スペインの歌手ルス・カサル(Luz Casal)とは?代表曲は?ガンを克服して今年は新作発表も!

Sponsored Link

スペインの歌手ルス・カサル(Luz Casal)が、5月11日に東京のセルバンテス協会でトーク&ミニコンサートイベントを、12日から14日までの3日間ブルーノート東京でライブを行います。

 

セルバンテス協会のイベントは、すでに予約終了となっていました。

 

イベントやブルーノートのライブに行かれる方が羨ましい!是非、ライブの様子など感想をコメント等で教えてください!

 

しかし、ルス・カサルって誰?と言う人も中にはいるかもしれませんので、私ももう少し彼女について詳しく知りたいなと思い調べてみました。

 

イベントやライブに行かれる方はもちろん、そうでない方も彼女の代表曲をYoutubeを使って紹介しますので是非このままおつきあいください。^^

出典: http://www.kissfm.es

ルス・カサル(本名マリア・ルス・カサル・パス、María Luz Casal Paz)は、1958年11月11日、ガリシア州コルーニャ県のボイモルトで生まれました。

 

初めて聞いたこのボイモルトという地名ですが、場所は下の地図から確認ください。人口2,000人ちょっとの小さな町です。


生まれはガリシアですが、彼女が6か月の時に両親はとなりのアストゥリアス地方へ引越します。幼少時代、彼女はアストゥリアス第3の都市アビレス(Avilés)やヒホン(Gijon)で暮らします。

 

小さい頃からピアノやソルフェージュ(音楽の基礎教育)、バレーなどを勉強していたそうです。

 

1977年、音楽の道に進むため両親を説得してマドリードへ移ります。

 

1982年にアルバム「Luz」でデビューします。歌手として国内では有名になっていた彼女が世界的に脚光を浴びるようになったきっかけは、1991年公開されたペドロ・アルモドバル監督作品「ハイヒール」です。

 

この映画で彼女が歌ったサウンドトラックは、Piensa en miUn año de amorの2曲です。

 

 

スペイン以外に彼女が有名なのはどこの国?

Sponsored Link

1998年、ルス・カサルはスペイン人歌手として初めてフランス・パリのオランピア劇場公演を5日間満員にし、大成功を収めました。

 

出典: http://img.rtve.es

 

2009年には、フランス文化省から芸術文化勲章を授与されています。

 

乳がんを患ったのはいつ?

2007年1月、乳がんが発覚しマドリードの病院で緊急手術を受けました。6月20日に一度ガンを克服したと発表しましたが、2009年再発し、2010年に再度手術を受けています。

 

彼女はすごいなと思ったのは、最初に病気を発覚した時と再発した時の2回とも自らホームページから病気のことをファンに発表していることです。

 

新作の発表はいつ?

今週の火曜日にマドリードで無料のコンサートを行ったルス・カサル、来週は日本でのライブ、7月はアストゥリアスやギリシャでコンサートとかなり精力的にコンサートの予定が入っています。

 

まだタイトルは未定ですが、今年末もしくは2018年初めに新作をリリースすると発表しています。新作をリリースしたあとは2年先まで世界各地へコンサ―トにでてまた忙しくなるようです。

 

さいごに

来週来日予定のスペイン歌手ルス・カサルについて書いてみました。

 

彼女の曲はまだ他にも沢山ありますので、よかったらインターネットなどを使ってチェックしてみてくださいね。

 

ルス・カサルのホームページはこちらからどうぞ。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

Sponsored Link

もっとスペインの情報を知りたい方は、今すぐ『いいね』!

コメントを残す