スペインのクリスマス宝くじの仕組みや賞金は?

スポンサーリンク

毎年12月22日はスペインのクリスマスの宝くじ「ロテリア・デ・ナビダ(Loteria de Navidad)」の抽選日です。

 

先日、義父とサンティアゴの旧市街を歩いていると『サンティアゴでもデシモ(Decimo)を買っておくか。』と、宝くじのお店へ向かいました。

 

その時、実はクリスマス宝くじについて全然知らないことに気づいたのでこの機会にきちんと調べてみることにしました。

 

「スペインのクリスマス宝くじの仕組みや賞金ってどうなってるの?」と興味がある人は是非最後までお読みください。

スポンサーリンク

スペインのクリスマス宝くじ「ロテリア・デ・ナビダ(Lotería de Navidad)」は、毎年夏ごろ(2017年は7月11日から)から販売され、当選番号の公開抽選会は12月22日の朝9時から開始されます。

 

ボンボ(bombo)と呼ばれる大小の抽選籠が設置され、小さい籠には賞金のボール(1807個)、大きい籠には5桁の数字が書かれたボールが10万個入っています。

 

同時に2つの籠を回し、各籠から出たボラを拾って当選番号と賞金額を読み上げます。

 

マドリードのサン・イルデフォンソ学校の生徒たちによって読み上げられるのですが、番号と賞金額の言い方がとても特徴的で、一度聞くと結構耳に残ります。

 

どんな感じで読み上げるのかは、下のビデオで確認下さい。

 

この抽選方法では、1等がいつ出てくるのかわかりません。朝9時のスタートからテレビやラジオを通じて多くのスペイン人が抽選会の動きに注目します。

宝くじの仕組みは?

出展: http://www.laverdad.es

くじの番号は、00000から99999まで10万個あり、各番号は毎年決められたserie(組)の分だけ発行されます。2016年は1つの番号で165枚、2017年は各番号で170枚が印刷されました。

 

冒頭で義理の父親が言っていた「デシモ(décimo)」という言葉ですが、デシモとはスペイン語で10分の1という意味です。

 

スペインの宝くじ1枚(1 billete)の値段は200€と高く、多くの人は10分割した「10分の1券(デシモ)」を宝くじ店やバルなどで購入します。

 

1つの番号で170枚印刷し、さらに10分割したデシモを買う人が出てくるので、その番号が当たると多くの当選者を生み、賞金を分け合うという状況が生まれます。

 

バルだけでなく会社で1つの番号の宝くじを買い、会社の仲間内で買います。

 

スペインでは少なくとも全人口の75%がこのクリスマス宝くじを購入し、一人あたり約70€出費するということです。

 

12月22日の公開抽選日が国民行事と言われのはこういった状況があるからです。

当せん金や本数は?1等の賞金は?

一等は通称「エル・ゴルド」と呼ばれ、賞金は4.000.000€です。

日本円にすると、約5億(537,786,092円)です。(1€=134.44円、2017年12月21日時点)

等級 当選賞金  本数
1等(El gordo) 4.000.000€ 1本
2等 1.250.000€ 1本
3等 500.000€ 1本
4等 200.000€ 2本
5等 60.000€ 8本
6等(La pedrea) 1.000€ 1794本
1等の前後賞 20.000€ 2本
2等の前後賞 12.500€ 2本
3等の前後賞 9600€ 2本
1等当選番号と最初の3桁が一致 1000€ 99本
2等当選番号と最初の3桁が一致 1000€ 99本
3等当選番号と最初の3桁が一致 1000€ 99本
4等当選番号と最初の3桁が一致 1000€ 198本
1等当選番号と最後の2桁が一致 1000€ 999本
2等当選番号と最後の2桁が一致 1000€ 999本
3等当選番号と最後の2桁が一致 1000€ 999本
Reintegro (1等と最後の1桁が一致) 200€ 9.999本

 

よく当たる場所やその逆は?

スポンサーリンク

日本でも宝くじ売り場の「よく当たる店」で買いたいと言う人がいると思いますが、これまでのデータで、1等の宝くじを販売している「当たる」場所は↓です。

  • マドリッド(90回)
  • バルセロナ(57回)
  • バレンシア(25回)
  • アリカンテ(20回)

 

逆に、まだ一度もゴルドが当たっていない場所は、アビラ、セウタ、メリージャ、タラゴナ、サモーラです。

 

ラッキー番号ってあるの?

15.640は1956年と1978年に、20.297は1903年と2006年に2度1等になっている数字です。

 

他にも最も良く出る末尾5が32回、85が7回というデータもあります。

 

宝くじを買うときに参考にされてはどうでしょうか?^^

 

宝くじの歴史で興味深い情報は?

スペインで、初めてクリスマスの宝くじが行われたのは1812年ですが、公式にロテリア・デ・ラ・ナビダの名前が採用されたのは1892年で、1897年から宝くじにLoteria de la Navidadの名前が印刷されるようになりました。

 

1938年、内戦中のスペインで宝くじはバルセロナとブルゴスで2回行われました。宝の収入が大きいので、共和国派とナショナリスト派は独自の宝くじを開催したのです。

 

2002年のユーロ導入により、抽選会で賞金額をペセタで歌っていたのかユーロに変わりました。

 

2004年の公開抽選会で、開始から13分で1等の賞金が確定した最短記録だそうです。

 

まとめ

  • 毎年12月22日はスペインのクリスマスの宝くじ「ロテリア・デ・ラ・ナビダ(Loteria de Navidad)」の抽選日
  • 等級が書かれたボールとくじ番号が書かれたボールを入れた籠を回し、出てきたボールの組み合わせで当選番号と賞金がわかる。
  • 宝くじを10分割した「10分の1券」をデシモと呼ぶ。
  • 宝くじの仕組み上、当選すると賞金を多くの人と分け合う形になる。
  • 1等はエル・ゴルドと呼ばれ、賞金は400万€。

 

今回初めてクリスマス宝くじの仕組みについて理解しましたが、12月22日の次に1月6日のレイジェスの日に「ロテリア・デル・ニニョ(Lotería del niño)」という別の宝くじがあります。

クリスマスよりもニニョの方が当たりやすいという情報もありますが実際はどうなんでしょうか・・。

スペインのクリスマスに関しては、こちらの記事も合わせてお読みください。

スペインの長いクリスマスの過ごし方とは?

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

サンティアゴ・デ・コンポステーラ在住の40代2児のママ。3歳の娘と日々格闘中。スペインの観光や留学生活、サンティアゴ巡礼路に関する情報を発信します。スペイン旅行の悩みに記事内で回答します。問合せ
詳しいプロフィールはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

コメントを残す