【最新情報】ライアンエアー機内持込み手荷物が有料に!?新規定の詳細は?

スポンサーリンク

2018年1月から新しい手荷物規定を適用していたライアンエアーですが、8月23日に機内持ち込み手荷物の規定を新たに変更すると発表しました。( ゚Д゚)

 

この記事では、

  • 機内持ち込み手荷物に関する新規定の実施日
  • 新しい規定のポイント
  • 新規定で持ち込み手荷物の追加料金を少しでも安くする方法と注意点

についてまとめています。

 

2018年夏以降にライアンエアーを利用したい方には、要チェックの内容です!

スポンサーリンク

新しい手荷物規定の実施日はいつ?

2018年に入ってから2度目の変更となる機内持ち込み手荷物の新しい規定は、

 

2018年11月1日からライアンエアーの全便で適用されます。

 

2017年に現行の荷物規定を導入する際、利用客に理解してもらう時間を作るために実施日を延長した経緯がありますが、

 

今回の新規定は2018年9月1日以降に予約された便にも適用されるということです。

 

早速、新しい機内持ち込み手荷物の規定について説明します。

 

新しい機内持ち込み手荷物規定の内容は?

無料の機内持ち込み手荷物は1つのみ!

出典: http://www.liligo.es

上の絵で見てもらっても分かりますが、2018年1月から適用されている手荷物規定では、

 

  • サイズが55cm×40cm×20cmで重量が10キロまでの大きい手荷物
  • サイズが35cmx20cmx20cmを超えない小さな手荷物

 

が無料ですが・・・

 

2018年11月1日から無料で機内に持ち込めるのは、

 

35㎝×20㎝×20㎝サイズの小さな手荷物のみです!

 

55x40x20cmの荷物はどうなる?

貴重品などを入れた小さいリュックや手提げバッグ以外に

 

着替えなどを入れたキャリーバッグを持って行く場合、予約時に8€の追加料金を払って空港のカウンターで預けます。

 

ここで、下記2点に注意して下さい。

  • 予約後にこのサイズの手荷物を追加すると、追加料金は10€。
  • 空港の搭乗口まで荷物を持って行った場合、追加料金は25€に!

 

・・・新規定でも大小異なるサイズの手荷物を2つ機内に持ち込みたい時はどうしたらいいのか?

 

次にその方法をお教えしますね。

 

大小の手荷物2つを機内に持ち込む方法は?

優先搭乗と大小2つの手荷物を機内に持ち込めるサービスPriority & 2 Cabin bags』の追加料金を払えばいいのです。

 

Priority & 2 Cabin bagsを予約時に購入すると追加料金は6€、予約後に追加すると8€です。

 

もしかしたら、今『あれっ?』と思った人がいるかもしれません。

 

55x40x20cmサイズの手荷物を預けるだけで8~10€かかるのに、

 

それより安い優先搭乗の追加料金(6~8€)で優先搭乗と2つの手荷物を機内へ持ち込めるからです!

 

ただし、1つ注意点があります・・。

 

手荷物を2個機内に持ち込みたい時の注意点は?

Priority & 2 cabin bagsサービスを購入できるのは、1便につき95名と限定されています。

 

予約のタイミングで、

 

Priority & 2 cabin bags『売り切れ』(追加できない)可能性がでてきます。

 

手荷物を2個機内に持ち込みたい場合は、時間に余裕を持って予約するのが確実でしょう。

 

と、ここまで2018年11月1日から適用の新規定のポイントを説明してきましたが・・・

 

まだよく分からない・難しいと思った方がいるかもしれません。

 

新規定のポイントを表にしてみました。☟

 

機内持ち込み手荷物新規定のポイントを表で確認!

チケット予約時 チケット予約後
  • Priority(優先搭乗)
  • 35x20x20cmの手荷物
  • 55x40x20cmの手荷物
  • 追加料金: 6€
  • 機内持ち込みOK
  • 機内持ち込みOK
  • 追加料金: 8€
  • 機内持ち込みOK
  • 機内持ち込みOK
  • Non-Priority(普通)
  • 35x20x20cmの手荷物
  • 55x40x20cmの手荷物
  • 追加料金なし
  • 機内持ち込みOK
  • 8€
  • 追加料金なし
  • 機内持ち込みOK
  • 10€

 

どうでしょうか?

