スペインの郵便局から荷物を送る方法は?送料を安くしたり追跡する方法は?

スペインから日本へ荷物を送る時、Mail Boxes・Fedex・ Dhlといった民間会社を利用することもできますが、日本での受取りに急がなかったり時間に余裕を持って発送する場合は、郵便局から送る方が安くなります

郵便局窓口で荷物の送り方や書留料金、日本に到着するまでの大体の日数や荷物の追跡方法を説明しますが、今回はちょっとしたプレゼントを日本の家族や友人へ送る場合を想定し、送料を安くするヒントを案内しますので参考にして下さいね。

スポンサーリンク

現在、スペインの郵便局から国際小包を送る時、下記4つの異なるサービスがあります。

  • EMS Postal Exprés Internacional(EMS)
  • Paquete Internacional Prioritario(航空便)
  • Paquete Internacional Light(国際eパケットライト)
  • Paquete Internacional Económico(SAL便)

 

3番目のPaquete Internacional Lightとは、2㎏までの小さい物品を受取人の郵便箱に入れるタイプです。日本の郵便局のサービスでいう国際eパケットライトがこれに相当すると思います。

 

上記4つのサービスとも郵便局のサイトからラベルの印刷などオンラインで送付準備もできます、荷物のサイズなど入力する情報は多くて面倒です。

 

郵便局の窓口へ荷物を持って行って手続きするのが一番シンプルで早いと思います。

 

荷物の準備段階から郵便局での荷物の送り方で分からない点があると思いますので順に説明していきますね。

 

段ボールは自分で準備するの?

 

郵便局で気泡緩衝材(プチプチ)入りの封筒や、サイズ別の段ボールが販売されています。

 

これらを購入するのはもちろん、スーパーでもらった段ボールを使用しても全く問題ありません。

 

各自好きな方を選んでください。

 

郵便局窓口での荷物の送り方は?

スポンサーリンク

番号札とる

郵便局窓口があるスペースの一角に番号札を取る機械があります。

 

画面左下でスペイン語・ガリシア語・英語で言語を変更できますが、スペイン語で下記の表示になっています。

  • Enviar
  • Recoger

 

荷物を送るのでEnviarを選択すると、機械の下から番号札(例: E-130)をとります。

 

順番を待つ

複数の窓口の上の方に電光掲示板があって、今アテンドしている番号を確認できます。

 

新しく呼ばれる番号は、ブザーの音と共に一番上の紫のラインに表示されます。Puestoの下に出る番号の窓口まで進みます。

 

段ボールを購入

荷物の内容によっては事前に梱包して郵便局に持って行った方がいいですが、今回はプレゼントを持参して窓口で緩衝剤入りの封筒を買って封をしました。

 

送り状の記入

 

上の画像に出てくる青い送り状を渡されますので、必要事項を記入していきます。

 

Remitente(送り主情報)

①Nombre  ②DNI/CIF/Otro①送り主の名前、②パスポート番号
①C./ R. ②Nº   ③Piso  ④CP①通りの名前、②通りの番号、③建物の階、④郵便番号
①Poblacion ②Provincia ③Pais①市の名前、②県の名前、③国の名前
Teléfono電話番号

送り主の住所は、ホテルの住所を記入して下さい。

 

Destinatario(宛先)

Nombre受取人の名前
①C./ R. ②Nº   ③Piso  ④CP①通りの名前、②通りの番号、③建物の階、④郵便番号
①Ciudad ②Pais①市名、県名 ②Japan
Teléfono電話番号

スペインと日本で住所は書き方が異なります。スペインのフォーマット内に日本の住所を記入するのはなかなか大変ですが、Ciudadの欄に市名と県名を入れてください。

Producto

Carta(手紙)・Carta Urgente(緊急の手紙)・Paquete(小包)・Tipo(種類)の種類に並んでいます。わからなければ窓口に人に聞いて下さい。

 

Servicios Adicionales(追加サービス)

ここは特に記入しなくて大丈夫ですが、必要な場合は窓口の人が教えてくれるでしょう。

 

Contenido del envio(荷物の内容)

プレゼントの場合は「Regalo」にチェックを入れます。

 

Detalle del Contenido(送る物の詳細)

Descripcion detallada del contenido荷物の詳細
Valor値段
Peso重さ
Cantidad個数

値段は大体のもの、個々の重さは特に記入しませんでした。

 

最後に伝票の右下にあるFirma Remitenteとある枠の中にサインをして送り状の記入は終わりです。

 

郵便局の人が用意する緑の紙を見せられたらこちらにもサインをしてください。

 

支払い

現金はもちろん、カードでの支払いもOKです。支払いが終わったらこれで郵便局での手続きは完了です!

 

書留料金はいくら?書留は必要?

書留(スペイン語でCertificado、セルティフィカード)で送る場合、追加料金3€かかります。

 

送り状を記入している横で、スペイン人の男性がフランスへ写真を書留なしで送りました。私はあまり深く考えていなかったのですが、男性がいなくなった後で窓口のおじさんがこう言いました。

 

「送る人の判断だからしつこくは言わないが、何かあった時に写真を取り戻す方法がなくなるよ。後から荷物の所在を追跡して対応できることを考えたら3€なんてそんなに高い料金じゃないだろう?」

 

毎日世界中に向けて送る荷物の発送手続きをする人が言うのですから、やっぱり書留で送るのが賢明かなとちょっと思いました。

 

プレゼントなど小さい荷物を安く送るには?

