最短でスペイン巡礼証明書が出る各ルートの出発点は?移動方法は?

サンティアゴ巡礼路歓喜の丘

この記事では、巡礼証明書を最短でもらえる主要ルートの出発地点や移動方法を紹介します。

 

  • 初めてなのでどのルートにしようか迷う。
  • ルートは決まったけど、最短で巡礼証明書がでる出発場所とアクセス方法がわからない。

 

なんて思っている方がいるかもしれません。

 

巡礼開始ポイントまでの移動は基本的な情報ですが、土地勘がないとなかなか難しい部分もあります。

 

この記事を読めば、各ルートで巡礼書発行基準を満たす場所とアクセス方法が分かるので、巡礼の計画や準備の時間短縮に役立ちます。

 

はじめに巡礼証明書発行の条件を簡単におさらいしてから、各ルートの出発ポイントを順に紹介します。

巡礼証明書の発行条件は?

 「巡礼証明書」を貰うことが出来る条件は、徒歩・騎馬であればサンティアゴまでの最後の100kmを、自転車であればサンティアゴまでの最後の200kmをそれぞれ完遂し、加えて巡礼の動機が「宗教(religios)」か「宗教(religios)及び文化的興味(Cultura)」の場合です。

引用: 日本カミーノ・デ・サンティアゴ友の会

証明書の詳しい内容や宗教的な動機でない場合に発行される証明書の種類などは、日本カミーノ友の会のサイトを確認下さい。

特別に発行される巡礼証明書もある?

サンティアゴ巡礼事務所では、巡礼中に亡くなった巡礼者を追悼し「In memoriam」という巡礼証明書を発行してくれます。

In memoriamは「~を記念して、~を追悼して」という意味のラテン語。

 

この証明書の存在を知ったのは、2010年に初めてカミーノを歩いた時のことです。

 

長年連れ添った奥様を亡くしてカミーノを歩こうと決めた日系ブラジル人の男性。

 

奥様のクレデンシャルを用意して来ており、巡礼中はスタンプを二人分押していました。

 

サンティアゴで、奥様の名前が入ったIn memoriamの巡礼証明書を見た時の感動を今でも覚えています。

 

それでは、最短で巡礼証明書が発行されるサンティアゴから100㎞地点の場所をルート別に紹介します。

 

巡礼証明書が発行される各ルートの100㎞地点は?

フランス人の道

ガリシア州ルーゴ県にあるサリアは、サンティアゴから117,3kmの場所にあります。

 

1番人気のルートで巡礼書を最短でもらえる地点なので、夏にサリアから出発する巡礼者の数が増加します。

 

サリアまでの行き方については、次の記事で詳しく説明してますのでお読み下さい。

>>>関連記事: 【スペイン巡礼】サリアへの行き方は?準備に役立つグループは?

 

ポルトガルの道

サンティアゴまでの距離が100.1㎞のO Porriño(オ・ポリーニョ)から開始してもいいですが、

 

118.8㎞地点にあるTui(トゥイ)には大聖堂もあり、巡礼前に少し村を観光してから歩き始めてもいいと思います。

 

Tuiまでのアクセスは、次の方法があります。

  • マドリードから電車かバスでビーゴまで行き、ビーゴからATSA社のバスでTuiへ行く。(ATSA社のサイト
  • マドリードから電車でGuillarei(Tuiから5㎞の位置にある駅)まで行き、Taxi、バス、徒歩でTuiまで行く。

 

北の道

ルーゴ県にあるVilalba(ビラルバ)からサンティアゴまでの距離が約101㎞です。

 

途中、世界遺産に登録されたSobrado do Monxes(ソブラド・ド・モンシェス)修道院を訪れることができます。

 

巡礼者を受け入れるアルベルゲもありますので興味のある方は次の記事をお読み下さい。

>>>関連記事:【スペインの世界遺産】サンティアゴ巡礼路北の道にある修道院は?

 

Vilalbaまでのアクセス方法は、バスでマドリードからルーゴまで行き、ルーゴでVilalba行きのバスに乗り換えるのが一番シンプルかと思います。

>>>関連記事:サンティアゴ・デ・コンポステーラの行き方やガリシア各地のアクセスは?

