旅行前のよくある質問

2月のスペイン旅行で服装は?冬に行きたい暖かい場所は?

更新日:

この記事では、2月のスペイン旅行で気になる気温や天気、現地での服装についてのアドバイスをします。

 

旅行時に誰しも気になる情報ですが、年によって例年よりも寒いとか直前にならないとわからない情報でもあります。

 

過去のデータから一般的に2月は・・という説明になることを事前にご了承ください。

 

また、冬のスペインでもできるだけ天気が良くて暖かい場所へ行きたいなという方のために、2月でも比較的暖かい場所と各地の観光情報も合わせて紹介しますので参考にして下さい。

スペインの2月の気温は?

1月と12月に続いて、スペインで3番目に寒い月が2月です。

 

1981~2010年のデータにから、スペイン2月の平均気温は8.6℃、平均降水量は53㎜です。

 

2017年は10.2℃と例年よりも全体的に温暖で、雨が多かった(降水量72㎜)のですが、2018年は例年よりも寒く4月上旬まで気温がなかなか上がりませんでした。

 

ガリシア、カンタブリア海沿岸、半島の南部で雨がよく降るのに対し、降雨量が少ない地方は、カナリア諸島、アラゴン州、カタルーニャ州の内陸部です。

 

2月のスペインで服装はどうする?

冬のスペイン旅行女性

 

ヨーロッパ北部の首都と比べれば、マドリードはまだ寒くない方ですが・・・

 

日中の気温で9℃、夜は5℃いやそれ以下に気温が下がります。

 

冬の街を歩く時はコートをはじめ、手袋や帽子、マフラーなど防寒対策を十分にとってください。

 

また、足元が冷えないように暖かくて歩きやすい靴を持って行くことも大事でしょう。

 

ブルゴス、テルエル、ビトリア、サラマンカといった都市ではこれまでにマイナス20℃を記録したことがあります。

 

一般的に北スペインや中でも寒いことで有名な都市を訪れる方もやはり防寒対策はきっちりとしましょう。

 

スペインで観光といえば、やはりバルセロナを訪れる人が多いと思います。

 

マドリードと比べると日中は10℃以上になりマドリードほど寒さが厳しくないようです。

 

スペインで冬でも比較的暖かい場所は?

カディス

年間の平均気温が18℃で、2月は14℃。

 

カディスは1年のうち330日が晴れと、サンティアゴでは考えられないくらい天気のよい都市です。

 

太陽の光と海の青と市内の建物の雰囲気など街全体がとても素敵です。

 

カディスは市だけでなく県内に魅力的な白い村やビーチがあり観光におすすめです。

 

2~3月に開催されるカディスのカーニバルについては、『スペインで冬の観光のおすすめはカーニバル?仮装衣装や特徴は?』の記事をお読み下さい。

 

カナリア諸島

出典: https://www.red2000.com

 

アフリカ北西部に位置する7つ島の名前は下記のとおりです。(上記画像の左から右へ順に)

  • ラ・パルマ島
  • ラ・ゴメラ島
  • エル・イエロ島
  • テネリフェ島
  • グラン・カナリア島
  • フエルテベントゥーラ島
  • ランサローテ島

これらの島の中でもアフリカに近い島が冬の間最も暖かくなります。

 

カナリア諸島州の州都を務めるラス・パルマス・デ・グラン・カナリアやサンタ・クルス・デ・テネリフェは、平均気温が19~20℃になります。

 

サンタ・クルス・デ・テネリフェのカーニバルについても紹介しています。

さらに詳しく

 

パルマ・デ・マジョルカ

年間の平均気温は16~18℃で、雨が降るのは秋。8月以外の月は、湿度のせいで実際の気温よりも暖かく感じるようです。

 

ウエルバ

アンダルシアのウエルバ県は地中海性気候区分に属するも大西洋の影響をうけて夏にそれほど暑くならず、冬も穏やかな気候です。

 

年間の平均気温は18~20度です。

 

セビリアやグラナダほどの知名度はありませんが、食べ物も美味しく見所も多い場所です。

さらに詳しく

マラガ

年間の平均気温が約18℃で、1年のほとんどが晴れの天気で降水量も少ない都市。

 

ヨーロッパ内で生活の質が高い都市のひとつと言われています。

 

11月に旅行で行きましたが、日中は半袖で歩いても全く問題ありませんでした。

 

文化オファーも豊富で旅行や生活の場としてもおすすめの都市マラガの観光情報をまとめた『マラガのおすすめ観光ルート地図と所要時間は?市内最新のスポットは?』の記事をお読み下さい。

 

ビーゴ

ビーゴは、ガリシア州ポンテべドラ県にある都市です。

 

雨が多いガリシアで?と思うかもしれませんが、ビーゴは「マイクロクライメイト(微気候)」によりガリシア州内で例外的な気候の特徴があります。

 

サンティアゴ・デ・コンポステーラやコルーニャなど比べると、気温差が2~3度、場合によってはもっと開く時があります。

 

サンティアゴで1日グレーな空で雨が降った日に仕事でビーゴへ行った夫が『向こうは太陽が出ていていい天気だった。』ということもありました。

 

北スペインにありながら、晴れの日が多い都市のひとつであり、1年の平均気温は14.9℃です。

 

まとめ

  • 1月・12月に続いてスペインで3番目に寒い月が2月。
  • 過去のデータからスペイン2月の平均気温は8.6℃、平均降水量は53㎜。
  • 2018年2月の前半は例年よりも寒い予報。
  • マドリードなど冬の街を歩く時はコート、帽子、マフラー、手袋など暖かい恰好をする。
  • 足元を冷やさないように暖かい靴を持っているとよい。
  • スペインのカナリア諸島やアンダルシアの街では1年を通して天気が良く冬の気温もマイルドな場所がある。
  • ガリシアのビーゴはマイクロクライメイトによって北にあっても天気が良く、寒さが厳しくないところもある。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

おすすめ記事と広告

-旅行前のよくある質問
-, ,

Copyright© スペインの観光や留学生活情報を発信する〜オトラスペイン〜 , 2019 All Rights Reserved.