スペインレオン大聖堂までの行き方は?列車とバスの駅から徒歩何分?

スポンサーリンク

レオン市内のスペイン鉄道RENFE(レンフェ)の駅とバス・ステーションから大聖堂までの歩き方や所要時間を紹介します。

 

それぞれの出発点から大聖堂までのオリジナル・ルートマップを作成しました。

 

大聖堂に到着するまでに通る市内の中心通りや人気のお菓子を売っているお店、また市内で有名な彫刻に関するエピソードを案内しますので、現地で歩く時に思い出して頂ければ嬉しいです。

スポンサーリンク

Renfeの駅から大聖堂までのルートは?

地図左上のアイコンをクリックすると、大聖堂までの道のりでポイントとなる場所の住所や画像が見れます!

 

レオン市に流れるBernesga(ベルネスガ)という名前の川があります。

 

Renfeの駅から大聖堂へ行くには、この川を渡って真っすぐ歩くだけです。

 

駅の出口を出たら、パレンシア通り(Avda. Palencia)を右側へ真っすぐ進むと、2頭のライオンが目印の橋が見えてきます。

 

橋を渡って先へ歩くと、中央に噴水とある人物の彫刻があるロータリーが見えてきます。

 

Guzman el Bueno(善人のグスマン)像

噴水の中央に見える人物は、アルフォンソ・ぺレス・デ・グスマン(Alfonso Pérez de Guzmán)、通称「グスマン・エル・ブエノ(Guzman el Bueno)」です。

 

グスマンは1256年1月24日生まれで、アルフォンソ10世、サンチョ4世、フェルナンド6世と3人の王に仕えた軍人でありレオンの貴族です。

 

1294年にタリファ(カディス)の城塞でイスラム教徒(当時マリーン朝)と戦った時、敵からタリファを引き渡さなければ息子を殺すと脅かされました。

 

グスマン・エル・ブエノは剣を投げつけ、これで我が息子を切れと言ってタリファを守り切りました。

 

ロータリーのグスマン・エル・ブエノ像は、右手で剣を投げる格好をしています。

 

ところが、彼の偉業を伝える像を見てレオンの人達は冗談でなんて言うか知っていますか?

 

『レオンの街が気に入らなかったら、帰る駅は向こうだよ。』

 

 

確かに・・・剣を投げる右手の方角にRENFEの駅があります。

 

誰が言い出したのかわかりませんが、面白いなと思ったのでご紹介まで。

 

毎週日曜日はMercadillo

ロータリーの右側のスペースで、毎週日曜日の午前中にここでレオン市のメルカディージョ(蚤の市)が開催されます。

 

市のショッピング通りにある人気のお菓子屋さん

ロータリーを過ぎたら、オルドニョ2世通り(Avenida Ordoño II)に入ります。

 

レオン市内のショッピング通りで、途中道の左側にレオン市役所の建物も見えますが、さらにその先へ進むと右手にCanela(カネラ)というお店があります。

 

レオン市民の間で人気のお菓子はお店の名前と同じくCanelaと言います。揚げた生地の中にカスタードクリームが一杯に入ったお菓子です。

 

レオンに住む義理の姉夫婦の話では、Canelaの評判があまりにもいいので他のお菓子屋さんでCanelaを真似て作る所もあるそうです。

 

お菓子の下に敷くシートに「真似をするのは簡単だけど同じものを作るのは不可能」と自分たちがオリジナルなんだという自信のコメントが書いてあります。

 

ガウディの建築作品

Canelaのお店を後にすると、サント・ドミンゴ広場(Plaza de Santo Domingo)が見えてきます。

 

通りの左側にはガウディの作品「カサ・ボティネス(Casa de Botines)」があります。

ガウディの建築『カサ・ボティネス』とは?カタルーニャ以外で見れる彼の作品はいくつ?営業時間と入場料金は?

 

アンチャ通りを通って大聖堂へ

カサ・ボティネスを左手に見ながら進むと、Calle Ancha(アンチャ通り)へ入ります。

 

右手に「Marcos(マルコス)」というポテトチップスがおいしいと有名なお店があります。

 

さらに先へ行くと「La trastienda del 13(トラスティエンダ・デル・トレセ)といういい感じのバル・レストランがあります。

 

レオンでバル巡りをする時、「Paloma(パロマ)」というタパスを食べによく行くお店です。レオン市内で美味しいタパスが無料で楽しめるバルはこちらの記事でまとめて紹介していますので是非♪

スペインのレオンで無料のタパスが美味しいおすすめのバルは?

 

この辺りで大聖堂が正面左手に見えてきます、お疲れさまでした。レオン大聖堂に到着です!

レオンの観光オフィスは、大聖堂の向かい側にあります。
スポンサーリンク

バスステーションからレオン大聖堂までの行き方は?


Renfeの駅から歩いて2分ほど、すぐ近くにバスステーションがあります。

 

バスステーションを出ると目の前にベルネスガ川が流れています。川を右手に見ながら、左へ真っすぐ歩きます。

 

途中、消防署が左手に見えます。少し先へ行くと2頭のライオンの橋が見えてきます。

 

ここからはRENFEの駅からの行き方と同じなので説明は割愛します。

 

RENFE・バスの駅から大聖堂まで徒歩何分?

15~20分程で到着します。

 

サンティアゴからレオンへ行っていつも思うのですが、レオンは非常に平坦な土地です。

 

坂道がほとんどないので、小さいキャリーバッグやリュックで旅行しているなら駅から市の中心部まで歩いても大丈夫だと思います。

 

まとめ

バスや列車でレオンに着いてから市の中心部(大聖堂)までの道のりについて書いてみました。

今回の記事のポイントをまとめて終わりにします。

  • レオン市内にあるバスと列車の駅はとても近い距離に位置する。
  • RENFEの駅から出たら右に向いて大聖堂まで真っすぐ歩く。
  • バスステーションの出口を出て左に向いてベルナスガ川にかかる橋まで行き、橋を渡って真っすぐ進む。
  • レオン市の観光オフィスは大聖堂の向かい側に位置。
  • RENFEとバスの駅から大聖堂まで歩くと所要時間は、約15~20分。

 

レオンの観光情報はこちらの記事でまとめていますので、こちらも参考にして下さい。

【スペイン・レオン観光】天気や名物料理から大聖堂の情報まとめ!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

サンティアゴ・デ・コンポステーラ在住の40代2児のママ。3歳の娘と日々格闘中。スペインの観光や留学生活、サンティアゴ巡礼路に関する情報を発信します。スペイン旅行の悩みに記事内で回答します。問合せ
詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す