 

スポンサーリンク

 

プリミティーボ

ルーゴ県の県都であるルーゴ市から歩き始めることができます。(サンティアゴまでの距離102.4km)

 

可能であれば、巡礼前に1日過ごして下さい。世界遺産のローマの城壁を一周したり市内観光を楽しめます。

 

また、ルーゴのおすすめはバル巡りです。無料でサービスされるタパスが多いことで非常に有名です。

 

ルーゴまでのアクセスは、次の記事をご覧ください。

>>>関連記事: サンティアゴ・デ・コンポステーラの行き方やガリシア各地のアクセスは?

 

イギリス人の道

コルーニャ県にあるフェロールからサンティアゴまで距離が約117㎞あります。

 

軍の基地の壁のせいで、海辺を歩いても町から海が見えない部分もありますが、旧市街の一部やサン・フェリペ城の周辺など見所はあります。

 

マドリードから電車でフェロールまで行くか、飛行機でコルーニャ空港まで行って、フェロールへ向かうこともできます。

 

100㎞以内なので証明書は出ませんが、コルーニャからのイギリス人の道の歩き方や体験者へのインタビューをまとめています。

 

日本を出発して帰国するまで1週間で巡礼を体験したい人には次の記事をおすすめします♪

>>>関連記事:【最新情報】スペイン巡礼の期間や最短の日程は?短時間ルートでも証明書をもらう方法は?

 

銀の道

ガリシア州オレンセ(ガリシア語でオウレンセ)県の県都であるオレンセ市からスタートします。

 

オレンセ大聖堂の中には、サンティアゴ大聖堂にある栄光の門と非常によく似た天国の門を見ることができます。

 

温泉地としても有名ですので興味のある方は、是非こちらの記事も合わせてお読みください。

>>>関連記事: オウレンセ(スペインの温泉地)の観光おすすめスポットは?大聖堂の見所は?

>>>関連記事: オウレンセの温泉の営業時間や料金は?アクセス方法は?

 

銀の道ルートを南スペインから歩く場合、次の記事を事前にチェックすることを強くおすすめします!

>>>関連記事:スペイン巡礼「銀の道」におすすめの時期は?便利な地図やガイドブックは?緊急時の対応は?

 

サンティアゴ大聖堂や巡礼者ミサの情報は?

サンティアゴ大聖堂で行う巡礼者のためのミサに参加する時にお役に立てれば嬉しいです。

>>>関連記事: サンティアゴ大聖堂で行う巡礼者のミサの時間や流れは?

 

ただし、大聖堂へ入る時に荷物を持って入ることはできません。次の記事も合わせてお読み下さい。

>>>関連記事: サンティアゴ大聖堂付近や市内の荷物預かりサービスと料金は?

 

大聖堂のボタフメイロ情報やサンティアゴの観光情報のまとめ記事もおすすめです!

>>>関連記事:サンティアゴ・デ・コンポステーラ観光情報まとめ!【行き方・天気・楽しみ方の最新情報】

まとめ

  • 巡礼証明書をもらう条件に、徒歩ならサンティアゴまでの最後の100㎞を歩かないといけない。
  • 巡礼の主要ルートの100㎞地点は全てガリシア州内にある。
  • フランス人の道のサリアから歩く時は、夏になると巡礼者が急増するので注意。

 

各ルートの開始地点までのアクセス方法ですが、具体的な時間などは各交通手段のサイトから必ずご自分でご確認下さい。

 

短期間の巡礼に必要な持ち物については、こちらの記事も参考にしてみて下さい。

>>>関連記事: 短期間のカミーノ(サンティアゴ巡礼)で必要な持ち物は?

巡礼の情報収集におすすめは?

スペイン巡礼の準備を始めたい人、現在巡礼中の人、巡礼経験の豊富な人が集まったおすすめのFBグループを知りたい方は、次の記事をお読み下さい。

>>>関連記事:【スペイン巡礼】サリアへの行き方は?準備に役立つグループは?

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

サンティアゴ・デ・コンポステーラ在住の40代2児のママ。3歳の娘と日々格闘中。スペインの観光や留学生活、サンティアゴ巡礼路に関する情報を発信します。スペイン旅行の悩みに記事内で回答します。問合せ
詳しいプロフィールはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

コメントを残す