スペインの医療制度や緊急時の電話番号は?おすすめ携帯アプリは?

この記事では、スペインの医療制度の簡単な説明をし、旅行や巡礼中の緊急時の対応とおすすめの携帯アプリを紹介します。

 

楽しい旅行中にできれば病院のお世話になりたくないですが、特にひとりで旅行している間に具合が悪くなったら言葉や文化の違う国でどう対応していいかわからずに困ってしまうと思います。

 

そういった状況を解決するのに、スペインの医療制度や緊急時の対応の仕方に関する知識を持っていると、素早く行動できて最悪の状況を防ぐことができますので是非参考にして下さい。

スポンサーリンク

スペインの医療制度とは?

スペインの中央政府がヘルスケアサービスのベースを定めますが、実際の医療サービスの多くは自治州の管轄になっています。

 

どの自治州に行っても基本的な医療サービスの条件やレベルが保たれますが、自治州によって対応が違う面もあります。

 

スペイン国内には、医療センター(Centro de Salud、セントロ・デ・サルー)と病院(Hospital、オスピタル)があります。

医療センターと病院の違いは?

自分が住む地区の医療センターでは、プライマリ・ケア(一次医療サービス)が提供されるので、具合が悪くなった時に最初に相談するホームドクターや小児科、また助産士などがいます。

一方、プライマリ・ケアの現場で解決できない専門的・緊急の治療を担当するのが病院で、公立と私立があります。

平日の医療センター営業時間外や週末の緊急時には、病院の緊急センター(Urgencias)へ行く事ができます。

 

公立の病院の緊急センターでは、患者の症状によってアテンドの優先順位が決められるので、重要度の低い症状で緊急センターへ行っても担当の医者に診てもらうまでに3時間待ったなんてことは珍しくありません。

 

サンティアゴ大学の外国人コースでは、プライベートの医療保険が含まれていたので、具合が悪くなった学生に付き添って何度も私立病院の緊急センターへ行きましたが、訪れる時間によってはほとんど待たずに診断を受けることもできました。

 

スペイン滞在時の日本人観光客は、海外旅行保険と契約している私立の病院で診断を受けるのをおすすめします。

 

スペインの薬局の目印は?

薬局はスペイン語で「Farmacia(ファルマシア)」と言います。

 

緑の十字架が目印ですが、Parafarmacia(パラファルマシア)という似たような名前でやはり薬局のようなお店もあります。

  • Farmaciaでは、処方箋の医薬品や抗生物質などを購入できる場所。
  • Parafarmaciaでは、健康や美容、赤ちゃんのおむつなどが買える。

Farmaciaに働くスタッフは必ず薬剤師などの専門家でないといけないのに対し、Parafarmaciaは100%義務付けられていないので薬剤師でないスタッフが働いている可能性もあります。

 

スポンサーリンク

 

緊急時用電話番号は何番?対応言語は?

緊急通報ダイヤル番号は112番で無料です。

 

以前は、地元の警察や消防車、救急車とそれぞれ番号が違っていたのですが、1998年からEU加盟国全て緊急時には112番に統一されました。

 

自分の携帯会社の電波が通じない場所でも、他の携帯会社の電波が通っていればそれを利用し、SIMカードのPINナンバー(パスワード)がわからない場合やSIMカードが入っていなくても112番に電話することができるようです。

どの携帯会社の電波も通じない場所で112番に電話できません。携帯電話があれば100%大丈夫というわけではないので注意が必要です。

 

対応言語はスペイン語になりますが、観光地では英語・フランス語・ドイツ語でも対応してくれるようです。(情報元: Spain.info

 

112番につながったら?

 

固定電話からの112番通報では所在地を特定できますが、携帯電話からだと大体の位置を把握しても正確な場所を特定できません。

 

スペイン巡礼中など、人通りの少ない田舎の道を歩いていて携帯電話から112番をかける場合は、素早く簡潔に自分の居場所や状態をオペレーターに伝えることが重要です。

 

スペイン巡礼中に熱中症にかかり、112番に連絡した日本人巡礼者の実際のケースを紹介しています。スペインで救急車を手配したり病院での治療に関する費用といったテーマにも触れています。

スペイン巡礼「銀の道」におすすめの時期は?便利な地図やガイドブックは?緊急時の対応は?

 

緊急時におすすめの携帯アプリは?

緊急時で平常心でいられないのに、電話でオペレーターに英語でちゃんと伝えられるか自信がないという方もいるでしょう。

 

そんな方におすすめの携帯アプリが2つあります。どちらも携帯に無料でインストールし、ジオロケーションという技術を使って自分の現在地を112番に知らせることができます。

 

My112

my112_aplicacion_emergencias

出典: https://www.tuexpertoapps.com

 

IphoneもしくはAndroidでインストールが完了したら、アプリを開きます。SNSメッセージの送付、画像やコンタクトなどへのアクセスが可能かの質問メッセージが連続して表示されます。

全部許可しないとサービスを利用できません。緊急時対応のアプリに個人の画像やマルチメディアへのアクセス権を許可する必要性があるのかと不満をもらすユーザーのコメントもありました。

 

電話番号を入力すると、EmergenciaとAvisosというボタンが出てくるので、緊急時にEmergenciaのボタンを押します。

 

Alpify

safe365-alpify

出典: http://s03.s3c.es

 

IphoneもしくはAndroidでインストールします。(名前がSafe365と表示。)インストール後、アプリを開くと、こちらもSNSメッセージを送っていいかというメッセージがでてくるので、Permitir(許可する)のボタンを押します。

 

携帯番号の他に名前を入力して登録します。

 

コンタクト情報へのアクセス申請等の質問も同様に許可すると、白い画面にSERVICIO DE EMERGENCIAと書かれた赤い丸のボタンが中央に表示されます。

 

緊急時にアプリを起動して、この赤いボタンを押すと112番に正確な所在地を送ることができます。また、山など歩き始める前にアプリを起動しておくと、自分が歩いたルートも記録されます。

 

どちらもスペイン全土で使えるが、全ての自治州で同じように機能するわけではありません。アプリのサービスと各自治州の112番が統合されているところでは、直接連絡が飛びようになっているのでより素早く連絡が行くようです。

 

アプリと連携できている自治州の112番センター情報を参考までに挙げておきます。

  • My112: Madrid, Castilla y León, Islas Baleares, Cataluña, Cantabria, Melilla
  • Alpify: Andorra, Aragón, Cantabria, La Rioja, País Vasco, Extremadura, Galicia

 

まとめ

  • スペインでは、プライマリケアを担当する健康センター(Centro de Salud)と専門・緊急医療を担当する病院(Hospital)がある。
  • 医療センターが全て公共の機関に対し、病院は公立と私立がある。
  • 緊急時のダイヤル番号は112番。
  • 携帯電話からの通報は、具体的な位置と自分の症状を伝えるのが大事。
  • 携帯に無料のアプリケーションをインストールして、112番に自分の場所を伝える事もできる。

 

今回の記事の内容が必要なかったという状況が一番いいのですが、万が一の時のために旅行や留学、巡礼前にこちらの記事も合わせてお読みください。

スペインの治安は悪いの?マドリードやバルセロナでの注意点や対策は?

スペイン旅行の注意点は?現地で役立つ持ち物や冬の服装は?

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

 

サンティアゴ・デ・コンポステーラ在住の40代2児のママ。3歳の娘と日々格闘中。スペインの観光や留学生活、サンティアゴ巡礼路に関する情報を発信します。スペイン旅行の悩みに記事内で回答します。問合せ
詳しいプロフィールはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

コメントを残す