2㎏までの小さい物品はPaquete(パケーテ・小包)ではなくCarta(カルタ・手紙)の範疇にカテゴリーされ安くなりますが、1㎏までに収まる場合だと、手紙というカテゴリーで早く・安く送る上でさらお得になると教えてもらいました。

 

書類から小包まで全てスペインを出る前に税関を通るようですが、小包はランダム方式でもよりチェックの対象となります。

 

しかし、1㎏までのものだと税関チェックのプライオリティーが下がるのでほとんど止められることがないそうです。

 

日本宛てにプレゼントを複数の人に送る場合、送料を安くするためにも1㎏以内に収めるといいでしょう。

 

あくまでも参考情報ですが、私が送った荷物の重さは382gだったので、小包ではなく手紙扱いの発送になりました。

 

送料は9.85€、書留料金がプラスされ合計12.85€でした。

日本までの日数は?

日本といっても北海道から沖縄まで届け先は様々です。

 

税関で引っかかった場合などの状況を入れると何日とハッキリ言えない部分はありますが、窓口の男性に尋ねたところ『大体2週間以内で着いてるよ。』と教えてくれました。

 

親切にも自分が担当した日本向け荷物の発送データをパソコンの画面上で見せてくれたのですが、3㎏ちょっとの荷物で北海道と愛知県宛てのものが11~12日で到着していました。

 

2㎏までの小さい物品は、特に問題がなければ上記の期間以内で到着する可能性があります。ちなみに、私が送ったプレゼントは9日で宛先のもとに届きました。

 

クリスマスに間に合うように荷物を送る場合は、全体的に荷物を送る量が増える時期ですので、12月上旬には送る手続きをした方がよいでしょう。

 

荷物が重い時は船便が安そうだけど実際は?

ちょっとしたプレゼントを送ることもあれば、1年間スペインに滞在した留学生が日本へ帰る前に本や服などまとめて日本へ送る場合もあります。そういう時はやっぱり船便がいいだろうと思いますが、こんな質問を頂きました。

スペインから日本へは郵便貨物は船便がないような話がいくつかのブログにありました。どうなんでしょうか。わかればお教えください。

5㎏ぐらいの重さの荷物を日本へ送る時にかかる送料を尋ねると、下記3つのオプションを出されました。

 

  • 1番高い送料→EMS
  • 2番目に高い送料→別のタイプの航空便
  • 1番安い送料→??

 

一番安い送料は約44€で、到着までにかかる日数は15~20日だそうです。

 

対応してくれた郵便局窓口の男性は「船便はない」とは言いませんが、「船便で送れるんだよね?」と言う質問にも船便だろうという感じでハッキリと答えてもくれませんでした。

 

「なぜか?」

 

例として、船便に荷物を載せようとしたら船が出たばかりで次の便までかなりの時間があるとします。

 

次の船便まで待つ可能性もありますが、もし航空便の飛行機に荷物を載せるスペースがあればそこに入れることもあります。

 

スペインから日本へ航空便以外に安く送る方法は船便と考えるのが自然だと思いますが、配送ルートが多様で郵便局の都合でどのルートで送られるのかわからない部分があります。

 

スペインから船便で送った荷物を受け取るのに1か月以上かかった経験があるので、15~20日で着くのは「船便じゃない」と少し疑ってしまうのですが、主人に言わせるとそう考える私の方がわからないそうです。(;^_^A

 

あくまでも個人の意見ですが、日本まで荷物を送る時は

  • 一番安い方法だと送料はいくらか?
  • 日数はどのくらいか?

 

という確認をして後はお任せし、万が一のために荷物を追跡できるようにしておくのがいいかなと思います。

 

しかし、船便を絶対指定で送りたいという方は窓口で「Por barco(ポル・バルコ)」とお願いしてみて下さい。

 

送った荷物が届かない?追跡方法は?

書留にした場合、送り状の控えの上に

 

「Número de envío para seguimiento: DR123456789ES」という感じで追跡番号が印刷されます。

 

この番号を郵便局のサイトに入力して荷物の所在など確認することができます。

 

さいごに

今回紹介した郵便局での荷物の送り方やサービスの内容などスペイン各地で通じる内容ですが、サンティアゴ・デ・コンポステーラの旧市街から荷物を送るという方に向けて郵便局情報案内して終わりにします。

 

住所Rúa do Franco, 4 (地図
営業時間月曜~金曜日 8:30-20:30、土曜日 9:30-13:00
定休日日曜日

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

もっとスペインの情報を知りたい方は、今すぐ『いいね』!

2 Responses to “スペインの郵便局から荷物を送る方法は?送料を安くしたり追跡する方法は?”

  1. いつも非常に参考になる案内をありがとうございます。
    昨年の巡礼の時は、フランスから不要になったものを船便で送りましたが、
    スペインから日本へは郵便貨物は船便がないような話がいくつかの
    ブログにありました。どうなんでしょうか。わかればお教えください。
    よろしくお願いいたします。

    • ツルタさん、質問ありがとうございます!
      時期的に日本の家族へプレゼントを贈る人を想定したのですが、船便の事も聞かれるかもと思っていました。^-^
      後でまたこちらの記事を一部を修正して更新し直しますので少しお待ちください!

コメントを残す