ユーロビジョンとは?2018年決勝はいつ?日本でも見れる?

live-concert

この記事では、ヨーロッパの音楽コンテスト「ユーロビジョン」について紹介します。

 

日本での知名度は低いと思いますので、「初めてその存在を知った」、「聞いたことあるけど具体的にコンテストの仕組みがわからない」という人が多いと思います。

 

この記事を読めば、ユーロビジョンの仕組みがわかり、少しの予備知識でコンテストをより楽しむことができます。

 

最後に日本から視聴できる方法も紹介しますので、興味のある方は是非♪

スポンサーリンク

ユーロヴィジョンとは?

ユーロビジョン・ソング・コンテスト(英語:Eurovision Song Contest、フランス語:Concours Eurovision de la Chanson)は、欧州放送連合(EBU)加盟放送局によって開催される、毎年恒例の音楽コンテストである。

引用: Wikipedia

EBUに加盟する放送局の大部分が国営です。

 

スペインでは、テレビシオン・エスパニョーラ(略して、TVE)がコンテストを放送します。

 

EBUの加盟国はユーロビジョンに参加の資格がありますが、2016年にEBUの加盟料を払わなかったルーマニアがコンテストの参加を拒否されたこともありました。

 

今年2018年のコンテストには、43か国が参加します。

 

2018年の開催地や日程は?

出典: https://createurs-editeurs.sacem.fr

2018年の開催地はポルトガルのリスボンです。

 

日程は5月8、10、12日の3日間で、決勝は最終日の5月12日です。

開催地の決め方は?

ユーロビジョンの開催地は毎年異なりますが、前年のコンテストで優勝した国が翌年の開催地となります。

 

2017年の優勝者はポルトガル代表の男性アーティスト、サルヴァドール・ソブラル。

コンテストの流れは?

スポンサーリンク

コンテストは2回の準決勝で勝ち残った国が決勝に進み、最後に優勝国を決めます。

 

毎年1月末に準決勝の抽選が、2月以降から各国の楽曲が発表されますが、コンテスト参加楽曲に下記のルールがあります。

 

  • 楽曲の言語は自由。
  • 歌の時間は3分以内。
  • 歌詞は商業的であったり政治的な内容は含まない

 

3月中旬から、各国の代表アーティストによるユーロビジョンのプロモーションツアーがヨーロッパの都市(マドリード、ロンドン、アムステルダム、テルアビヴ)が行われます。

 

決勝進出国の決め方は?

参加国内で選ばれた5名の審査員と一般の観客からの投票で決めます。

 

一般の観客はSMSやユーロビジョンの専用アプリケーションを使って投票できます。

 

自国への投票はできないので、決勝進出し最後に優勝するには他の参加国の投票をどれだけ集めれるかがポイントになります。

 

決勝で争うのは何か国?シード権がある国は?

開催国の他に、EBUの資金の大部分を負担するスペイン、フランス、イギリス、ドイツ、イタリアの5か国(BIG5)が、コンテストの決勝へ直接参加できます。

 

準決勝で20か国が決勝に進み、上記の6か国と合わせて26か国が決勝を争います。

 

2016年から始まった新しい投票システムは?

Eurovision投票出典: https://estaticos.elperiodico.com

 

審査員と観客による投票で優勝者を決めると先ほど説明しましたが、2016年から投票結果の発表方法が変わりました。

 

2015年までは、審査員と観客の点数の平均から各国へのポイント(1~12ポイント)を発表していましたが、最後の国の投票結果を聞くまでに優勝者が分かってしまうことがありました。

 

2016年からの新システムでは、審査員の投票結果と観客の投票結果を別々に読み上げるため、コンテストの最後の最後まで優勝者がわからなく(=参加者や観客の緊張を保つ)なりました。

 

2018年のスペイン代表のアーティストと楽曲は?

2018年のスペイン代表は、「オペラシオン・トゥリウンフォ」という番組で選ばれたAmaiaとAlfredで、

 

楽曲は「Tu canción(君の歌)」といいます。

 

 

ユーロビジョンで勝つために英語の楽曲を選ぶ傾向がありましたが、今年の楽曲はスペイン語です。

 

2018年ユーロビジョンの参加国とアーティストは、公式サイトで確認できます。

 

日本からユーロビジョンを見る方法は?

ユーロビジョンのYoutube公式サイトがあり、そこで当日にコンサートの様子を見ることができます。

 

スペイン語の実況付きで見たいなら、RTVEのユーロビジョン2018のサイトをどうぞ。

 

決勝(12日)の放送開始はスペイン時間の22時です。(日本から見るのはちょっと大変な時間ですね。)

 

まとめ

  • ユーロビジョンは、欧州放送連合(EBU)加盟放送局により毎年5月に開催される音楽コンテスト。
  • 2018年の参加国は43か国。
  • 2回の準決勝と決勝で最後に優勝国を決める。
  • 決勝に進むのは全部で26か国。
  • 優勝国は翌年のコンテストの開催地となる。
  • 各国で代表アーティストと楽曲(言語は自由で3分以内)を決める。
  • 各国の審査員と観客による投票によって優勝国がきまる。
  • 2016年から投票システムが変わった。

最後の投票では、かならず隣の国へ投票するパターンがあったり、本当に歌を聞いて投票しているのかなと感じることもありますが、こんな音楽コンテストもあるんだと感じて頂ければと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

サンティアゴ・デ・コンポステーラ在住の40代2児のママ。3歳の娘と日々格闘中。スペインの観光や留学生活、サンティアゴ巡礼路に関する情報を発信します。スペイン旅行の悩みに記事内で回答します。問合せ
詳しいプロフィールはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

コメントを残す