スペインや各地方限定のサンタクロースとは?名前や衣装は?

12月22日から1月6日までの長いクリスマス休暇を前に、毎年子供の学校では、歌・ダンス・劇などを披露する発表会があります。

 

娘のクラスでは「O Apalpador(オ・アパルパドール)」というガリシア版サンタクロースに全員変装するため、現在その衣装準備に追われている私ですが、「ガリシア版サンタクロースって何それ?」という反応の方がほとんどだと思います。

 

スペインではクリスマスにReyes Magos(レイジェス・マゴス)がプレゼントを持ってくるのが昔からの習慣ですが、特定の地域へ行くと、地方限定のサンタクロースというかクリスマスのキャラクターが存在します。

 

スペインのクリスマストリビアとして、レイジェス・マゴスや各地オリジナルのサンタクロースをまとめて紹介します。

スポンサーリンク

 

Reyes Magos(レイジェス・マゴス)は新約聖書に出てくる人物です。上の画像左からMelchor(メルチョール)、Gaspar(ガスパール)、Baltasar(バルタサール)とそれぞれ名前があります。

 

彼らは、星に導かれ生まれたばかりのイエス・キリストに会い、3つの贈り物(黄金、乳香、没薬)をしました。

 

スペインでは19世紀からクリスマスの最終日である1月6日の前夜「Noche de Reyes(レイジェスの夜)」に、レイジェス・マゴスが子供たちへプレゼントを運んでくるとし、6日ににぎやかな行列を行う習慣が始まったのですが・・・

 

レイジェス・マゴスについて触れているマタイの福音書では、東方から来た博士たち(Reyes Magos de Oriente)と記述しているだけで、人数や人種、名前などを明らかにしていません。

 

贈り物の数や三位一体説から3人になったのではないかとも言われますが、私は歴史の専門家ではないのでレイジェス・マゴスについてはこの辺にして、スペイン各地のサンタクロースの紹介に移りたいと思います。

 

ガリシア地方の「O Apalpador」とは?

出典: https://rumboagalicia.files.wordpress.com/

 

オ・アパルパドール(以下、アパルパドールと表記)は、ガリシア州ルーゴ県東部の山にある村々で語り継がれた人物で、べレー帽をかぶり、古くて継ぎはぎのあるコートを着た大男です。

 

普段は、山で石炭を作るアパルパドールですが、秋になると栗を拾い集め、12月24日と31日の夜に村へ降りてきて、寝ている子供たちのおなかをさすります。子供たちがおなかがいっぱいになるまでごはんを食べたかどうか確認するためです。

 

たくさんの栗と時にプレゼントを残し、子供たちが幸福と食べ物に恵まれた新年を送れるように願ってくれます。

 

バスク地方の「Olentzero」とは?

出典: http://img.over-blog-kiwi.com

 

Olentzeroは、オレンツェロと発音します。人里離れたバスクの山に住む炭焼き職人のオレンツェロは、クリスマスの時期になるとたくさんのプレゼントを抱えて村に降りてきます。

 

山に住む炭を焼く職人でベレー帽にパイプを加えているところはO Apalpadorとも似ています。

 

もともと、古くからこの地方で冬至の祝う行事に関係したとされる人物ですが、キリスト教が入ってくると、オレンツェロはイエス誕生のニュースを知らせる人となり、20世紀からサンタクロースやレイジェス・マゴスの要素が加わって、クリスマスになると子供たちにプレゼントを持ってくる人物へと進化したようです。

スポンサーリンク

Écijaの「Tientapanzas」とは?

出典: http://1.bp.blogspot.com

 

アンダルシア州セビリア県にあるÉcija(エシハ)には、Tietapanzas(ティエンタパンサス)というこの地方でクリスマスの時期に語り継がれた人物がいます。

 

2004年にエシハの住民によって復活したティエタパンサスは、クリスマスに寝ている子供の枕元に現れ、おなか一杯食べたかどうかおなかをさすって確かめた後、レイジェス・マゴスに報告する役目があったそうですが、ガリシアのアパルパドールと似ているところがあります。

 

カタルーニャやアラゴン地方の「el Tió de Nadal」とは?

出典: https://i.pinimg.com/

 

Tióはカタルーニャ語で木の幹を意味し、Tió de Nadalは木の幹に前足を2本つけてニッコリ顔をした薪の人形といったところでしょうか。

 

12月8日から家においてティオに食べ物を与えたり、風邪をひかないよう上から毛布を掛けて世話をするそうです。

 

12月24日の夜、もしくは25日になるとあれだけ愛情を注いだ丸太に「Caga Tió(ティオ、うんちを出せ)♪」と歌いながら木でたたきます。歌を歌った後に、薪にかけてある毛布をとると下からプレゼントが出てきます。(実際の様子のビデオはこちら。)

 

アストゥリアス地方のサンタクロース「L’Anguleru」とは?

出典: http://4.bp.blogspot.com/

 

アストゥリアスでは、地方に伝わる神話や習慣とは全く関係のないアストゥリアス文化を推進するために造り上げられた架空の人物「L’Anguleru(アングレル)」がいます。

 

Anguleruは、普段サルガッソ海でシラスウナギ(Angulas)の漁に出ていますが、12月24日になるとアストゥリアスの港に到着し、1年間いい子でたくさん勉強した子供たちにプレゼントをくれるというものです。

 

2008年に誕生したこの架空の人物は、年を追うごとに地元に浸透し、12月1日になるとAnguleruあてに書いた手紙を入れる郵便ポストが設置されるようです。

 

まとめ

子供の学校行事がきっかけとなって知ったスペイン各地独特のサンタクロースを紹介しました。

 

  • スペインでは、イエスキリストの誕生時に訪れた東方の三博士が子供たちにプレゼントを持ってくる習慣があるが、現在はサンタクロースも広く普及されている。
  • レイジェス・マゴスやサンタクロースの他にも地域によってクリスマスにプレゼントを持ってくるキャラクターが存在する。
  • 昔からの伝統を住民が復活させたケースや独自のキャラクターを作り上げたケースもある。

 

スペインのクリスマスの過ごし方については、こんな記事も書いていますので合わせてお読みください。

スペインのクリスマスの過ごし方は?伝統料理やお菓子は?スペイン人はクリスマスが嫌い!?

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

サンティアゴ・デ・コンポステーラ在住の40代2児のママ。3歳の娘と日々格闘中。スペインの観光や留学生活、サンティアゴ巡礼路に関する情報を発信します。スペイン旅行の悩みに記事内で回答します。問合せ
詳しいプロフィールはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

コメントを残す