【スペインの世界遺産】サンティアゴ巡礼路北の道にある修道院Sobrado dos Monxesとは?

2015年に「スペイン北部の巡礼路群」と言う名でサンティアゴ巡礼路に4つのルートが世界遺産に登録されました。

 

4つのルートのひとつが北の道で、この道上にあるガリシア州の3つの文化遺産も世界遺産として認定されました。

  • Monasterio de Sobrado dos Monxes(ソブラド・ドス・モンシェス修道院)
  • Catedral de Lugo(ルーゴ大聖堂)
  • Catedral de Mondoñedo(モンドネェド大聖堂)

 

ソブラド・ドス・モンシェス修道院では、修道院の内部を見学はもちろん、巡礼者を迎えるアルベルゲやゲストハウスとして個室なども提供しています。修道院の場所や歴史、内部の様子などについて紹介します。

Sponsored Link

ソブラド・ドス・モンシェス修道院は、ルーゴ県との県境に近いコルーニャ県の南東に位置します。

 

サンティアゴ・コルーニャ・ルーゴの3都市からそれぞれ約60km離れた位置にあります。

 

サンティアゴからは平日に1日1本(18:00)で土日は便なし、コルーニャからは1日2本(12:30と17:00)で土日は1日1本と本数は少ないのですが、バスに乗ってアクセスすることもできます。

 

修道院の簡単な歴史は?

Sponsored Link

この修道院の起源は10世紀まで遡ります。

 

当時ガリシアで傑出した貴族であったHermenegildo伯爵に属しましたが、1142年2月14日にシストー会の修道院となります。

 

1600~1700年に拡張と大規模な修復工事が行われました。

 

19世紀、永代所有財産解放令によりこの修道院の建物や所有物も没収され競売にかけられます。

 

1954年にカンタブリア州Cobrecesにあるシトー修道会がこの修道院の再建築にとりかかり、1966年から現在まで修道士たちが共同生活を送っています。

 

修道院の中の様子は?

 

修道院を訪れてすぐに目を引くのがこの教会です。正面門からはアクセスできませんので、この画像のちょうど左側にあるドアから入ります。

 

修道士たちの共同生活スペースなど一部入れない所もありますが、修道院の2つの内庭回廊に中世時代の台所や修道士たちが集まる総会場所と教会を見学することができます。

 

Claustro de peregrinos

 

内庭回廊はスペイン語でClaustro(クラウストロ)と言い、Claustro de Peregrinos(巡礼者の内庭回廊)から見学します。

 

 

巡礼者の寝る場所や食堂はこのクラウストロ内にあります。アルベルゲ(巡礼宿)とは別に、一般の人も泊まれる個室や2人部屋があります。予約にはメールもしくは電話で直接修道院に連絡が必要です。

 

宿泊中に修道士が行う礼拝に参加もできるようです。(宿泊に関する英語のページはこちらです。)

 

Claustro de Medallones

 

13世紀の調理場

13世紀に修道院の台所だった場所です。柱に囲まれた場所で火を焚いて料理していました。

 

Sala Capitular

ここは、修道院で暮らす修道士が毎日集まって日々の活動や問題点をお互いに話し合ったりする会議室のようなところです。

 

今現在も実際にこのスペースで行われているかはわかりませんが、Sala Capitularというとそういう意味の場所です。

 

Iglesia Mayor

修道院の最後の見学場所は、一番最初に見た教会の内部になります。

 

教会の内部はかなりシンプルです。修道院の内部全体に言えるのですが、教会に入ると湿気があってかなりヒンヤリします。

 

聖具納室(Sacristia)や二つの礼拝堂(Capilla de San Juan Bautista、Capilla del Rosario)を見学できます。

 

訪問時間や料金は?

  • 月曜~土曜日 10:00-13:15、16:30-19:00
  • 日曜・祭日  12:15-13:15、16:30-19:00

料金 大人1€(2017年10月現在)

訪問時間や料金は変更される可能性もありますので、修道院のサイトで事前に確認下さい。

シトー会の修道士が作ったはちみつやジャムにワインなどの商品も入り口で販売しています。

シトー会修道士が作った人工池とは?

 

修道院から少し離れたところに、シストー会の修道士たちが造った池があります。自分たちの修道院への給水や灌漑システムを作るために1500年頃に造られました。

 

人口湖とはいえ、湖の周りにある自然や訪れる鳥の種類から現在、自然保護地区とされています。

 

(サンティアゴ巡礼路北の道を歩きながら見えるソブラド湖の風景)

 

サンティアゴ巡礼路の北の道を歩くとちょうどこの湖の横を通って、ソブラド・ドス・モンシェス修道院を目指します。
湖の横にあるピクニック用のテーブルで休んでいる間に外国人の巡礼者が何人も通っていきました。

 

さいごに

日本人の留学生グループに同行して何度かこの修道院を訪れましたが、修道院の雰囲気やアテンドしてくれた修道士の方がとてもフレンドリーで個人的に好きな場所です。

 

久しぶりに修道院を訪れたら、巡礼者の内庭回廊であの時アテンドしてくれた修道士の方と再会しました。

 

現在修道院にいる修道士は20名ほどだそうです。以前行っていたグループ向けのガイドツアーは中止し、彼はアルベルゲの仕事を担当していると教えてくれました。

 

私の主人は、学生の頃に友達と一緒にこの修道院で1週間生活したことがあります。なんでもお手伝いするのでもう少し滞在させてくださいとお願いすると、彼ら専用の食堂に招待してもらい一緒に食事をしたり、彼らが歌う讃美歌を聞いたりとこの修道院には特別な思い出があると教えてくれました。

 

もう30年以上も前の話です。当時はこの周りでカミーノの標識もなければ修道院で巡礼者も迎えいれてはいなく、宿泊施設を利用していたのは公務員試験準備のために静かな場所を求めていたガリシア人などだったそうです。

 

修道院を出てすぐの広場で、カミーノを終えて休憩している多くの巡礼者を見かけました。サンティアゴだけでなく、道が通る場所に与えるカミーノの影響の大きさについて改めて考えた1日でした。

 

 

遠くから見ると、なんとなくサンティアゴの大聖堂を思い出すソブラド・ドス・モンシェス修道院についてポイントをまとめます。

  • 2015年、サンティアゴ巡礼路北の道世界遺産登録に合わせてソブラド・ドス・モンシェス修道院も世界遺産に認定。
  • ソブラド・ドス・モンシェス修道院は1966年から現在までシトー会修道士が共同生活している。
  • 内庭回廊のひとつが巡礼宿やゲストハウスとなっている。
  • 修道院から少し離れた場所にあるシトー会の修道士たちが造った池は、現在は自然保護地区になっている。
  • カミーノの北の道はこの池の横を通る。

 

ガリシア州にある他の世界遺産について興味のある方は、こちらの記事でまとめて紹介しております。

スペイン旅行で訪れたいガリシアの世界遺産はいくつ?おすすめの場所は?

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

Sponsored Link

もっとスペインの情報を知りたい方は、今すぐ『いいね』!

コメントを残す