ライアンエアー機内持ち込み手荷物で追加料金!?新しい規定の実施日はいつ?

アイルランドの格安航空会社ライアンエアーは、2017年9月6日に11月1日から適用される新たな荷物規定を発表しましたが、新しい荷物規定の適用日が延長されました。

 

ライアンエアーの荷物規定のおさらいと変更点、そして新たな適用日についてお知らせします。

スポンサーリンク

 

  1. 新荷物規定の実施日以降、機内持ち込み手荷物は追加料金を払った乗客に限られる。
  2. 受託手荷物(預け入れ荷物)の重さの上限が15キロから20キロへ。
  3. 受託手荷物料金は35€から25€へ値下げ。

 

上記3つの変更内容を説明する前に荷物規定の変更を決めた理由を簡単に見てみましょう。

 

規定変更の理由は?

スポンサーリンク

機内への持ち込み手荷物数は1個と非常に厳しくチェックしていたライアンエアーでしたが、2013年に規定をゆるめ2個までOKとしました。

 

当然ですが、到着してからスムーズに空港を出たいと思う利用客は機内へ2個手荷物を持ち込みます。

 

機内で荷物を入れるスペースは限られているので、ランダムに選んだ乗客のスーツケースを搭乗口でピックアップして預け入れするという対応もしていましたが、搭乗率が高いシーズン(2017年8月の搭乗率は97%だったそうです。)は、乗客の荷物を入れるの時間がかかり、飛行機の遅れにも大きく影響が出たため今回の規定変更を決断したということです。

 

機内持ち込み手荷物の追加料金とは?

出典: http://www.liligo.es

これまでライアンエアーは、機内持ち込み手荷物について下記の条件を付けていました。

  • サイズが各辺55cm×40cm×20cmで重量が10キロまでの大きい手荷物
  • サイズが35cmx20cmx20cmを超えない小さな手荷物

 

新しい規定では、2つの手荷物を機内へ持ち込みたい場合は予約時点で片道5€の追加料金(予約完了をした後に、持ち込みをしたいという場合は6€)を支払わないといけなくなります。

 

追加料金を払いたくない場合は?

追加料金を払いたくないという人もいるでしょう。

 

この場合、小さい手荷物と大きい手荷物を搭乗口まで持って行くと、飛行機に乗る前に大きい手荷物は無料で受託荷物として預けることになります。

 

追加料金を払わない乗客が機内へ持ち込めるのは座席の足元におく小さい手荷物のみとなります。

 

どうやって区別するの?

実際に搭乗口でどうやって追加料金を払った人と払わなかった人を時間のロスなく対応していくのか?

 

搭乗口で追加料金を払って【Priority Pass(プライオリティー・パス)】を持っている乗客とそうでない乗客で2つの列ができるそうです。

 

受託手荷物(預け入れ荷物)の変更点は?

これまでのライアンエアーの受託手荷物の規定は

  • 最大2個口まで
  • サイズは各辺が119x119x81 cmを超えないもの
  • 重量が15キロか20キロで料金が異なる。

 

新しい規定により

  • 最大3個口
  • サイズは変わらず
  • 重量は20キロまでで料金は25€

 

預け入れ荷物1個口の重量上限が5キロ増え、料金はこれまで35€から25€と10€安くなります。

 

ライアンエアー社の発表では受託手荷物に関する規定変更で5000万€のコスト増になるそうです。

 

新荷物規定はいつから適用になるの?

新荷物規定を発表した2017年9月6日時点では、適用は2017年11月1日としていました。

 

しかし、11月4日時点でライアンエアーの社員に確認したところ『2018年1月15日まではこれまで通り』という回答が返ってきました。

 

さいごに

9月に新しい荷物規定を発表した時点では急な変更点という印象を受けましたが、もう少し乗客に理解をしてもらってから新しい規定を導入しようという配慮がでたようです。2017年内の荷物規定は現状維持となりました。

 

ライアンエアーを実際に利用した時の状況を説明したのがこちらの記事になりますので是非合わせてお読みください。

【2017年情報】ライアンエアーの手荷物やチェックイン時の注意点は?

 

2018年1月以降、新しい荷物規定が適用されてからの状況はまた改めてレポートしたいと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

もっとスペインの情報を知りたい方は、今すぐ『いいね』!

4 Responses to “ライアンエアー機内持ち込み手荷物で追加料金!?新しい規定の実施日はいつ?”

  1. こんにちは、コメント失礼します。
    昨日、2018年2月に搭乗予定の航空券をライアンエアーで取りました。
    スペインからモロッコです。googleフライトでえらく安かったので、取りました。座席指定とバウチャー発行で2€ずつほど取られましたが、やはり安いです。
    しかし、預け荷物の設定をなに一つしていませんでした。どうせ手荷物なんて小さいもの一つで預け入れ荷物もバックパック(10kgほど)一つだから、なにもしなくていいだろうと思っていました。
    ライアンエアーはもし預け入れ荷物がある場合は、どんなに小さくて軽かろうと、荷物の追加料金がかかるのでしょうか? ANAやJALに慣れていて、預け入れ荷物一つでお金を取られるという感覚が無くて……。 ご教授いただきたいと存じます。

    • コメントありがとうございます。
      一応確認ですが、旅行の際にサイズが55cm×40cm×20cmで重量が10キロまでの大きい手荷物と35cmx20cmx20cmを超えない小さな手荷物を持って行く場合は預け荷物になりません。新しい荷物規定で問題になっているのは、これまで大小の手荷物が2つとも無料で機内に持ち込めていたのに大きい手荷物を機内に持ち込みたい場合は有料、追加料金を払わなくてはいけないということです。
      追加料金を払わない場合は、搭乗口で飛行機に乗る前にスタッフから一時的に荷物を『持って行かれ』て目的地の空港で受け取るということです。
      ただし、大きい荷物が規定のサイズや重量を超えるのであれば空港チェックイン時に窓口で預けなくてはいけませんし、それは有料になります。
      私が使っている用語が混乱させてしまったとしたらお詫びいたしますが、これで回答になりましたでしょうか?

      • 返信ありがとうございます。
        なるほど、あくまで機内持ち込み手荷物の話なのですね!
        いままで大きいのと小さいのと二つ持ち込めていたのが、大きい方に追加料金がかかるようになったということなのですね。

        ではもともと預け入れ荷物に関しては、別段追加料金が発生することもない、というか普通に預ければ良いということでしょうか?

        • 預ける場合は必ず追加料金がかかりますよ。ライアンエアーはハンドラゲージのみで手軽、座席指定など要らない人にはいいですが、大きいスーツケースがあるとかの場合にどんどん追加料金がかかるんです。ANAとかJALと同じように考えてはだめです。この会社の方針を理解した上で乗ることは大事だと私は思います。

コメントを残す