サンティアゴ大聖堂で行う巡礼者のミサの時間や流れは?

Sponsored Link

久しぶりにサンティアゴの大聖堂で行われている巡礼者のためのミサに参加しました。

 

大聖堂の中に入った時、ボタフメイロをやる雰囲気がしたので、主祭壇に近寄ってみるとヨーロッパの巡礼地をまわっている日本人グループの女性と知り合いました。

 

また、巡礼者のミサを進行する司祭の中の2人が日本人という私にとっては初めての経験となりました。

 

サンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂のミサというとどうしてもボタフメイロが注目されてしまうのですが、今回は巡礼者のためのミサの時間や流れについてお話します。

 

巡礼者のミサは言葉の壁を超えた特別な雰囲気がありますが、簡単な流れを知っておくだけでも参加しやすいかと思います。

 

巡礼者のためのミサは大聖堂の主祭壇にて毎日お昼の12時と夕方の19時30分の2回行われます。

 

聖年(7月25日が日曜日に当たる年)に限っては、巡礼者の数が大幅に増えるため巡礼者のためのミサの回数も多くなります。

 

大聖堂のサイトでも助言していますが、ミサの時間に席を確保したい方は早めに大聖堂の中に入られることをおすすめします。

 

12時開始のミサに対して私が大聖堂に入ったのは11時すぎでしたが、すでに沢山の方が座って待っていました。

 

夏の間は1時間前に中に入っても早すぎるということはないと思います。

 

ミサの始まる前に偶然知り合ったカトリック信者の女性からこういわれました。

 

『ここトイレないでしょう。日本ではありえないわよ。』

 

日本にある教会へ行った経験がないのでそういうものかと思ったのですが、確かに大聖堂内でトイレに行きたくなってもトイレはないので、一度外に出なくてはいけません。

 

大聖堂のミサに参加する前にトイレを済ましておくといいかもしれません。

 

大聖堂へ入る前にトイレを済ましておくのも大事ですが、ザックを背負ったまま大聖堂の中へ入ることはできません。

 

荷物の一時預かりサービスについて興味のある方は、こちらの記事も合わせてお読みくださいね。

サンティアゴ大聖堂付近や市内の荷物預かりサービスと料金は?

 

巡礼者のミサの流れは?

Sponsored Link

ミサの開始前、シスターが大聖堂内にいる人と一緒にミサで歌う聖歌のリハーサルをしました。歌の言語はスペイン語です。

 

『最初は難しく感じるかもしれないけど、すぐ歌えるようになるから。』と励ますシスターに、いやいやいや・・・と思いつつも最初のワンフレーズはなんとかその場にいる人たちも歌うようになります。

 

何度かリハーサルをした後、歌に合わせて儀式を進行する司祭の方たちが祭壇に入場します。

 

ミサの最初に巡礼者へ向けた歓迎とは?

 

ミサの最初に、サンティアゴへ到着しミサの24時間前に巡礼者事務所に通った巡礼者たちの巡礼出発点と国籍を読み上げます。

 

『ロンセスバジェスからオーストラリア、イギリス・・・の巡礼者』

 

という感じですが、私が出席したミサではポンフェラーダから南アフリカ人、ルーゴから中国人の巡礼者が到着していました。

 

聖書の朗読やそれに関連した聖歌を歌ってミサは進みますが、サラゴサから来ていた信仰者のグループが聖ヤコブに向けて言葉を向けていました。ミサに参加する団体によって毎回内容は変わってくる部分があると思います。

 

司祭の説教というかお言葉を聞いた後に、平和を祈って儀式に参加している人達どうしで握手をします。

 

キリストの体であるパン(ホスチア)をもらう聖体拝領が行われますが、その前にホスチアをもらうことができるのはキリスト教信者であることとスペイン語と英語でアナウンスが入りました。

 

 

信者は、ホスチアを持っている司祭の方に近寄ります。ホスチアを手のひらでもらい口に運びます。

 

胸の前で十字を切る欧米人に対して、日本人の信仰者の方は手を合わせて一礼されていました。同じカトリックの信者でも国によって違いがあるのかなと思いました。

 

巡礼者のミサの終わりは・・・

 

ミサを進行していた司祭の締めの言葉の間に、赤い服を着たティラボレイロスが入場し、ボタフメイロの儀式の準備をします。

 

ボタフメイロの儀式については、こちらの記事で詳しく説明しておりますので、合わせてお読みください。

サンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂で人気のボタフメイロとは?儀式を見る絶好の場所は?イタリアでも同じ儀式が見れるって本当?

 

 

 

ボタフメイロも終わり、大聖堂を出た時に時間を見ると13時過ぎでした。

 

ミサの所要時間は1時間~1時間15分ぐらいみておくといいかと思います。

 

さいごに

今回は日本人のカトリック信者の方たちとご一緒させていただく機会に恵まれ、カトリックのミサの流れについて関心を持って見ました。

 

日によってミサで読まれる聖書の部分やそれに合わせて聖歌が歌われることなど、今まで全然意識してみていなかったのでとても新鮮でした。

 

ある外国人の女性巡礼者に『今日はどのゴスペルを歌うか知ってる?』と聞かれて困りました。

 

声のきれいなシスターがミサの最中に歌う聖歌についてお問合せも頂きましたが、大聖堂のショップのスタッフに質問をしたところ、ミサで歌われる聖歌を集めたCDはないということですのでご了承ください。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

Sponsored Link


もっとスペインの情報を知りたい方は、今すぐ『いいね』!

コメントを残す