ガリシアのハロウィン『Samaín(サマイン)』って何?スペインでこの時期に有名なお菓子は?

私が住むガリシア地方では、ハロウィンと別に『Samaín(サマイン)』という言葉が使われます。記事上の画像のように、お店のハロウィン用ディスプレイに「Holloween」ではなく「Samaín」と書くところもあります。

 

ハロウィンの起源である古代ケルトの儀式『Samhain(サウィン)』のように、ガリシアでもケルト文化が起源のSamaín(サマイン)があるとなんとなく理解していたのですが、今回Samaínについて調べてみたところ予想外のことがわかったのでここでまとめることにしました。

 

ハロウィンの起源であるSamhainについて簡単に触れ、その後にガリシアのハロウィンというSamaínについてわかったこと、ガリシア州各地で異なるSamainの祝い方や、この時期にスペインで食べるお菓子について説明します。

Sponsored Link

Samhain(サウィン)とは夏の終わりを意味します。ケルトの古いお祭りであるSamhainは10月31日に収穫時期が終わって季節も夏から冬へ移行する日を意味しました。

 

冬の始まりとなるSamhainの夜には、この世とあの世の境界線が薄まり、あの世から死者の魂や悪霊も人間の住む世界へ自由に移動できるとされ、戻ってくる死者のために家の扉の前に食べ物を置いたり、悪霊を追い払うためかがり火を焚いたりしたそうです。

 

ガリシアにSamaínは存在しない!?

古代ケルトのSamhainとガリシアのSamaínの言葉だけに注目すると、発音は「サウィン」と「サマイン」で異なりますが、スペルは確かに似ています。

 

スペイン語で「H」は発音しないので、Samhainをスペイン語風に発音するとサマインとなります。

 

単語も似ているし、ガリシアはケルト文化圏のひとつとか関係性について話も出るので、つながる部分はあるのかなと漠然と思っていました。

 

ネットで「Galicia Samaín」と検索すると実際に多くの情報が出てきますが、ガリシアの歴史文書の中でSamaínという名前の儀式や祭りがあったことを証明するものはないそうです。(情報元: ¿Cocina de Samaín?)

 

Samaínに関する本を書いたRafael Lopez Loureiro氏も、『Samaínを証明するものはないが、ここ30年ほどでこの時期に各地で行われていた習慣がガリシアやアラゴン、マドリード、グアダラハラ、クエンカ、サンタンデールやポルトガルの北部でポピュラーになってきている。』とコメントしています。(情報元: FARO DE VIGO, 31.10.2015)

 

ケルトに起源をもつガリシアのSamaínという儀式や行事自体は存在せず、この時期に昔から伝わる文化的伝統もしくは習慣を復活、もしくはガリシアの伝統を主張するために誰かに作られた可能性があるのか?

 

あくまでも素人がSamaínについて調べた後の感想にすぎませが、もしこのテーマに関して詳しい方がいましたら是非教えてください!m(._.)m

 

ガリシア各地のSamaínの習慣は?

Sponsored Link

歴史的に存在を証明したものはないと言っても、Samaínという言葉自体は非常に定着しています。

 

同じガリシア州内でも場所によってSamaínの習慣や祝い方がが異なります。

 

例えば、ポンテべドラ県にあるIlla de Arousa(イジャ・デ・アロウサ)では、11月2日に子供たちが周りの家を訪れ、飴の代わりにわずかなお金をもらいに歩くそうです。ガリシア版『Trick or Treat』と言えます。

 

アロウサの図書館員の女性から直接聞いたのですが、彼女が小さい頃から続いている習慣でアロウサでは11月2日に学校はお休みになるそうです。

 

コルーニャ県のCedeira(セデイラ)という場所では、「Avisións(アビシオンス)」という白いお化けの仮装をするようです。

 

出典: https://novascedeira.files.wordpress.com

 

まだ他にもありますが、各地特有の習慣があることがわかりました。

 

この時期に食べる有名なお菓子は?

 

サマイン(もしくはハロウィン)特有のお菓子はありませんが、11月1日の諸聖人の日(キリスト教の全ての聖人や殉教者を記念する祝日)に食べる『Huesos de Santo(ウエソス・デ・サント、聖人の骨の意味)』という甘いお菓子が有名です。

 

伝統的なものはアーモンドから作ったマサパン(マジパン)の中に卵黄のクリームを詰めていますが、最近ではカラフルでいろんな味のウエソス・デ・サントを作る所があります。

 

砂糖の甘さが強いので私はあまり好きではありませんが、興味のある人は是非お試し下さい。

 

まとめ

 

小さい時にハロウィンの仮装やパーティーの経験がないので、正直このお祭りを身近に感じられない部分がありますが、自分の子供を通してハロウィンに関わるようになったことから、ガリシアのハロウィン「Samain」について書いてみました。

 

最後に今回の記事のポイントをまとめて終わりにします。

  • ハロウィンの起源であるSamhain(サウィン)は、夏の終わりという意味がある。
  • Samhainは夏から冬への移行、収穫の恵みを祝うお祭りである。
  • ガリシアではこの時期にSamaín(サマイン)という言葉が使われるが、歴史的にSamainという名前の行事や儀式があったことを証明するものはない。
  • ガリシアの各地でSamaínの異なる習慣がある。
  • 11月1日の諸聖人の日にはHuesos de Santoという甘いお菓子が有名。

 

10月31日の翌日11月1日の諸聖人の日のついては、こちらの記事で説明しています。是非合わせてお読みください♪

ペネロペ・クルス主演映画『帰郷』の冒頭シーンが表すスペインの祝日は?歌「ボルベール」のオリジナル曲など動画で紹介!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

Sponsored Link

もっとスペインの情報を知りたい方は、今すぐ『いいね』!

2 Responses to “ガリシアのハロウィン『Samaín(サマイン)』って何?スペインでこの時期に有名なお菓子は?”

  1. サマイン 興味ふかいですね。骨の形の ウエソのお菓子食べて見たいです。昨日東京のセルバンテス文化センターで、メキシコ大使館主催の 死者の日 のイベントがありました。その時に、メキシコでも諸聖人の日に関連して、亡くなった方を忍ぶ日であり、お墓参りをしてお花を飾る習慣があるとのことでした。今年はイベント開催始まって4年目だそうで、年々盛り上がりを見せているようです。衣装も骸骨メークもすごく凝っていて、すごかったです。ハローウィーンとの繋がりもあるのでしょうね。昨夜は骸骨の方々が夕方から渋谷を練り歩く予定とかでしたが、雨の中、メークが崩れたらより怖い感じになってたかもしれません。

    • Fumiko Maeさん、いつもコメントありがとうございます!ウエソのお菓子はかなり甘いですので、甘いのが好きと言う方にはいいかもしれませんが私は1つで十分です。
      メキシコ大使館のイベントいいですね~。雨の中、メークが崩れたら確かにそちらの方が怖いですね(笑)。

コメントを残す