になるの?

更新日:

スペインで買うお土産の免税手続きって難しいのかな?

お金が返ってくればお得だけど条件や手続き方法を知っておきたい。

というあなたに当記事では次の点を説明します。

  • スペインの消費税制度
  • 免税手続きの仕組みや払い戻し率
  • 返金の手続き方法

 

観光客だけではなく1年間の長期留学生でも免税手続きの対象となりますので参考にして下さい。

スペインの消費税制度

税率のタイプ 対象品
Tipo superreducido 4% パン、新聞、本など
Tipo reducido 10% 肉、魚、水といった食料品、交通(バス、電車)、ホテル、飲食店など
Tipo general 21% 洋服、映画、コンサートなどのエンターテイメントなど

 

日本の消費税は物品すべてに8%の消費税が課していますが、スペインでは複数税率が下記のように採用されています。

 

免税手続きの対象や最大の払い戻し率は?

1回の購入金額が90.16€以上、3カ月以内の買い物が免税手続きの対象となりますが、

 

レストランやホテルにコンサートなどのエンターテイメントや食料品は『消耗品』のため免税対象外です。

 

冒頭でも伝えましたが、免税手続きの対象者は…

  • EU圏外の国に在住しているスペイン人もしくは外国人旅行者。
  • 留学生で学生ビザDタイプもしくは在住許可証を持っていて勉強を終了した人。

です。

 

購入した商品や金額によりますが、最大の払い戻り率は13%ですので免税手続きをうまく活用したいところです。

 

免税手続きを希望する際の注意点は?

出典: http://www.gecotex.es

商品を購入したお店全てで免税手続きができるわけではありません。

 

  • Tax Free(タックス・フリー)の表示があるお店、
  • エル・コルテ・イングレス(El Corte Inges)やフナック(Fnac)など大手のデパート

で免税手続きができます。

 

エル・コルテ・イングレスでは、お客様カウンターにて免税手続きします。

 

購入時にお店のスタッフに『タックス・フリー、プリーズ』と、ひと言伝えてパスポートを提示してください。

 

  • 必要事項を記入した申請用紙
  • レシート

の他に、お店によっては免税手続きの流れを説明したパンフレットをくれる場合もあります。

 

返金の手続き方法は?

出典: https://viajesdenegociosguamatur.files.wordpress.com

 

旅行中に免税手続きで発行した書類を保管し、スペインまたはEU内から最後に出国する空港で免税の還付手続きをします。

 

還付手続きをする空港は自分が利用する航空会社によって異なるので、各自で確認下さい。

 

ここでは、マドリードのバラハス空港で還付手続きをする場合を想定します。

 

返金の手続にはまず税関でスタンプをもらう必要があります。

 

税関の場所

ターミナル4(T4)Floor 2 (営業時間: 7:00-22:00)
ターミナル4サテリテ(T4S)Floor 2 (24時間営業)
ターミナル1(T1)Floor 1(営業時間: 7:00-22:00)

時間に余裕を持って空港へ行き、税関のスタンプがもらえる場所を事前に把握しておくと無駄なく動けます。

税関で提出するもの

  • 免税の手続き用紙
  • パスポート
  • 帰国の航空券もしくはE-ticket
  • 未使用の購入品

を提出してスタンプを押してもらいますが、免税の物が本当にあるか確認されることがあります。

 

スタンプをもらったら

Exact Change、Global Blueなどの空港内にある銀行で、現金またはクレジットカードなどに払い戻します。

手数料がかかります。

 

各銀行の場所はこちらでご確認下さい。

 

免税手続きの新システムDIVAとは?

ここまでのスペインの免税手続きは難しいというよりも面倒くさいという印象を持たれた方がいるかもしれません。

 

2016年末から手続きをよりスムーズにするためDIVA(ディーバ)という免税手続きの電子化システムがあります。

 

購入時にQRコードがついた申請用紙を受け取り、空港では係員ではなくQRコードをスキャンする機械で手続きします。

 

バラハス空港をはじめ、スペイン各地の空港でDIVA対応の機械が設置されていますが…

 

肝心のQRコードがついた申請用紙を出すお店側もこの新システムに対応しているかというと、どうもそうではなそうな印象を受けました。

 

サンティアゴ・デ・コンポステーラにあるエル・コルテ・イングレスに問合せると、従来の書類による対応のみでDIVAシステム用の申請書はないという回答が返ってきました。

 

マドリードなど大都市のエル・コルテ・イングレスやタックスフリー対応店では問題ないと思いますが、新システムの全国レベルでの普及率は実際どうなのかなと個人的に少し疑問が残りました。

 

まとめ

  • スペインでは、複数税率が採用されているため商品やサービスによって消費税が異なる。
  • 免税手続きの対象は、EU圏外の国に在住しているスペイン人もしくは外国人。
  • 外国人留学生で学生ビザDタイプもしくは在住許可証を持って、勉強を終了した人は帰国前3カ月以内の買い物であれば免税手続きができる。
  • 1回の合計金額が90、15€以上の買い物は免税手続きができる。
  • 免税措置をしているお店で購入時に申請する。
  • 返金手続きは、スペインもしくはEU内から最後にでる国の空港で行う。
  • 税関のスタンプをもらって、還付手続きをする。
  • QRコードをスキャンする免税の新システムDIVAは、新システム対応の申請書を準備できているお店の普及率は、大都市よりも地方都市では低い可能性あり。

スペインのお土産情報

bag
スペインのおすすめバッグブランド!デザインが良くて手頃なものは?

続きを見る

アクセサリー
スペインのお土産に欲しいアクセサリーの人気ブランドとは?

続きを見る

スペイン旅行の注意点は?現地で役立つ持ち物や冬の服装は?

続きを見る

正しい情報を提供することに務めてはおりますが、この記事の内容と状況が変わることがあります。

掲載記事をご利用いただく場合は、ご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

おすすめ記事と広告

-旅行前のよくある質問
-, , ,

Copyright© スペインの観光や留学生活情報を発信する〜オトラスペイン〜 , 2019 All Rights Reserved.