レオンの列車やバスの駅から大聖堂までの行き方や所要時間は?人気のお菓子はどこで買える?

Sponsored Link

スペインのレオン市にあるスペイン鉄道RENFE(レンフェ)の駅やバスステーションから市の中心部である大聖堂までの行き方について説明しますが、何も難しいことはありません。

 

バス・列車の駅から大聖堂までの道のりにあるレオン市民に人気のお菓子のお店や有名な彫刻にまつわるお話などを途中入れながら説明いたします。

 

これからレオンへ観光に行きたい、またはレオンからサンティアゴ巡礼路をスタートしたいという方は是非この記事を参考にしていただければと思います。

 

それでは早速行ってみましょう!


レオン市の西にBernesga(ベルネスガ)という名前の川が通っています。

 

レオン市旧市街の中心地(大聖堂)から見るとべルネスガ川にかかる橋のむこう側にRenfeの駅とバスステーションが見えます。

 

市によってはRenfeの駅とバスステーションの距離が遠いところがありますが、レオンの場合はお互いの駅の間の移動は徒歩

2・3分と非常に近いです。

 

最初の画像は新しいRenfeの駅で、道路の向こう側に昔の駅を見ることができます。

 

 

この建物を今後どう活用していくか色々アイデアはあるようですが、実際にどういうスペースとして生まれ変わるのかまだはっきりしていないそうです。

 

各駅からレオン大聖堂までの行き方は?

Sponsored Link

 

Renfeの駅から出た場合

駅の出口を出てすぐ目の前にあるパレンシア通り(Avda. Palencia)を右側に2頭のライオンが目印の橋までまっすぐ歩いてください。

 

 

大聖堂までこの道をひたすら真っすぐ歩くだけなんですが、バスステーションから出た場合の人とここで合流することになるので、バスステーションからライオンの橋までの場合を見てみましょう。

 

バスステーションから出た場合

 

出口を出て左側を真っすぐ歩きます。右手にBernesga川を見ながら歩くと途中消防署が左手に見えます。

 

 

さらに真っすぐ歩いていくと前に2頭のライオンがある橋が見えてきます。

 

ここからは列車・バスそれぞれの駅を利用した場合も歩き方は一緒です。

 

パラドールへ行く場合は?

橋を渡るとロータリーが見えてきますが、もしパラドールやパラドール周辺の場所へ行きたい人は、ここで橋の左側へ渡ってそのまままっすぐ行くとパラドールへ到着します。

 

 

橋の左側へ渡ってまっすぐ行くと左手に上の画像にあるLeonの看板と芝生のカレンダーが見えます。

 

 

今度はBernesga川を左手に見ながら歩きますが、晴れた日はとても気持ちいい散歩道になります。

 

 

レオン市の蚤の市の場所は?

 

再び先ほどのロータリーに戻り、右側をみると画像のようなスペースが見えます。

 

 

毎週日曜日の午前中にここでレオン市の蚤の市(Mercadillo)が開催されます。

 

ロータリーの噴水に見えるのは誰?

 

しつこいですが、またまたローターリーに戻ります。噴水の中央に見えるのは、アルフォンソ・ぺレス・デ・グスマン(Alfonso Pérez de Guzmán)の像ですが、一般的にグスマン・エル・ブエノ(Guzman el Bueno)と呼んでいます。

 

グスマン・エル・ブエノは、【善人のグスマン】という意味です。

 

1256年1月24日生まれの彼は、アルフォンソ10世、サンチョ4世、フェルナンド6世と3人の王に仕えた軍人でありレオンの貴族です。1294年、サンチョ4世の時代にタリファ(カディス)の城塞でイスラム教徒(当時マリーン朝)との戦いで敵からタリファを引き渡さすかさもなくは息子を殺すと脅かされます。

 

 

この脅しに対してグスマン・エル・ブエノが取った行動は、剣を投げつけてこれで我が息子を切れと言いタリファを守り切ったということです。グスマン・エル・ブエノの像は右手で剣を投げているところを表現しています。

 

しかし、彼の偉業を伝える像を見ながらレオンの人達は冗談でなんて言うか知っていますか?

 

 

『もしレオンの街が気に入らなかったら、駅はアッチだよ。』

 

 

 

確かに剣を投げる右手の方角に列車やバスステーションがあります。

 

誰が言い出したのか知りませんが、面白いなと思ったのでご紹介まで。

 

レオン市のお買い物通りは?