 

私も理解するのに少し時間がかかったので、上記の表を見てもまだよく分からないという方は記事の下からコメント下さい!

 

さいごに

1年もたたないうちに手荷物規定を変更する理由は、

 

Non-priorityの乗客が持ってくる手荷物を搭乗口で処理する時間が運航便の遅れを招いていてそれを改善するためです。

 

日帰りや1泊ぐらいの旅行で荷物がリュックひとつで収まる場合は、今回の新規定でも影響はありませんが、

 

小さいリュックもしくは手提げのバッグの他に、キャリーバッグを持って旅行する方も多いと思います。

 

そういう方は、新しい機内手荷物規定の内容を理解してライアンエアーを利用して下さい。

 

実際に新規定が適用されてからライアンエアーを利用したらまたブログ内でレポートしたいと思います。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

サンティアゴ・デ・コンポステーラ在住の40代2児のママ。3歳の娘と日々格闘中。スペインの観光や留学生活、サンティアゴ巡礼路に関する情報を発信します。スペイン旅行の悩みに記事内で回答します。問合せ
詳しいプロフィールはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

6 Responses to “【最新情報】ライアンエアー機内持込み手荷物が有料に!?新規定の詳細は?”

  1. こんにちは、コメント失礼します。
    昨日、2018年2月に搭乗予定の航空券をライアンエアーで取りました。
    スペインからモロッコです。googleフライトでえらく安かったので、取りました。座席指定とバウチャー発行で2€ずつほど取られましたが、やはり安いです。
    しかし、預け荷物の設定をなに一つしていませんでした。どうせ手荷物なんて小さいもの一つで預け入れ荷物もバックパック(10kgほど)一つだから、なにもしなくていいだろうと思っていました。
    ライアンエアーはもし預け入れ荷物がある場合は、どんなに小さくて軽かろうと、荷物の追加料金がかかるのでしょうか? ANAやJALに慣れていて、預け入れ荷物一つでお金を取られるという感覚が無くて……。 ご教授いただきたいと存じます。

    • コメントありがとうございます。
      一応確認ですが、旅行の際にサイズが55cm×40cm×20cmで重量が10キロまでの大きい手荷物と35cmx20cmx20cmを超えない小さな手荷物を持って行く場合は預け荷物になりません。新しい荷物規定で問題になっているのは、これまで大小の手荷物が2つとも無料で機内に持ち込めていたのに大きい手荷物を機内に持ち込みたい場合は有料、追加料金を払わなくてはいけないということです。
      追加料金を払わない場合は、搭乗口で飛行機に乗る前にスタッフから一時的に荷物を『持って行かれ』て目的地の空港で受け取るということです。
      ただし、大きい荷物が規定のサイズや重量を超えるのであれば空港チェックイン時に窓口で預けなくてはいけませんし、それは有料になります。
      私が使っている用語が混乱させてしまったとしたらお詫びいたしますが、これで回答になりましたでしょうか?

      • 返信ありがとうございます。
        なるほど、あくまで機内持ち込み手荷物の話なのですね!
        いままで大きいのと小さいのと二つ持ち込めていたのが、大きい方に追加料金がかかるようになったということなのですね。

        ではもともと預け入れ荷物に関しては、別段追加料金が発生することもない、というか普通に預ければ良いということでしょうか?

        • 預ける場合は必ず追加料金がかかりますよ。ライアンエアーはハンドラゲージのみで手軽、座席指定など要らない人にはいいですが、大きいスーツケースがあるとかの場合にどんどん追加料金がかかるんです。ANAとかJALと同じように考えてはだめです。この会社の方針を理解した上で乗ることは大事だと私は思います。

  2. とても参考になるブログをありがとうございます。
    文面内でのプライオリティーとノンプライオリティーとは、チケットの種類ですか?

    • Jukoさま、コメントありがとうございます!
      チケットではなく、ライアンエアーが提供している追加サービス【Priority & 2 Cabin bags】を購入した乗客がプライオリティー、購入しない場合はノンプライオリティーと区別されます。
      詳しくは、下記の記事をお読み下さい。よろしくお願いします!
      https://otraspain.com/ryanair-baggage-fee-6607

コメントを残す