スペインの青いワインGikの味やテイストは?色の出し方や美味しい飲み方や合う料理は?

2017年5月に日本初上陸したスペインの青ワインGik(ギク)ですが、

  • 「綺麗だけど、どんな味がするの?」
  • 「ワインの歴史や伝統を何だと思ってるんだ!」
  • 「着色料や甘味料を入れてるんじゃない?それってワインなの?」

 

とワインを見て人それぞれ感じたことがあると思います。私はとにかく「あの鮮やかな青は何から出しているのか?」気になりました。

 

スペインで青ワインGikが生まれたエピソード、鮮やかな青色の出し方、青ワインの美味しい飲み方やワインに合う料理についてまとめましたので是非ご覧ください。

スポンサーリンク

出典: http://e02-elmundo.uecdn.es

 

スペインの青ワインGik Blue(ギク・ブルー、以下Gikと表記)は、グラフィック・デザイナー、DJ、マーケティングや経営の専門家、情報学のエンジニアといった全員20代のグループが始めた企業プロジェクトです。

 

スペインの全国紙「エル・ムンド」が2016年2月に行ったインタビューの中で、メンバーは青ワインを作ろうと思った理由についてこう答えています。

ワインと全く関係ない僕らだから作ろうと思ったのです。実際、ワインも好きではありません。

ワインはキリストの血とも表現される伝統的な飲み物ですが、ワイン産業では何年も前から革新的な変化がないことに注目しました。

古くからの伝統が強く変革が必要だと思われる産業をいじくってみたいと思ったんです。

情報元: El Mundo

 

そして、経営やマーケティング出身の彼らだから言えるこんな想いがありました。

 

ブルー・オーシャン戦略いう本は、競争の激しい海(市場)はサメが食べた魚の血で赤い色になり、魚を食い尽くしたサメはお互いを攻撃するが、誰も競争していないブルーオーシャンでは全てが可能なのだと言っています。赤い海である伝統産業を青い海へ変えたい、同時にそれはあたかも詞のような表現だと思ったのです。」

 

 

伝統産業をいじくってみたかったと言う20代の若者が発明した青ワインですので、ふざけてるのではと思う方もいるでしょう。

 

インタビュー記事から商品発明にそれなりのストーリーがあることを知りました。私個人の意見ですが、とてもいいなと思いました。

 

Gikってどんな意味?

出典: https://gik.blue

 

名前のGikってスペイン語なの?どんな意味なの?と気になった人がいると思いますが、特に意味はないそうです。

 

どうやって青い色を出したの?

Sponsored Link

Gikはスペイン各地で生産されるブドウを100%使っており、異なる品種のブドウを混ぜています。

 

しかし、彼らにはワイン醸造の知識も経験もありません。

 

スペイン・バスク大学の科学者と共同して作った青ワインで一番苦労したのはどんな点だったかというと、やはりあの鮮やかな青のトーンを出すことだったそうです。

 

ナスや紫芋と同様に、ブドウの皮に含まれる青色の色素であるアントシアニンをベースとなるワインに付けて青色にし、インジゴ・カルミンという着色料を使用してさらに青のトーンを強くしています。

 

青ワインの気になる味は?

従来のワイン産業のやり方とは違うものを作りたかった彼らです。

 

色はもちろん、味もワインの味がしないワインを作りたかったそうです。

 

「ワインという飲み物は、繊細かつ複雑な味を理解する味覚が必要と難しくてちょっと敷居の高いイメージがあります。僕らはそんなイメージも壊したかった。

若い世代は、カクテルのように最初の一口からわかりやすくて飲みやすいものを好むという理由から甘くてフレッシュでアルコール度数も軽めのワインにしました。」

 

甘くするために砂糖は添加していません。砂糖を入れても発酵してアルコール度数が上がってしまいます。青ワインに使用されているのはカロリーゼロの甘味料です。

 

「やっぱりワインじゃない!着色料や甘味料まででてきて体に悪いだろう」と思いますか?

 

この青ワインは、欧州食品安全機関(European Food Safety Authority)のチェックを通っている製品です。

 

ここまで読んで、青ワインに関心が強くなったか、もう絶対ダメっと思ったかで極端に別れるかもしれません。(笑)

 

青ワインGik Blueの美味しい飲み方とは?

出典: https://giklive.es

 

飲み方は全くの自由です。ジンと混ぜたり、氷を入れて飲んだり、暖めた青ワインにシナモンを入れて飲んだりと世界中で様々な飲み方をされています。

 

Gikに合う料理は?

出典: https://giklive.es

肉料理には赤ワイン、魚料理には白・・と一般的に言われますが、自分が美味しいのではと思うものと飲めばいいのです。これまでのワインとは異なる新しいコンセプトのワインですので、細かいことは気にせずに楽しみましょう。

 

お寿司やアボガドのディップ、カルボナーラといったパスタ料理でも・・・要はなんでもいいのです。^^

 

青ワインはワインじゃない?

青ワインGik Blueを開発した彼らにどういう事態が起こっているのかについてお話したいと思います。(情報元のニュース

 

ワインが好きでない若者が世界で評判となる青ワインを作ったので、スペインではワインの名を汚されたと思った人もいたようです。酷評だけにとどまらず、彼らを匿名で訴えた人がいます。

 

2016年8月、訴えをうけて検査員が彼らの会社を調査し、正確な金額はわかりませんがかなりの罰金を科したそうです。

 

裁判で、現在の法律で定めるワインのカテゴリー(17)のいずれにも青ワインが当てはまらないという理由でGikはワインとは考えられないという判決が下されました。

 

これら17のカテゴリーに入らない製品はワインとして商品化できないので、Gikは『99%ワイン、1%モスト(ブドウジュース)』と表示しなければなりません。

 

さいごに

ワイン離れしている若い世代をワインに近づけるきっかけにもなるかもしれないGikは、ワイン業界にとってネガティブな影響を与えたのでしょうか?

 

特に若者の失業率が高いスペインで他の若者にも励みとなる彼らの活躍を踏みにじろうとする人がいることの方が私にとっては残念です。

 

常に変化しつづける社会のスピードに法律が追い付ていないケースは他にもあります。不運な結果だと思いますが、伝統産業をぶっ壊すという勢いで始めた彼らですからこの判決に黙っていません。

 

現在、Change.comを通して「フリー・オブ・カラー」というキャンペーンを展開しています。青ワインとして販売できるよう署名を募っています。Twitterでも#FreeofColorでチェックできます。

 

私は早速このキャンペーンの署名をしました。そして、近いうちに青ワインを試す予定です!

スポンサーリンク

もっとスペインの情報を知りたい方は、今すぐ『いいね』!

コメントを残す