サンティアゴ巡礼

サンティアゴ巡礼路を親子で1日体験するルートや持ち物は?

2018年1月31日

niño-camino-de-santiago

この記事では、親子でサンティアゴ巡礼の雰囲気を楽しめる体験カミーノを紹介します。

 

元々、長距離巡礼が難しい大人向けに提案したルートですが、子供とのお試し巡礼にもおすすめです。

 

巡礼距離は10㎞。全体的に平坦なルートなので、お子さんのペースに合わせながらでも半日でクリアできます。

 

他の巡礼者とサンティアゴ大聖堂にゴールする達成感も味わえます。

当記事のポイント

  • 巡礼体験ルートの紹介
  • 小学校前の小さな子供(3歳と5歳)でも歩けるか?
  • 実際に子供を連れて歩いて気づいた事

をまとめてみましたので、参考にして下さい。

親子でサンティアゴ巡礼を1日体験できるルート

今回の体験ルートは、サンティアゴ巡礼で最も有名なフランス人の道。

 

サンティアゴまで10㎞の行程ですが、難易度を把握するために標高データをご覧下さい。

 

perfil-etapa-31-frances

出典: https://static.consumer.es

 

  • バスで出発地点まで移動

    サンティアゴ市内から空港行きのバスに乗り、ラバコジャ(Lavacolla)で降車。

  • モンテ・ド・ゴソ(歓喜の他)

    昔、遠くに大聖堂の塔を目にして巡礼者が歓喜の声を上げたと言われる場所。巨大アルベルゲや前ローマ法王ヨハネ・パウロ2世訪問記念モニュメントなどがある。

  • サンティアゴ市内

    モンテ・ド・ゴソの下り坂を下りて、サンティアゴ市内に入ります。大聖堂まで平坦な道を進みます。

 

ルートの詳細や歩き方は、下の記事で詳しく説明していますので確認して下さい。

 

確かに、全体的に平坦な道だから歩きやすそうだけど、実際に何歳から歩けるのかしら?

と、親としては気になるところです。

 

ここから、実際に小学校前の子供(3歳と5歳)と歩いた時の経験をお話します。

 

3~5歳の小さな子供でも全行程歩けるの?

1day camino with child

(出発時の5歳の息子)

 

まだ小さいので、無理をしないよう次の条件でトライしてみました。

3歳の娘

登り坂を避け、平坦な道まで夫が自転車で連れて行く。これ以上無理だと判断した時点で、再び自転車でピックアップ。

5歳の息子

私と一緒にバスに乗り、ラバコジャから大聖堂を目指して歩いてみる。

 

結果から先にいうと、次のようになりました。

  • 娘は、途中何度もぐずりながら3~4㎞の距離を歩いて途中リタイア。
  • 息子は、ラバコジャから我が家まで約9㎞歩いた。

 

子供によって体力や運動能力が異なりますが、やはり3歳の子供にはまだ早すぎたというのが正直な感想です。

 

今回は出発時間が遅かったため、大聖堂まで行きませんでしたが、体力的に5歳の息子は10㎞は歩けることが分かりました。

 

子供は何歳から巡礼できる?

平坦なルートなので、2~3歳の子供を連れて行くなら、ベビーカーを持参する方法もあります。

 

ベビーカーまで持って巡礼したくないなら、やはり5~6歳まで待つといいでしょう。

3~4㎞しか歩けなかった娘も、5歳になって同じルートを3時間ちょっとで完歩しました!

 

子供のペースに合わせて歩くとはいえ、自力で歩いてくれると親もかなり楽です。

 

小さい子供でもカミーノを楽しめる?

子供にとって、バスに乗るところからちょっとした冒険の始まりです。

 

木製の杖を持たせたら、喜んで歩き始めましたし、ゲーム感覚で黄色の矢印やホタテ貝の標識を真剣に探して歩きました。

 

巡礼路沿いで見かける動物(牛・馬・犬)や自然の風景も楽しみましたが、

カテドラル(大聖堂)はまだ?なんでこんな遠いの?」

と、後半になって疲れてくると、やはり何度か愚痴をいいました。

 

それでも、次の日に学校で、巡礼者のようにカミーノを歩いたと先生に報告したと嬉しそうにしていました。

 

大聖堂に到着しなくても、道を歩く過程を楽しめれば十分だなと思った瞬間でした。

 

子供と歩く時に準備する持ち物は?

1日体験コースであれこれ用意する必要はありませんが、最低限次のものは準備して下さい。

  • 履きなれた靴と歩きやすい恰好
  • 日よけの帽子や日焼け止めクリーム
  • パン、フルーツ、お菓子

 

天気予報を確認し、天気が崩れる可能性がある場合はレインウェアを持参して下さい。

 

この区間は木陰の道が非常に少ないので、春や夏の天気の良い日は帽子や日よけ止めクリームを必ず持参下さい。

 

カフェやバルで休憩を入れると良いですが、冬の日曜日に歩いたら、どこも閉まっていて休憩できませんでした。

 

子供はぐずりだすと『カフェがある場所までもう少し我慢して』といっても分かってくれません。

 

パンやフルーツを食べると、元気がでて食べながら歩き続けたりするので、ちょっとした食べ物は必要でしょう。

 

ちなみに、息子に杖を持たせたら喜んだと説明しましたが、実は途中ですぐに飽きて持たなくなりました。

 

この行程でトレッキングポールは特に必要ありません。荷物を増やしたくない場合は、無視して下さい。

 

巡礼は無理と判断した場合の対応

万が一、子供の様子を見てやっぱりこれ以上歩かない方がいいと判断した場合、

  • ラバコジャをスタートしてから1㎞付近
  • サンマルコス
  • モンテ・ド・ゴソ(スタート地点から4.5㎞)到着前
  • モンテ・ド・ゴソのアルベルゲ

にカフェがあります。

 

休憩してタクシーを呼ぶか、サンティアゴ市内に入って、市内を巡回する黄色いバスに乗りましょう。

 

まとめ

  • 1日体験ルートには、ラバコジャから大聖堂の行程がおすすめ。
  • 全体的に平坦なルートなので、子供でも歩ける。
  • 難易度は易しいが、体力面から子供の年齢は5~6歳からがおすすめ。
  • バスでの移動、矢印を探すなど子供とカミーノの過程を楽しもう!
  • 途中で歩けなくなっても市内巡回バスやタクシーなど拾うことができる。
親子巡礼
スペイン巡礼に適した子供の年齢やルートは?夏の注意点や準備方法は?

続きを見る

サンティアゴ巡礼の費用
サンティアゴ巡礼の費用解説!宿の相場や予算決めに知りたい出費は?

続きを見る

サンティアゴ巡礼ルート
サンティアゴ巡礼全ルートを易しく解説!巡礼者の体験談付!

続きを見る

【2020年版】サンティアゴ・デ・コンポステーラの観光・グルメ情報まとめ!

続きを見る

最後まで読んで頂きありがとうございました。

この記事も読まれています

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

オトラスペイン

サンティアゴ・デ・コンポステ-ラ在住。日本人で唯一のガリシア州公認観光ガイド。サンティアゴ・デ・コンポステーラ大学で観光マネージメントの修士課程を修了。大学で日本人留学生のサポート業務の経験もあり。2019年にサンティアゴ巡礼専門の旅行会社に就職。夢は、夫と2人の子供を連れての家族カミーノ。詳しいプロフィールはこちら

-サンティアゴ巡礼
-, , ,

© 2020 スペインの観光や留学生活情報を発信する〜オトラスペイン〜