ロータリーをすぎてオルドニョ2世通り(Avenida Ordoño II)に入ります。

 

レオン市内のショッピング通りで、詳しい日程ははわかりませんがオープン予定のショッピングモールが工事中でした。

 

左手にレオン市役所の建物が見えてきます。

 

 

しつこいですが、ひたすら真っすぐ歩きます。

 

レオン市で人気のお菓子は?

レオン市役所をすぎて真っすぐ歩いていると右手にCanela(カネラ)というお店が見えてきます。

 

 

口コミでも非常にいいコメントが多いですが、ここでおすすめなのお菓子はCanelaです。

 

 

揚げた生地の中にカスタードクリームがこれ以上入らないっていうぐらい一杯に入っています。

 

ありきたりな言葉ですみませんが、美味しいんです。

 

元々ホセ・マリア・フェルナンデス通り(Av. de Jose Maria Fernandez, 9)で開業したお店ですが、Canelaが評判を呼んでオルドニョ2世通りにもお店を開いたそうです。

 

他のお菓子屋さんでこのCanelaをまねて作る所もあるんだよ・・・という話を聞きながらふとCanelaの下に敷いてあった紙を見るとこんな言葉が・・・。

 

 

【私たちをまねるのは簡単だけど私たちと同じものを作るのは不可能よ】と自分たちがオリジナルなんだという自信のコメントが書いてありました。

 

 

Canelaのお店をすぎると、サント・ドミンゴ広場(Plaza de Santo Domingo)が見えてきます。

 

ここまで来たら大聖堂までもうすぐです。

 

 

左側にガウディの作品であるCasa de Botines、右側には市内観光用の列車の出発場所が見えます。

 

観光列車の時間と費用は?

 

7~9月の夏の間は毎日11:00~14:00、16:00~22:00の間で25分おきに出発します。

 

それ以外の月は、毎日11:00~14:00、16:00~21:00まで営業しています。

 

料金は大人4.5€、子供は3.5€となっています。

 

観光列車の時間割・料金は2017年8月下旬のものです。予告なく変更することもありますのでご注意ください。

 

 

Casa botinesを左手に見ながら真っすぐ歩くとアンチャ通り(Calle Ancha)に入ります。

 

 

右手にマルコス(Marcos)というポテトチップスがおいしいと有名なお店が見えます。

 

 

さらに真っすぐ行くとLa trastienda del 13というバルがあります。

 

ここのPalomitaというタパスが美味しいですが、内容についてはレオンでおすすめのタパスの記事の中で紹介いたします!

 

この辺りに来るともう大聖堂が正面左手に見えてきます。

 

 

お疲れさまでした。レオンの大聖堂に到着です!

 

 

レオンの観光オフィスは大聖堂の向かい側にあります。

 

列車とバスの駅から大聖堂までの時間は?

(レオンのバスステーションの様子)

 

15~20分程で着きます。サンティアゴと比べてレオンで坂道を見ることはほとんどありません。

 

ずっと平坦な道を歩くので、小さいキャリーバッグや重くなければスーツケースを引いて歩いても大丈夫だと思います。

 

まとめ

バスや列車でレオンに着いてから市の中心部にある大聖堂までの道のりについて書いてみましたがいかがでしたでしょうか。

 

最後に今回の記事のポイントをまとめて終わりにします。

  • レオン市内にあるバスと列車の駅はとても近い距離に位置する。
  • 列車の駅から出る場合、出口から右に向いて真っすぐ歩くだけ。
  • バスステーションから出る場合、出口を出て左に向いてベルナスガ川にかかる橋まで行き、橋を渡って後は真っすぐ歩くだけ。
  • 橋を渡ってGuzman el Buenoのロータリーを正面に見て左に曲がって真っすぐ行くとパラドールへ通じる。
  • Guzman el BuenoのロータリーをすぎてOrdono II大通りにあるCanelaはレオン市で有名なパティスリー Santo Domingo広場をすぎてアンチャ通りを歩くと大聖堂へ到着
  • レオン市の観光オフィスは大聖堂の向かい側に位置。
  • レオンの列車・バスの駅から大聖堂までの所要時間は15~20分ほど。

レオンの大聖堂や今年125周年を迎えたガウディの作品であるCasa Botines、タパスの美味しいバル情報については今後情報をアップしていきます。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

Sponsored Link


もっとスペインの情報を知りたい方は、今すぐ『いいね』!

コメントを残す